【2chの都市伝説】鮫島事件とは?100スレ目の真実

不思議な話
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

「鮫島事件」は、かつてのインターネット掲示板「2ちゃんねる」を中心に流行った都市伝説

この謎の事件は、

  • 「2ちゃんねら」が死んだ
  • この事件に触れてはならない
  • 公安絡みの事件
  • 犯人はまだ捕まっていない

などの断片的なキーワードが次から次へと追加されていった。

しかし、肝心な事件の内容にはいっさい触れられることもなく、「鮫島事件っていったい何なの?」という謎が人々の興味を惹き掲示板からネット上へと広まっていった。

今回はこの「鮫島事件」の謎と真相についてご紹介する。

スポンサーリンク

鮫島事件とは

 

鮫島事件は、西暦2000年初頭に掲示板の「2ちゃんねる」に

「伝説の鮫島スレについて語ろう」

というスレッドがたてられたところから始まる。

鮫島事件には2つの説があると言われている。

  1. 無人島説
  2. 集団リンチ説

①無人島説

 

5人の2ちゃんねらが無人島「鮫島」で行方不明になる

九州の鹿児島沖に「鮫島」という無人島があり、5人の2ちゃんねら~が遊びにいった。

その後、5人は行方不明になる。

警察はこの事件を捜査したが、何の手がかりも見つからなかった。

それから、半年後に消えた5人のうち4人が白骨死体で見つかり、遺骨は遺族の元へ届けられたという。

残りの1人は公安関係者という噂が出回る

発見されなかった残りの1人は公安関係者の身内だという噂が出回るようになる。

この噂が発端で、「残った5人目が事件の真相を知っている」とネット上で言われるようになった。

遺体発見の翌日「鮫島にいる」という書き込みがされる

4人の遺体が発見された翌日、何者かが掲示板に「鮫島にいる」と書き込こんだ。

この書き込みは、まだ発見されていない5人目のものではと当時の2ちゃんねるでは話題になった。

無人島に警察の捜査が入り、5人目の遺体が発見される

その後、無人島の「鮫島」に再び警察の捜査が入り、5人目の遺体が発見されたという。

他の4人のものと違い、5人目の遺体には以下のような不審な点があった。

  • 首を絞められた痕
  • 皮膚には人間の歯型

鮫島事件の「無人島説」の内容はここで終わっている。

ジョークというネタバレ投稿あり

しばらくして、「鮫島にいる」という書き込みをした本人から、「すべてはジョークだった」というネタバレの投稿があった。

そして、「鮫島スレ」の一連の書き込みが次々と削除されるという事態に。

これらの投稿の削除は、「公安」によるものであり、「ジョークだった」という書き込みもさえも「事件の真相を隠蔽するために誰かが書き込んだモノではないか」と言われた。

今となっては真相は闇の中でございます。

②集団リンチ説

 

2つ目の説の「集団リンチ説」は、実は「2ちゃんねる」より前から存在していたネット掲示板「あめぞう」で起こった事件だという。

鮫島は駅に呼び出され20人に撲殺される

ある時、あめぞうの常連だった「鮫島」は、集団リンチの首謀者とされるハンドルネーム「eom」という人物に千葉県のJR柏駅に呼び出された。

そして、eomの呼びかけで集まった総勢20名の者たちによる、鮫島への血の宴がはじまり、その模様は掲示板の「鮫島スレ」でリアルタイム実況された。

投稿された「血の16画像」

その実況スレには、鮫島が暴行され殺されるまでの写真が順を追って投稿されていった。

その写真は「血の16画像」と言われていて、いわゆる「バラバラ〇体」の画像であり、あまりのグロさに見た者はみんな吐き気を催したという。

そして、最後は「ちぎれた指」の写真で終わっていた。

鮫島がネット販売していたビデオの謎

ちなみに、この事件の発端となったのは鮫島がネット販売していたビデオだと言われている。

このビデオには、ある人物が障害を持った幼女に暴力を振るっている様子が収められおり、映像の中で幼女を虐待しているのは鮫島本人ではないかという噂が広まった。

俗にいう「スナッフビデオ」というやつだ。

殺害された「鮫島」は別人だった

事件はまだまだ続く。

駅で殺害されたのは本物の鮫島ではなかった。

なんと殺害された男性は面白がって「鮫島」になりすましていた別人だったというのだ。

ホンモノの鮫島の復讐がはじまる

掲示板の「鮫島スレ」を見て、偽物の鮫島が殺された事を知ったホンモノの鮫島は激怒し復讐をはじめる。

集団リンチに関わっていた犯人たちの住所を特定し、少なくとも2名を殺害したという。

そして、掲示板には「これは鮫島事件の報復である。この事件に関わった者は全員〇す」というメッセージが残された。

残りの犯人たちは警察に自首

実際にメンバーの2人が鮫島に殺害された事を知った残りの犯人たちは「次は自分の番では?」という恐怖に怯え警察に自首したのだった。

公安はこの事件を隠蔽

自首した犯人たちから話を聞いた警察と公安は、この事件を隠蔽したという。

当時は今のようにネットもそれほど普及していないインターネット黎明期だった。

ネットから始まった奇異な事件に当局もさぞや面食らったのだろう。

これが「鮫島事件」が公安に消された理由だと考えられている。

鮫島事件の真相

 

鮫島事件の真相は、ジョーク

これは、「インターネット初心者や噂を本気にした人々をおちょくるためのジョークであった」というのが一般的な見解だ。

つまり、鮫島事件は存在しない架空のストーリーというテイでいた方が安全であり、それ以上はお察し下さい。

「嘘を嘘と見抜けない人は、ネット掲示板を使うのは難しいでしょう」というのは、かつて2ちゃんねるの管理人だった男の言葉である。

「おっと、誰か来たようだ・・・」

2chの都市伝説関連

【2chの都市伝説】犬鳴村の怪異は人々の好奇心と集合無意識と
福岡県の旧犬鳴トンネル付近には、日本の法律が通用しない不気味な集落「犬鳴村」が存在し、この村に入った者は生きて出られないという都市伝説である。 さらに犬鳴村につづく「犬鳴トンネル」という場所では心霊現象が見られるという。 今回は...
【2chの怖い話】コトリバコの半分は思いやりで(ry
コトリバコとは、複数の木のパーツで組み立てられた「からくり箱」を使った呪術である。 俗に言う「からくり箱」は、特殊な細工が施されており、決められた順番に木箱の部品を操作しなければ開かない仕組みになっている、いわゆるパズルゲームのような...
【2chの都市伝説リョウメンスクナ】木箱の呪いは今も日本のどこかでひっそりと息づいている
両面宿儺(りょうめんすくな)に関するエピソードは、これまで日本書紀のような歴史書や在地伝承で語られてきた。 しかし、それとは別にインターネット上にも「リョウメンスクナ」という名の都市伝説が存在している。 この都市伝説に登場するの...
2chの都市伝説「きさらぎ駅」とその後日談・異界の入口はすぐそばにある
2004年のある夜、ネット掲示板「2ちゃんねる」に謎のメッセージが書き込まれた。 「いつも通勤で使っている電車に乗ったが、いつまでたっても最寄り駅に着かない」 これは「きさらぎ駅」と呼ばれるネット上で広く知られている都市伝説。 ハ...

関連商品

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました