【未確認生物UMAシリーズ⑥】南米の吸血生物チュパカブラの正体

不思議な話
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

未確認生物UMAシリーズ第6弾「チュパカブラ」。

チュパカブラは、南米で目撃された未確認生物UMAです。

その特徴は、生物の血を吸うこと。

この記事では、恐怖の吸血生物「チュパカブラ」について簡単にまとめています。

スポンサーリンク

南米の吸血生物チュパカブラ

Chupacabras

チュパカブラ image:wikipedia

チュパカブラの名前の由来は、「ヤギの血を吸う者」を意味する、「チュパ(吸う)」と「カブラ(ヤギ)」という言葉が元になっています。

チュパカブラは、1995年頃から出現しだしたとされ、南米や中米、アメリカなどで目撃されています。

また、被害は家畜だけでなく、人間も襲われているといいます。

チュパカブラの特徴

チュパカブラの特徴は以下のとおりです。

ジャンプ力がスゴそうですね。

  • 身長は1メートル~1.8メートル
  • 全身は毛に覆われている
  • 赤い大きな目をしている
  • 牙が生えている
  • 背中にトゲ状のものがある
  • 2足歩行(4足歩行)する
  • 2~5メートルの驚異的なジャンプ力をもつ
  • 血を吸われたモノの首には2から4ヶ所の穴が開いている

チュパカブラの正体

家畜を襲ったとされるチュパカブラの正体には諸説あるようです。

  • 野犬
  • オオカミ
  • コヨーテ
  • アカゲザル
  • マンドリル
  • アルマジロ
  • 昆虫
  • SF映画スピーシーズの影響でチュパカブラの姿に誇張された説
  • カルト集団の悪魔儀式で家畜が殺された説
  • 軍や政府により遺伝子操作された生物兵器説
  • グレイなどの宇宙人説

チュパカブラの目撃例の大半は、皮膚病を患って毛が抜けたコヨーテを見間違いしたモノではないかと言われています。

また、2足歩行するモノは「アカゲザル」と見間違えたとする説が濃厚なようです。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳