【天使を凌駕する人間たち】預言者エリヤとモーセ

不思議な話
この記事は約4分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

    • 預言者エリア・・・天使サンダルフォンの生まれ変わりとされる
    • 預言者モーセ・・・神から律法を授かり十戒などで有名

預言者エリヤとモーセには人の子でありながら、天使をブチのめしたという驚きのエピソードが存在します。

天使は基本的に「体力」でも「知力」でも人間より優っています。

しかし、ときおり、どういうわけか、その天使を凌駕する勇者が現れるのです。

今回は、そんな天使殺しの預言者ども2人と格下と思っていた人間にブチのめされ、まさかの屈辱を与えられた不甲斐ない「死天使」たちのお話。

天使サンダルフォンの生まれ変わり預言者エリヤ

Elias041

預言者エリヤは、天使サンダルフォンの生まれ変わりと言われる人物。

エリヤが天使に生まれ変わる直前、ある「死天使」が勝負を挑んだそうです。

ちなみに、この死天使が誰なのかは分かっていません。

死天使とは

死天使とは、寿命がきた人間や動物の魂を天国や地獄に送るのが仕事で複数の下級天使たちの総称です。

以下の天使たちが「死天使」の代表格といわれます。

  • カフジエル
  • アズラエル
  • サリエル

しかし、VIP級の最重要人物の死に際しては

  • ミカエル
  • ガブリエル
  • メタトロン

といった大天使もその役目をつとめることがあるようです。

神の「えこひいき」にブチ切れた死天使はエリヤにブチのめされる

神が天使を差し置いて、預言者エリヤを天使に格上げしようとしたことにブチ切れた死天使はエリヤに勝負を仕掛けました。

しかし、エリヤは予想以上に強者(つわもの)で死天使と互角以上の渡り合い、圧倒されます。

しまいには、神が仲裁に入らなければ死天使はエリヤにブチ殺されていたことでしょう。

神の寵愛を賜った預言者モーセ

大預言者モーセにブチのめされた天使は、以下の3人。

  1. 天使サマエル
  2. 天使カマエル
  3. 天使ヘマハ

①天使サマエル

モーセが120歳になった時、彼を迎えにいったのは死天使のサマエルでした。

しかし、モーセは自分の寿命が尽きた事に納得できず、サマエルを杖で殴って追い返したといいます。

天使サマエル:「殴ったね。親父にも殴られたことがないのに!」

預言者モーセ:「それが甘ったれなんだ!殴られもせずに一人前になった大人がどこにいるものか!」

というやり取りがあったかどうかは分かりませんが、その時、サマエルは殴られたショックで失明してしまいました。

のちに、サマエルは堕天使となり、悪魔の王サタンになったという話もあったりします。

人間モーセに殴られた屈辱が、彼を悪の道へと走らせたのかも知れません。

②天使カマエル

モーセは、他にも複数の天使と戦いを繰り広げ、ブチのめしています。

天使カマエル(ケムエル)は天国の門番です。

カマエルは、モーセが神から律法(旧約聖書のモーセ五書)を授かるために、天国の門をくぐろうとした時に「通せんぼ」したので殴り殺されたといいます。

モーセが天国に行く理由を知ったカマエルは素直に門を開けたため、何事もなかったという説もあります。

③天使ヘマハ

次なるモーセの犠牲者は、天使ヘマハ。

ヘマハの仕事は、罪を犯した人間を罰することです。

ある時、ヘマハは兄のアフと協力して、モーセを丸飲みにしようとしました。

というのも、モーセが息子のゲルショムに割礼をしていなかったからです。

割礼とは、「ペニスの包皮を切除する」というユダヤ教徒の神聖な儀式

しかし、間一髪でモーセの妻ツィポラがゲルショムに割礼を施したので、天使たちがモーセに罰を与える必要が無くなってしまいます。

ヘマハは、神の命令でモーセを吐き出しました。

しかし、吐き出されたモーセはブチ切れMAXハートで怒りが収まらず、卍解を発動してしまった結果、ヘマハを殺してしまったのです。

まとめ

一説には、死天使サマエルがモーセに追い返された後、神みずから大天使ミカエルとガブリエルを引き連れて、人間モーセを迎えにいったという話もあります。

「俺をヘッドハンティングしたいなら、平社員じゃなくて、社長が直接迎えに来いや!」といった感じが否めません。

いずれにしても、天使を蔑ろにし、人間を特別扱いしすぎるという暇を持て余した神々の遊びが、天使たちの人間に対する「嫉妬」と「憎悪」を加速させ「堕天使」や「悪魔」を生み出すのかもしれません。

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳