世界で有名なUMA未確認生物TOP10

不思議な話
この記事は約3分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

目撃例や噂による情報はあっても、その実在がハッキリと確認されていない生物を未確認生物(UMA)といいます。

この記事では、世界中で人気の未確認生物UMAを独断と偏見と検索結果をもとにランキング形式でお送りします。

世界で有名な未確認生物TOP10

①ドラゴン

いにしえの時代から神話や創作物に登場する「ドラゴン」は、現代においても未確認生物として存在し続け、私たちの興味を掻き立てます。

2013年にはイギリス上空でドラゴンとおぼしき生物が目撃され、ロシアでも大昔からドラゴン伝説が語り継がれてきました。

【未確認生物UMAシリーズ①】イギリスとロシアのドラゴン伝説

②南極のニンゲン

南極と北極には、私たち人間にソックリなUMA「ニンゲン」や「ヒトガタ」が目撃されることがあると言います。

南極には今だに多くの謎が隠されていると言いますが、この未確認生物「ニンゲン」もその1つなのです。

【未確認生物UMAシリーズ②】南極のニンゲンと北極のヒトガタ

③ネッシー

 

世界で一番有名なUMAと言えば、すぐに頭に浮かぶのは「ネス湖のネッシー」ではないでしょうか。

【未確認生物UMAシリーズ③】ネス湖の怪獣ネッシー

④イエティ

 

 

イエティは、ヒマラヤ山脈に生息すると言われる未確認生物UMA。

雪男とも呼ばれ、全身が毛で覆われ直立歩行するとされます。

【未確認生物UMAシリーズ④】イエティ雪山の怪物

⑤河童

 

  • 寿司ネタ
  • 日本の妖怪
  • 伝説上の動物
  • 未確認生物

河童は、さまざまな顔を持つ未確認生物UMAです。

かくいう私も、回転寿司を食べに行った時は、締めの一皿は「かっぱ巻き」と決めています。

【未確認生物UMAシリーズ⑤】河童(カッパ)の正体

⑥チュパカブラ

 

主に、南米を拠点に活動するUMA「チュパカブラ」。

その正体は、宇宙人か研究室を抜け出した生物兵器なのか謎です。

【未確認生物UMAシリーズ⑥】南米の吸血生物チュパカブラの正体

⑦ツチノコ

 

正体はヘビなのか何なのか、日本で有名なUMA。

ツチノコは、夢とロマンを提供するだけでなく、生け捕りにすれば賞金がもらえるということでミステリーハンターたちも心躍ったことでしょう。

【未確認生物UMAシリーズ⑦】伝説の生物「ツチノコ」の正体

⑧モスマン

 

謎の飛行生物「モスマン」。

この蛾人間は、時速160キロでも振り切れない恐怖のスピードスター。

モスマンが最後に目撃された、「あの日」、「あの時」、「あの場所」で橋の崩落事故が起こり犠牲者が出ました。

その事故に果たしてモスマンが関与しているのかは未だに不明。

【未確認生物UMAシリーズ⑧】蛾人間モスマンの正体

⑨ビッグフット

 

ビックフットは、アメリカ合衆国でたまに目撃される大型類人猿の生き残りとされるUMAです。

このビッグフットは都市伝説などではなく、実在の生物だと考えている研究者も存在します。

【未確認生物UMAシリーズ⑨】ビッグフットは存在するのか?

⑩オゴポゴ

オゴポゴは、カナダの「ネッシー」と噂されるUMAであり、「オカナガン湖」に住む謎の水棲生物です。

具体的な目撃情報も多く、実在の可能性が高いとされています。

【未確認生物UMAシリーズ⑩】謎の水棲生物オゴポゴとは?

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳