【プロジェクト・ブルービーム】ホログラムを利用した人類奴隷化計画

不思議な話
Jeff JacobsによるPixabayからの画像
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

お疲れ様です!

コウです。

 

突然、空にイエスキリストや仏陀が現れ、あなただけに語りかけてきたら、どうしますか?

無神論者のあなたでも神を信じますか?

 

現在、世界各地で説明のつかない不思議なモノが空に現れる現象が起きています。

このような現象は、都市伝説・陰謀論界隈では「プロジェクト・ブルービーム(ブルービーム計画)」と呼ばれています。

そして、イルミナティなどの支配者層は、この「ブルービーム計画」を利用して全人類の奴隷化を進め、世界統一政府を実現するのではないかと言われています。

 

この記事では、

  • ブルービーム計画の映像
  • ブルービーム計画とは
  • ブルービーム計画は4段階で実施される

についてお伝えします。

スポンサーリンク

ブルービーム計画の映像とは

Project Blue Beam Show in Jerusalem

エルサレムの行われたブルービームのショー。

Facebook Donald J Potts PROJECT BLUE BEAM WHALE HOLOGRAM IN SCHOOL

リアルなクジラのホログラム。

REAL OR PROJECT BLUE BEAM??

上空に現れたキリストと思しき影。

Project blue beam

有名な消えるローマ教皇。

ブルービーム計画とは

ブルービーム計画は、1994年、カナダのサージ・モナストを含む2人のジャーナリストにより報告されました。

ブルービーム計画の報告後サージ・モナストは亡くなった

ちなみに、サージ・モナストともう1人のジャーナリストは、ブルービーム計画の報告後、謎の死を遂げています。

2人とも死因は心臓麻痺でした・・・。

ブルービーム計画に関わっている組織

ブルービーム計画には以下のような組織が関わっていると言われており、ホログラム技術を利用した新世界秩序(NWO)を実現するための計画と言われています。

  • 米軍
  • 国連
  • 米国防高等研究所(DARPA)
  • NASA
  • アラスカ大学

ブルービーム計画は4段階で実施される

ブルービーム計画は一気に実行されるのではなく、4つの段階を踏んで行われると言われています。

1段階 大地震を起こし、信仰心に揺さぶりをかける

気象兵器と噂されているHAARP(ハープ)を使って狙った場所にピンポイントで大地震を起こします。

次に地震にで破壊された場所から、新しい考古学的な発見を意図的に演出し、今までの宗教の矛盾を突きます。

これにより、

  • キリスト教などの既存の宗教の教えが間違いであると思い込ませる
  • 神は存在しないと全人類を絶望させる

といった人々の信仰心に揺さぶりをかけます。

これは、既存の宗教を捨てさせ、新しい宗教を植え付ける準備をするのが目的です。

2段階 ホログラムで神の奇跡を演出

人々の信仰心が揺らいでいるところで、ホログラムを使って世界各地の空にキリストや仏陀、ムハンマドといった聖人の映像を映し出します。

そして、現れた聖人たちは、

  • 現存する宗教が戦争の原因である
  • これまでの宗教の教えは誤りである
  • これから新たな神が現れる

と人びとの脳内に直接語りかけ、聖人たちが1つになる映像が映し出される演出がおこなわれます。

これにより、人々の宗教と信仰心を崩壊させます。

神の姿をした映像のようなモノが空に映し出され、語りかけてくるところは「ファティマの予言」にとてもよく似ていますね。

特定の人物にだけ声を聞かせる技術

狙った"点"にだけ音を発生させるスピーカーシステム

特定の人に音を聞かせる技術と言えば、すでに市販化されている指向性スピーカー(パラメトリックスピーカー)があります。

LRAD 長距離音響発生装置

また、数十年前から軍事や警備などで使用されている指向性のある音響兵器(LRAD)なるものが存在し、実戦に配備され使用されているといいます。

さらに進化した現代では特殊な電磁波を使い、テレパシーのように特定の人の脳内にメッセージを送る技術も開発されていると思われます。

ファティマの予言ついての記事はこちらです

【ファティマ第三の予言とは】闇に葬られたのは世界の終焉か?
ポルトガルの都市ファティマに聖母マリアが現れ、伝えたとされるのが「ファティマの予言」です。 伝えられた予言は3つあり、これまで第一と第二の予言は、すんなり公表されました。 しかし、第三の予言だけは、その内容があまりにもショッキン...

3段階 電磁波を使ったマインドコントロール

その後、人工衛星やHAARPP(ハープ)を使って人間の脳に直接語りかけることが日常化し、この頃には世界中の人びとに神の声が聞こえる事が普通になっています。

人びとは自分が信じる何かしらの神の声が聞こえたと錯覚します。

また、本人は自分の意思で行動していると信じているので疑問に思いません。

4段階 ホログラムで超常現象を演出

最終段階では宇宙人の侵略を世界中の人びとに信じ込ませます。

世界各地の空に、UFOや宇宙船のホログラムを映し出すことで、人びとの恐怖を煽り、宇宙人の攻撃に備えるように訴えかけます。

イルミナティが国連軍を使って宇宙人との戦闘風景を放送するといった茶番も行われるかもしれません。

人類みずからが世界統一政府の樹立を求める?

4つの段階で進められてきた「ブルービーム計画」で、恐怖心を煽られた民衆は自ら世界統一政府の樹立を求めるように誘導されます。

この時、タイミングよく出現したホログラムの神により、「地球外生命体の侵略から地球を守る」と告げられます。

民衆が、このホログラムの神に服従したところで、ニューワールドオーダーは完成し、イルミナティや支配者層の目的が達せられます。

そして、この新たに現れた神がイルミナティの作る新しい「世界統一宗教」なのです。

サージ・モナストが語った新世界秩序とは

ブルービーム計画が成功し世界統一政府が誕生した時、その先に待っているのはどんな世界でしょうか?

今は亡きサージ・モナストは新世界秩序に関して以下のように説明しています。

  1. キリスト教徒の子供たちは生贄か性的奴隷として扱われる
  2. 囚人は医療実験の被験体か臓器移植のためのストックとして扱われる
  3. 奴隷階級はキャンプの中で働くようになる
  4. 囚人のうち意向に従わない者は再教育センターに送られ、新世界秩序の素晴らしさを学びながら悔い改めさせられる
  5. 公的な処刑センターが作られる
  6. その他にまだ明らかになっていない分野がある

生贄と性的奴隷がキリスト教徒の子供に限定されているのは、イルミナティが悪魔崇拝者(アンチクライスト)だからでしょうか?

そして、囚人とされる者はキリスト教徒なのでしょうか?

サージ・モナストの説明は具体的で怖すぎますね。

まとめ

その後の世界は、マイクロチップを全人類に埋め込むことで、人々を直接コントロールし、昔の思想を信じる人たちは居なくなり、反抗勢力も消えていくそうです。

個人的には「宇宙人 対 神」という陳腐な設定に、はたして「人類が引っかかるのかどうか」がはなはだ疑問なのですが、それもイルミナティのお手並み拝見といったところでしょうか。

しかし、地球平面説論者の人たちは、宇宙が無いと信じているので、そもそもの「宇宙人による地球侵略」という設定が通用しないのではないかと思いました。

やはり、この結末は神のみぞ知るでしょうか?

地球平面説を信じる者はブルービーム計画にダマされないのか?

地球平面説を信じる人が増えた理由はYouTube?常識と非常識という名の宗教
お疲れ様です! 陰謀論や都市伝説のおかげで、すっかり世の中の常識をうがった目で見る癖がついたコウです。 また、大好きな不思議ネタを投下します。 世の中には、少数ですが常識を疑ってかかる人達がいます。 今、ちま...

関連商品はこちらです




コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳