世界の支配者層とは?イルミナティ13血族を牛耳る貴族たち

不思議な話
この記事は約14分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

上級国民や下級国民、そして影で暗躍する支配者層。

支配者層を説明する時、陰謀論的にはイルミナティやフリーメーソン、ロスチャイルド、ロックフェラーなどの様々な呼び名が登場します。

それが何なのかと問われれば、個人的にはそれらを一括りにして「国際金融資本家」「グローバルエリート」などと説明したりします。

ですが、国際金融資本家や支配者層って具体的にどんな人達のことなのか疑問ですよね?

今回はイマイチ実体が掴みづらい支配者層と呼ばれる次のような人たちをご紹介します。

  • イルミナティ13血族
  • 13血族よりも更に上に君臨する12貴族

イルミナティ13血族とは

イルミナティ闇の13血族は、陰謀論の代名詞とも言えるロスチャイルド家やロックフェラー家を含む大企業や財閥を営む13のファミリーで構成されます。

①ロックフェラー家

  • ジョン・D・ロックフェラー・・・スタンダードオイル社創業
  • ウィリアム・ロックフェラー・・・金融大手シティグループ創業

ロックフェラー一族は、アメリカにおいてスタンダード・オイル社を創業した「ジョン・D・ロックフェラー」と世界的に有名な金融大手シティ・グループの創業者の一人である弟の「ウィリアム・ロックフェラー」によって発展したアメリカの陰謀論の中心とも言える一族である。

もともと、ロスチャイルド財閥からの援助により巨大財閥へと成長した。

ジョンの孫である「デイビッド・ロックフェラー」はとくに有名だろう。

ロックフェラー一族は「アシュケナージ系ユダヤ人」で、隠れユダヤ教徒でシオニストだと言われている。

②ロスチャイルド一族

ロスチャイルドの家系図

出典:ウィキペディア

ロスチャイルドとは「Rothschild」と書き、「赤い盾」を意味する言葉。

もともと、ユダヤ系ドイツ人の一族で18世紀からヨーロッパ各地で銀行を設立し大財閥となった。

その基礎を築いたのが、「マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド」で以下が彼の有名な言葉。

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」

彼は古銭商と両替商からスタートしヘッセン選帝侯ヴィルヘルム一世との結びつきによって成功を収めた。

その後、5人の息子たちが、フランクフルト、ロンドン、パリ、ウィーン、ナポリの各支店を担当し助け合いながらロスチャイルド一族の絶対的な基盤を築いた。

ロスチャイルド家は資本家を経済支援

  • ロックフェラー(様々な産業)
  • デビアス(ダイアモンド)
  • JPモルガン(金融業)

ロスチャイルド家は上記のような名だたる企業や資本家の支援をしてきたことで知られる。

③ケネディ家

ケネディ米元大統領

ケネディ家はかの有名なジョン・F・ケネディ米元大統領のケネディ家。

彼らもイルミナティの一族とされており、犯罪によって財を成したとされる。

この一族に政治家が多いのも腑に落ちるような。

とはいっても、暗殺されたジョン・F・ケネディは悪者には思えないのですが、それ自体がひっかけなのでしょうかね。

疑い出したらキリがありませんな・・・。

④アスター家

John Wesley Jarvis - John Jacob Astor - Google Art Project

アスター家はドイツの一族。

英国の社会主義運動組織である「フェビアン協会」やヒトラーへの支援をしていたことで有名です。

ジョン・ジェイコブ・アスターはアスター家を代表する人物である。

⑤デュポン家

Hagley DuPont Wagon

デュポン家はフランスの一族で巨大化学企業「デュポン」のこと。

もともとはフランス革命で台頭し、火薬産業で成功した。

現在は化学分野の研究と商品化を主としている。

デュポン家は以下の秘密結社と関わりが深いとされている。

  • スカル&ボーンズ・・・アメリカのイェール大学の秘密結社でジョージ・ブッシュ元大統領が会員として有名
  • 薔薇十字団・・・中世から存在すると言われている秘密結社

⑥バンディ家

アメリカにいる一族。

薔薇十字団と関わりが深いとされているが詳しいことは不明。

⑦コリンズ家

コリンズ家は日本ではあまり知られていないが、黒魔術を使った世界支配を企んでいると言われ、黒魔術においては13血族の中でもトップの座にあるとされる。

⑧フリーマン家

フリーマン家も日本ではあまり馴染みがない一族。

  • シオン修道会
  • スカル&ボーンズ

小説『ダヴィンチ・コード』に登場したことで有名な秘密結社「シオン修道会」や「スカル&ボーンズ」の中心メンバーと言われている。

⑨オナシス家

Aristotle Onassis 1967cr

オナシス家は海運王として有名なギリシャの実業家アリストテレス・オナシスで有名な一族。

彼は、今は亡きジョン・F・ケネディ元米大統領の妻と再婚していて、暗殺にも関与しているのではないかという噂もある。

⑩ラッセル家

Charles Taze Russell sharp

ラッセル家は、日本でも知られている宗教団体「エホバの証人」との関わりがあるとして有名。

エホバの証人のルーツは、同家のチャールズ・テイズ・ラッセルによる「聖書研究会」である。

その後、「ウィリアム・ハンティントン・ラッセル」は秘密結社「スカル&ボーンズ」を創設している。

⑪ファン・ダイン家

ファン・ダイン家はオランダからニューヨークに移住した一族とされている。

13血族の中でも情報が少なく、全貌は明らかになっていない。

⑫ダビデ血流

ダビデ血流は、「イエス・キリスト」や「堕天使ルシファー」の血が流れていると自称する者たち。

詳細はハッキリしていないが、ハプスブルク家の系譜を受け継いでおり、「クリントン家」「ブッシュ家」などもこの流れをくむとされる。

⑬李家

これまでの一族と違い、李家(リケ)は中国系の一族であり、香港最大の企業集団と言われています。

この一族は古いイルミナティ一族とは考えにくい。

というのも、そもそも「シオニズム」の流れからは外れていて無関係に思える。

なので、イルミナティネットワークの中枢の担う一族というには微妙なのだ。

しかし、アジア裏社会での影響力は強く、下記のような権力者を輩出している。

  • 李嘉誠(りかせい)
  • 李鵬(りほう)
  • 李先念(りせんねん)
  • 李光耀(リクアンユー)
  • 李登輝(りとうき)

李一族が従える秘密結社が「三合会」であり、孫文毛沢東とも深い関係がある。

また、華僑の組織に対しても強い影響力を持っていることで知られる。

「ニューワールドオーダー」や「ワンワールド」命題としているイルミナティにとって共産主義を広めることは重要な意味があり、中国でこの一族が暗躍していることも決して偶然ではない。

イルミナティがホログラムを使って人類を奴隷化するブルービーム計画が進行中

【プロジェクト・ブルービーム】ホログラムを利用した人類奴隷化計画
...

13血族よりも更に上に君臨する12貴族たち

ロスチャイルドやロックフェラーも余裕でパシリにされ、アゴで使われてしまうというホンマもんの支配階級12貴族を紹介します。

この12貴族はハプスブルク家を代表とする中世貴族から派生した一族たちで、ロスチャイルド家に資金提供している貴族たちがほとんどです。

①シェルバーン家

Eingang UBS Paradeplatz

シェルバーン一族は、スイス・ユニオン銀行(現UBS)を経営しているスイス金融界を支配する存在。

  • ロックフェラー系銀行・・・リーマン・ブラザーズ
  • ロスチャイルド系銀行・・・ラザード

の両方の銀行に資金提供していたとされる。

ここからもわかる通り、スイスは世界を支配する国であり、だからこその「永世中立国」なのかもしれない。

また、スイスの銀行に世界中のお金持ちがお金を預けているのは有名な話だ。

バチカンのマネーロンダリングといった裏稼業を実際におこなっているのもスイスだと言われている。

このシェルバーン一族は、英国のシンクタンク「王立国際問題研究所」をつくり、そこから派生したのがCFR(外交問題評議会)三極委員会とも言われる。

②タクシス家

タクシス一族もハプスブルク家から派生した貴族で諜報機関の世界トップとされる。

彼らはスパイ活動で財をなし、郵便事業により情報を独占したことで力を強めた。

情報の独占やスパイ活動は戦争において大きな力を発揮する。

金そのものよりも「情報に価値がある」ことは国家戦略的にも理解できるだろう。

③アイゼンベルグ一族

攻撃的実行部隊のトップはイスラエルのアイゼンベルグ一族とカナダのブロンフマン一族である。

彼らは殺人などをおこなうマフィア組織と同レベルの力を有しており、ロスチャイルド一族に対しても強い支配力を持っている。

とくに、アイゼンベルグ社はイスラエルの軍事企業として君臨しており、諜報機関のモサドも彼らの支配下にある。

④サヴォイ一族

サヴォイ一族もハプスブルク家で強大な力を持っており、軍隊に傭兵を貸し付けるのが主な仕事であった。

歴史的にみても、ハプスブルク帝国の総指揮官としてトルコ軍を撃破した軍人はサヴォイである。

現代では麻薬やアルコールを使ったマインドコントロールで標的を廃人にし、テロ・暗殺を企てる闇の集団として存在するとされる。

例えば、ダイアナの暗殺を実行したのもマインドコントロールされたサヴォイの手下だったという説もある。

⑤デル・バンコ一族

ベネチアの金融街を過去800年に渡って支配してきたのは「デル・バンコ一族」である。

デル・バンコ一族はナチスを全面的に支持しており、資金援助するなどして人種差別を推進していたとされる。

さらに、この一族は他民族や有色人種との結婚を禁止し、ヨーロッパに展開されている親族間との結婚しか認めていない。

⑥ブロンフマン一族

カナダのブロンフマン一族は、アメリカで「禁酒法」が制定された時に酒の密造、密売で天文学的な財を築いた一族として有名。

ギャングやマフィアの重要な酒を調達するための供給源となった。

初代エチェル・ブロンフマンは、ルーマニアからカナダへ移住後、アメリカのユダヤ系ギャングと手を組み、酒や麻薬の密輸や密売で巨万の富を築いたとされる。

⑦エッシェンバッハ一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

⑧レーゲンベルク一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

⑨キーブルク一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

⑩フローブルク一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

⑪ラッパースヴィル一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

⑫トッゲンブルク一族

金融業、ロスチャイルド家に資金提供

世界支配の中心はスイスか?ベネチアか?

ロスチャイルド家の上にこれだけの貴族たちが君臨しているとされる。

そして、貴族の中でも国際金融で特に強大なのはスイスとイタリアのベネチア。

つまり、実質的な世界の支配者はスイスのシェルバーン一族かベネチアのデル・バンコ一族のどちらかなのか・・・。

世界最大の金融街はロンドン・シティのロンバート街

私達は世界の経済の中心はニューヨークのウォール街だと思わされている。

しかし、ホントの世界経済の中心はロンドン・シティにあるロンバート街であり、取引額はアメリカ・ウォール街の2倍になっている。

ロンバート街で最も大きな銀行がスタンダードチャーター銀行で、この銀行の本店はイタリアのロンバルディアにある。

ちなみに、人口削減計画で有名なアングロ・サクソンミッションの舞台はイギリスのロンドン・シティである。

グローバルエリートたちはベネチアに資産を置く

水の都ベネチアはイタリア内にある。

しかし、国の制約を受けない自治領でオフショアと呼ばれ、いわゆる無税地域になっている。

莫大な資産を持つグローバルエリートたちは、税金を払わなくても良いベネチアに資産を置き、取引にイタリア・ロンバルディアにある銀行を使う。

スイスの銀行を作ったのはベネチアの黒い貴族

世界中のお金が集まるスイスの銀行も、もともとベネチアの黒い貴族が移住してきて作ったものだと言われている。

ベネチアはベニスの商人(ユダヤの金貸し)などでも有名。

ウォール街(ニューヨーク)

ロンバート街(ロンドン・シティ)

ロンバルディア(イタリア)

ベネチア

と言った具合に世界の資産が最終的にはベネチアに集まるようになっているのだとすれば、世界の金融支配の中心はベネチアのデル・バンコ一族が握っているのかもしれない。

1年に1回、支配者層は集まり会議室で事件は作られる

【ビルダーバーグ会議の陰謀】事件は現場ではなく会議室で作られている
...

悪魔王国の建設と世界支配を目論む「300人委員会」とは?

【300人委員会】悪魔王国と世界支配を目論む者たち
...

まとめ

有名なロスチャイルド家やロックフェラー家は世界を支配する一族として陰謀論界隈では有名である。

しかし、それすら奴隷扱いしている者たちが存在し、その存在はどうやら古くからある貴族たちだという。

そして、支配者の真相はこの貴族すら奴隷として扱う者たちの存在へと続くのかも知れない。

関連商品はこちらです

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳