ブラックナイト衛星とは何なのか?正体についての考察

不思議な話
この記事は約3分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

この世界には、地上だけでなく、空の彼方にもソッチ系のスイッチを刺激してくれる不思議なモノや現象があったりします。

そして、

  • 存在する目的
  • 所有者

などが不明なモノとして謎を呼んでいる「ブラックナイト衛星」という物体が地球の上空を飛行しています。

この記事では、不思議な物体「ブラックナイト衛星」についてとその正体は何なのかについて、考察してみたいと思います。

今回も妄想が暴走します。

スポンサーリンク

ブラックナイト衛星とは?

Black Knight Satellite

ブラックナイト衛星は、地球の赤道上空を飛行している謎の物体です。

また、1万3千年前から存在していて、地球外生命体と関連があるのではと言われています。

ブラックナイト衛星は1960年にアメリカに発見された

1960年2月、アメリカ海軍は赤道から79度傾いた軌道を公転周期104.5分で周回している黒く回転する不思議な物体を発見しました。

ブラックナイト衛星の所有国はない

この謎の物体は特異な軌道を維持していたため世界中に確認を取りましたが、どの国も所有を表明しませんでした。

つまり、この不思議な物体は、どこの国のモノでもないのです。

ブラックナイト(黒騎士)の由来と意味

ちなみに、ブラックナイトの由来は、その名のとおり黒騎士で「所属不明」という意味になります。

中世に存在した騎士たちは装備である鎧や盾などに自分が所属している騎士団名を記載していたそうです。
また、騎士たちは騎士団を辞める時、その記載を黒く塗りつぶしたとされます。

つまり、どこにも属していない(所属不明)人やモノを称してブラックナイトや黒騎士と言ったりします。

ブラックナイト衛星は異常な電波を発していた

ブラックナイト衛星は1920年から10年程は電波を出していたことも確認されています。

1973年スコットランドの天文学者ダンカン・ルナンは1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析しました。

その信号は、1万3千年前から月の近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであると推定されました。

これがブラックナイト衛星から送信されたものではないかと言われています。

1万3千年前の日本はというと、縄文時代になります。

この超ハイテク兵器感満載の「ブラックナイト衛星」が縄文時代から存在したとすると、それだけでも胸熱な展開ではあります。

ブラックナイト衛星調査委員会を設立

その後「ブラックナイト調査委員会」が設立され回収を実行しようとしましたが、全く進展がなく未だに何も発表されていないのです。

ブラックナイト衛星の異常性とは

ブラックナイト衛星が普通のものではないと言われている理由は、地球の自転方向とは真逆の方向に飛行していることです。

というのも、通常の人工衛星というものは、地球の自転方向に沿って飛行しますが、このブラックナイト衛星については反自転方向に飛んでいるのです。

その部分だけを見てもこの衛星が普通でなく、不可思議なモノであると言えます。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コウの雑記帳

コメント