ブラックナイト衛星とは何なのか?正体についての考察

不思議な話
この記事は約12分で読めます。

この世界には、地上だけでなく、空の彼方にもソッチ系のスイッチを刺激してくれる不思議なモノがあったりします。

そして、

  • 存在する目的
  • 所有者

などが不明なモノとして「ブラックナイト衛星」という物体が地球の上空を飛行しています。

この記事では、不思議な物体「ブラックナイト衛星」についてとその正体は何なのかについて、考察してみたいと思います。

今回も妄想が暴走します。

ブラックナイト衛星とは?

Black Knight Satellite

ブラックナイト衛星は、地球の赤道上空を飛行している謎の物体です。

また、1万3千年前から存在していて、地球外生命体と関連があるのではと言われています。

ブラックナイト衛星は1960年にアメリカが発見

1960年2月、アメリカ海軍は赤道から79度傾いた軌道を公転周期104.5分で周回している黒い不思議な物体を発見しました。

ブラックナイト衛星の所有国はない

この謎の物体は特異な軌道を維持していたので世界中に確認を取ったそうですが、どの国も所有を表明しませんでした。

つまり、この不思議な物体ブラックナイトはどこの国のモノでもないのです。

ブラックナイト(黒騎士)の由来と意味

ちなみに、ブラックナイトの由来は、その名のとおり黒騎士「所属不明」という意味になります。

中世の騎士たちは装備である鎧や盾などに自分が所属している騎士団名を記載していたそうです。

また、騎士たちは騎士団を辞める時、その記載を黒く塗りつぶしたとされます。

つまり、どこにも属していない(所属不明)人やモノを称してブラックナイトや黒騎士と言ったりします。

所属不明機=ブラックナイト(黒騎士)

ブラックナイト衛星は異常な電波を発していた

ブラックナイト衛星は1920年から10年程は電波を出していたことも確認されています。

1973年スコットランドの天文学者ダンカン・ルナンは1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析しました。

その信号は、1万3千年前から月の近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであると推定されました。

これがブラックナイト衛星から送信されたものではないかと言われています。

1万3千年前の日本は、まだ縄文時代でした。

この超ハイテク兵器感満載の「ブラックナイト衛星」が縄文時代から存在したとすれば、それだけでも胸熱な展開なのです。

ブラックナイト衛星調査委員会を設立

その後「ブラックナイト調査委員会」が設立され回収を実行しようとしましたが、全く進展がなく未だに何も発表されていないのです。

ブラックナイト衛星の異常性とは

ブラックナイト衛星が普通のものではないと言われている理由は、「地球の自転方向とは真逆の方向に飛行している」ことです。

というのも、普通の人工衛星は地球の自転方向に沿って飛行しますが、このブラックナイト衛星は反自転方向に飛んでいるのです。

この部分だけを見てもブラックナイト衛星が普通じゃない、不可思議なモノであると言えます。

ブラックナイト衛星の正体とは?

この不思議な物体ブラックナイト衛星の正体についてはさまざまな説があります。

ブラックナイトは偵察衛星から落下した部品説

以前、ブラックナイト衛星はコロナ偵察衛星ディスカバリー8号から落下した部品ではないかとも言われていました。

しかし、ディスカバリー8号は1960年5月に大気圏に再突入して燃え尽きていますし、周辺の破片も同じタイミングで大気圏内に落ちて、すべてが燃え尽きているのでこの説は否定されています。

国際宇宙ステーションの船体から外れた熱ブランケット説

ブラックナイト衛星は国際宇宙ステーションの船体から外れた熱ブランケットではないかという説もあります。

というのも、1998年におこなわれた国際宇宙ステーション計画のSTS-88ミッションでもブラックナイト衛星らしき物体が撮影されました。

しかし、これは船外活動の間に船体がら外れてしまった熱ブランケットである可能性が高く、その後軌道を外れて落下し約1週間後に燃え尽きたといいます。

つまり、それ以降に目撃されたものはこの熱ブランケットではないと考えられているのです。

ブラックナイトは自分の意思で移動する監視衛星という説

「衛星であるはずのブラックナイトは自らの意思で移動することが可能なのだ」とある研究者は言ったそうです。

これが本当だとしたらブラックナイト衛星は地球外生命体の作った地球人類を監視するための衛星かもしれません。

ブラックナイト衛星の正体に関する考察

いつもどおり、僕の勝手な想像で展開していく考察です。

超古代文明が作ったオーパーツである可能性

ブラックナイト衛星はアトランティス帝国などの超古代文明の作った人工知能(AI)を搭載した遺物(オーパーツ)なのではという考えが浮かびました。

超古代技術で作られた自動自律機械だとすれば、現代の科学をもってしてもブラックナイト衛星を回収するにはもうしばらく時間がかかるのではと思います。

というのも、「現代科学でも回避不可能な妨害電波などが発せられ、接近した機体の動力源や制御システムなどが無効化される」などのブラックナイト衛星に近づこうとすれば、何らかのトラップが発動し容易に近づけないのではと思われます。

調査委員会が作られても未だに調査が進展しないのはそのためかも知れません。

ブラックナイト衛星の所有国はアメリカ?

「ブラックナイト調査員会」が作られましたが、いまだに調査の進展がないと言われています。

しかし、これ自体が嘘の可能性があります。

すでに、秘密裡(ひみつり)にブラックナイト衛星の調査も解析も完了していて、アメリカの管理下にあると仮定しても様々な可能性が考えられます。

  • ブラックナイト衛星をアメリカ独自の調査により手に入れた
  • 本来の所有者である地底人または超古代文明の生き残りから譲り受けたモノ
  • 超古代人の知恵を借りて開発した

ロシア火星探査機の墜落の原因はブラックナイト衛星の攻撃?

2011年にロシアが打ち上げた火星探査機フォボス・グルントはソフトウェアの欠陥により地球離脱軌道に乗る事なく2012年1月16日未明に南太平洋に墜落しました。

関係者によると、この墜落の原因はブラックナイトによる「妨害電波」だと暴露したのです。

これは、人類が火星を調べるのを妨害したのではという考え方もできます。

他の陰謀論または都市伝説とリンクしてくるのですが、現在のブラックナイトの所有国をアメリカだと仮定します。

すでにアメリカは火星に人員を送り込んでおり、移住できる環境づくりをおこなっているという陰謀論もあります。

この話が真実だとすると、アメリカはロシアに火星を探索されては困るので、とうぜんロシアが火星に探査機を飛ばすのを邪魔するはずです。

ブラックナイト衛星がレーザービーム兵器の可能性

「1つの国家が超古代のオーバーテクノロジーを独占している」というのは反則かなと思います。

余談ですが、アメリカが所有しているという噂のレーザービーム兵器。

このブラックナイト衛星にもビーム兵器が搭載されているのではと勘ぐったりしています。

これがビーム兵器なら、今戦争が起こったとしても、上空から世界中のどこでも好き勝手に狙い撃ちすることができます。

しかも、表向きにはこの衛星の所有国は無いことになっているので、好き勝手やっても、犯人が分からないということになります。

そう考えると、ある意味、核兵器よりも怖い気がしますね。(やっている国の推測はできるが証拠がない)

ブラックナイト衛星は地球平面説(フラットアース)由来である可能性

このブラックナイト衛星も地球平面説とリンクさせて考察してみたいと思います。

「宇宙は無い」という考え方

地球平面説(フラットアース)には、宇宙が存在しないという考え方があります。

宇宙空間が存在しないということは、「太陽」も「月」も「星」も存在しないということになります。

そうすると、「実際に私達が空を見上げて見ている太陽や月や星空とはいったい何なのか?」という疑問が沸いてきます。

地球平面説では以下のような説もあり。

  • 太陽や月と同じ役割りをする物体が24時間かけて地球上空を周回している
  • 太陽や月や星のホログラム映像が時間に合わせて写し出されている

また、星空については地球の最上部にはスクリーンやドームのようなフタ状のものがあり、そこに映し出されているという説明がされています。

ブラックナイト衛星は超古代文明が作った人工天体システム

僕個人的には地球平面説と「ブラックナイト衛星」をリンクさせて考えてみるとしっくりきます。

そして、ブラックナイト衛星は以下の機能を持つ超古代文明が作った「人工天体システム」だと考えています。

  • 「星空を映し出すプラネタリウム」
  • 「人工の太陽と月を制御するシステム」

現代における地球平面説(フラットアース)では宇宙空間は存在しないと定義していますが、古代の地球にはちゃんと宇宙空間が存在していた。

というか、宇宙は今も本当は存在しているが、とある理由により地球の最上部にフタがされていて宇宙空間に出れなくなっている。

その理由については端折りますが、とにかく地球と宇宙を隔離しなければならない「のっぴきならない理由」があり、地球の最上部にフタをつけた。

しかし、「太陽」と「月」、「星」は必要だったので超古代文明はそれらを人工で作り、上空に設置しました。

この衛星の現在の所有者(所有国)が誰なのかは分かりませんが、ブラックナイト衛星は「超古代文明が作った人工天体システムの名残り(なごり)」なのではという考え方が自分的にはしっくり来るのでこの説をゴリ押したいと思います。

地球平面説(フラットアース)は常識?非常識?

地球平面説を信じる人が増えた理由はYouTube?常識と非常識という名の宗教
...

関連商品はこちらです

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳