【未確認生物UMAシリーズ②】南極のニンゲンと北極のヒトガタ

不思議な話
この記事は約1分で読めます。

未確認生物UMAシリーズ第2弾「南極のニンゲン」。

南極には多くの謎が隠されていると言います。

そして、その謎の中には、未確認生物UMAの存在も含まれるでしょう。

「南極のニンゲン」はその名のとおり、人に似ているが非なる生物。

この記事では「南極のニンゲン」について簡単にまとめました。

南極のニンゲン

南極のニンゲンは、2002年5月、巨大ネット掲示板2ちゃんねるのオカルト板で話題になった海中に住む未確認生物の都市伝説。

南極に出現するモノをカタカナで「ニンゲン」、北極に出現するモノを「ヒトガタ」と呼ぶ。

  • ニンゲン・・・南極に出現
  • ヒトガタ・・・北極に出現

日本の調査捕鯨船の乗組員が、最初に目撃したと言われているほか、「Google Earth」にも写りこんでいた形跡があったという。

ニンゲンの特徴

Ningen

ニンゲンは、全身が真っ白で全長が数十メートルの生命体であり、以下の3タイプの身体的特徴を供えているモノがあると言われる。

  1. 人間と同じように両手両足があるもの
  2. 5本指の両手と足がヒレになっているもの
  3. 人間の上半身が連結したようになっているもの
コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳