デンマークでワクチン使用中止の会見中に担当者が倒れる!

世間の話題
この記事は約8分で読めます。

今朝、ちょっとビックリな話題あったのでログ残します。

2021年4月14日、デンマーク保健当局が「アストラゼネカ製の新型コロナワクチン使用中止」の会見を開いた。

その時、会見をおこなった担当者は2人いたのだが、画面向かって右側の女性担当者が突然倒れた。

会見場は、一瞬、騒然となったが隣にいた担当者の男性が駆け寄り、倒れた女性の足を上げるなどの応急処置をすばやく行った。

その甲斐あってか、その後、女性は何事も無かったかのように自分の足で会見場を後にし、念の為、病院で検査を受けたという。

ビルゲイツのワクチン陰謀論についてはこちらの記事で。

【ビル・ゲイツとワクチン陰謀論】絡んだ糸は無理に解こうとしても解けない

デンマーク当局「アストラゼネカ製ワクチン」の使用中止

デンマーク当局は、アストラゼネカ製ワクチンの使用中止の理由として、接種後に血栓ができる可能性が予想より高いことが分かり、「副反応のリスクが実際にあると判断した」と説明している。

参考:TBS NEWS

ワクチンの使用停止や使用見合わせを決定した国

アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発した新型コロナワクチンの使用停止および、使用を見合わせた国は以下。

北欧諸国が多い模様。

  • オランダ
  • デンマーク
  • ノルウェー
  • ブルガリア
  • アイスランド
  • タイ

参考:BBC NEWS JAPAN

J&J製ワクチンの使用を停止した国

4月13日にも、次の国がアメリカのJ&J(ジョンソンエンドジョンソン)製のワクチンが血栓を引き起こす可能性を危惧し使用を停止した。

  • アメリカ
  • カナダ
  • EU(欧州連合)

参考:BBC NEWS JAPAN

まとめ

あえて、「ワクチン使用中止の会見中」に倒れるというのが、インパクト大なのだ。

倒れた理由がワクチンと何か関係あるのかとミスリードする人もいるかもしれない。

あと、卒倒会見になったことにより、ただの「ワクチン使用中止会見」が、より一層注目を集める話題になる。

不謹慎ながら、倒れた女性は「お芝居の経験がある人なのかも知れない」なんて妄想が膨らんでしまうのだ。

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳