【ビルダーバーグ会議の謎】ジャーナリストはナゼ命を狙われたのか?

不思議な話
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

「ビルダーバーグ会議」は、存在そのものが陰謀論の対象にもなっているが、この会議に関する陰謀論はそれだけではない。

国際ジャーナリスト「ダニエル・エスチューリン」は、ビルダーバーグの陰謀を阻止した後、殺されかけたという。

今回は、以下についてお送りする。

  • ダニエル・エスチューリンのビルダーバーグの陰謀に関する主張
  • ビルダーバーグ会議に関するその他の陰謀論
スポンサーリンク

ダニエル・エスチューリンはビルダーバーグの陰謀を主張する

Bilderberg - Oosterbeek

国際ジャーナリストのダニエル・エスチューリンが主張するビルダーバーグの陰謀は以下のとおりである。

ビルダーバーグ会議の決定に従い世論は操作されている

毎年、ビルダーバーグ会議の決定に従い、次のことがおこなわれている。

  • 各国政府や財界への工作
  • マスメディアを通じた世論操作

メディアによる世論操作・誘導は陰謀論的には基本の「き」であり、当たり前のようにやられていることだ。

ビルダーバーグ会議の最終目標は「世界統一政府」の樹立

ビルダーバーグ会議の最終的な目標は、言わずもがな「ニューワールドオーダー」

つまり、世界統一政府の樹立であり、そのための手段として以下のようなテーマが継続的に取り扱われている。

  • メディア、ネットの国際的支配
  • 国民総背番号制(日本ではマイナンバー)
  • 人体埋め込みチップ(粉末状のチップは完成済)
  • GPSで大衆監視(スマホ・埋め込みチップ)
  • 電子通貨システムによる国際通貨統合(GESARA/NESARA/CBDC)
  • 人口抑制

ソッチ系の皆さんにはお馴染みのモノばかりだろう。

中には、すでに実施されているモノから今後予定されているモノまでバッチリ含まれている。

支配者層も一枚岩ではない

9.11アメリカ同時多発テロ以降、アメリカの勢力間で意見が対立しているという。

  • アメリカ・ネオコン派
  • アメリカ・非ネオコン派
  • 欧州派

まさに、三つ巴の争い。

9.11のあとからということは、自作自演に関して支配者層の中でも意見が割れているということなのか。

つまり、支配者層と言っても、必ずしも一枚岩ではないのだ。

ちなみに、ネオコンとはアメリカにおける新保守主義(ネオコンサバティズム/Neoconservatism)のことで、アメリカの国益よりも自由主義や民主主義といった思想や理想を重視する政治イデオロギーの1つ。

しばしば世界にこの政治イデオロギーを広めるためには戦争をも辞さないという一面を持っているからたちが悪い。

ダニエル・エスチューリン自身が暗殺されかけた

1997年のビルダーバーグ会議では、次のことが検討されていたそうだ。

カナダからケベック州を分離して残ったエリアをアメリカ合衆国に統合するという計画

しかし、この話を嗅ぎつけたジャーナリストのダニエル・エスチューリンとジェームズ・P・タッカーの働きかけにより、カナダの新聞社をはじめ多くのマスコミがビルダーバーグ会議について大々的に取り上げた。

ビルダーバーグ会議が世論の注目を集めたことで、ケベック州の分離統合計画は消失した。

その後、この計画を阻止したダニエル・エスチューリンは暗殺されかけたという。

ダニエル・エスチューリンとは

一連の陰謀を主張し、ビルダーバーグの計画を阻止したダニエル・エスチューリン

国際ジャーナリストのダニエル・エスチューリンはソビエト連邦で生まれたが、家族が左翼的な活動をしていたため、ソ連から追放されたという。

彼の祖父はKGBの部長を務めた人物だった。

そういったツテもあり、ダニエルは「KGB」「MI6」「CIA」などから多くの情報を得ており、他のジャーナリストより信頼度の高い機密情報を持っていると言われている。

特にビルダーバーグ関連の情報に精通しており、そのせいで何度も命を狙われている。

現在、彼は身を守るため長年暮らしたカナダを離れ、スペインに移住し執筆活動を続けている。

支配者層は「年に一度」会議室で事件を企てる

【ビルダーバーグ会議の陰謀】事件は現場ではなく会議室で作られている
ビルダーバーグ会議とは、年に1度、世界の著名人を集めて開かれる非公式の会議である。 巨大企業のトップ 各国の首相 軍部首脳 世界銀行の幹部 この会議は厳重な警備のもと完全非公開であり、参加者も世界的...

その他の陰謀論

続いて、ビルダーバーグ会議についてのその他の陰謀論も見ていこう。

①ビルダーバーグ会議と深い関わりがある3つの組織

ビルダーバーグ会議の参加メンバーと以下の3つの組織のメンバーは重複しているとされ、そこで得た情報は、参加メンバーによりそのまま下部組織に伝達されているという。

  1. 王立国際問題研究所(RIIA)
  2. 外交問題評議会(CFR)
  3. 三極委員会

②ビルダーバーグ会議の内容が首脳会議に影響を与える

ビルダーバーグ会議で話し合われた内容は「G8」「NATO」などの首脳会議に影響を与えるといわれる。

③リップルウッドの背後にはビルダーバーグ会議が存在する

Tim Collins (Ripplewood Holdings)

ティモシー・コリンズ image:wikipedia

リップルウッドの背後にはビルダーバーグ会議が存在するといわれている。

リップルウッド・ホールディングスは、アメリカのニューヨークを拠点にする投資ファンドの運営会社だった。

最高経営責任者はティモシー・コリンズ。

営業内容は、いわゆる「ハゲタカ」と言われるもので、経営不振に陥った企業を買収し、再生させ企業価値を高めた後に売却するという再生ファンドである。

リップルウッドに買収された日本の企業

日本企業の買収もビルダーバーグ会議で計画されたのだろうか。

指示どおりリップルウッド・ホールディングスは日本企業を買いまくる。

アニメ好きなら知っている代々木アニメーション学院なんかもある。

  • 新生銀行
  • 日本コロンビア
  • ディーアンドエムホールディングス(旧denon)
  • フェニックスリゾート(宮崎県のシーガイア)
  • 旭テック
  • シャクリー・グローバル・グループ(元・山之内製薬グループ)
  • ナイルス(元・日産グループ)
  • ユーシン
  • 代々木アニメーション学院
  • シグマクシス

④大統領や首相もビルダーバーグ会議で決められる?

大統領や首相もビルダーバーグ会議で決まってしまうのか。

ビル・クリントン

Bill Clinton
1991年のビルダーバーグ会議には、当時アーカンソー州知事だったビル・クリントンが招待されていた。

その会議のあとの1993年、ビル・クリントンはアメリカ大統領に就任した。

これは偶然なのか。

トニー・ブレア

WORLD ECONOMIC FORUM ANNUAL MEETING 2009 - Tony Blair

1993年の会議には、イギリス労働党の議員トニー・ブレアが招待されていた。

ブレアはビルダーバーグ会議から4年後の1997年にイギリス首相に就任している。

偶然だから気にしちゃいけない。

⑤王族がビルダーバーグ会議に参加している

王制を採用するヨーロッパの国々では、憲法で王族の発言や行動を禁止しているにもかわわらず、ヨーロッパの王族の多くがビルダーバーグ会議に参加しているという。

王族さん達も呼ばれたら行っちゃうんだな。

王族だから、法律なんて関係ないのか。

非公式の会議なのに多額の公費が使われている

ビルダーバーグ会議は、非公式の私的な会議であるにもかかわらず、開催国は毎年、私的で集まった参加者の警備費用などに多額の公費を使っているという。

また、ビルダーバーグ会議がアメリカで開かれた際、参加者への土産物(みやげもの)として「ビルダーバーグ」という名前の入った「iPod」が用意されたという冗談のような都市伝説まで存在している。

あとがき

いったいどこまでが本当なのかわからないが、ビルダーバーグの陰謀の暴露に命をかけるダニエル・エスチューリン。

計画を阻止したことで命を狙われた挙句、カナダからスペインに引越してまで、陰謀を追い続けるジャーナリストの鏡。

彼自身が映画の題材になりそうな勢いだ。

陰謀を覗く者は、陰謀に除かれるのか。

関連記事

【ビルダーバーグ会議の陰謀】事件は現場ではなく会議室で作られている
ビルダーバーグ会議とは、年に1度、世界の著名人を集めて開かれる非公式の会議である。 巨大企業のトップ 各国の首相 軍部首脳 世界銀行の幹部 この会議は厳重な警備のもと完全非公開であり、参加者も世界的...
【日米欧三極委員会】なぜかメディアが取り上げない国際会議の謎
この世界には、あまり話題にもならず、存在理由のよくわからない組織や団体があったりする。 「日米欧三極委員会」もそんな組織の一つだ。 この組織は、日本とアメリカ、ヨーロッパ間で密接な関係を築き、グローバル化を推進し、世界のリーダー...
【300人委員会】悪魔王国と世界支配を目論む者たち
この世には、多くの秘密結社と言われる組織が存在する。 その中でも、イルミナティやフリーメイソンなどは説明がいらないほど有名で、もはや秘密結社と呼べるのかどうかも疑わしい。 また、そのような秘密結社に指示を出している更に上位の組織...
ジョージア・ガイドストーンは人口削減計画か?その意味深な内容について
アメリカのジョージア州には人口削減について書かれているとされる「ジョージア・ガイドストーン」という石碑がある。 1980年代に突如現れた石碑は誰が何の目的で建てたのか、いまだに分かってない。 この記事では、衝撃的な内容が刻まれて...

関連商品



コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました