ジョージア・ガイドストーンは人口削減計画か?もしくは黙示録を生き延びた人類へのメッセージなのか?

不思議な話
image:wikipedia
この記事は約8分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

アメリカのジョージア州には、人口削減について書かれていると言われる「ジョージア・ガイドストーン」という石碑があります。

1980年に突然現れたこの石碑は、未だに誰が何の目的で建てたのかわかっていません。

また、その内容から都市伝説や陰謀論的に見ても興味深いものとなっています。

このアメリカのストーンヘンジとも言われ、意味深な内容が刻まれている不思議な石碑「ジョージア・ガイドストーン」をご紹介します。

ジョージア・ガイドストーンは、「人口削減の計画書」なのか?

それとも黙示録を生き抜いた人類へ向けたメッセージなのか?

ジョージア・ガイドストーンとは

ジョージア・ガイドストーンとは、アメリカのジョージア州エルバート郡の小高い丘に建てられた6枚の花崗岩で出来たモニュメント(記念碑)です。

この石板には8つの現代語で「10のガイドライン」という謎のメッセージ(宣言?)が刻まれています。

また、石板の配置の仕方も天文学的な意味をもっているとも言われています。

僕はジョージア・ガイドストーンについて以下の4つの謎について気になりました。

  1. 10のガイドライン(メッセージ)
  2. 8つの言語で書かれているが(日本語は無い)
  3. 作者も目的も不明
  4. 天文学的な機能を持つ

ジョージアガイドストーンとセットで語られることが多い「アングロサクソンミッション」と「シオンの議定書」についての記事はこちらです

アングロサクソン・ミッションは陰謀論なのか?人口削減を急ぐ理由
お疲れ様です! コウです。 新型コロナウイルスの世界的パンデミックにより、過去の陰謀論に再び注目が集まっています。 その名も「アングロサクソンミッション」。 2010年に公開されたアングロサクソン・ミッションという動画の中で語ら...
シオンの議定書は世界征服計画なのか?24項目についての考察
お疲れ様です! コウです。 世界征服の陰謀論を語るうえで、外せないのが「シオンの議定書」です。 このシオンの議定書は、ユダヤ人が世界を支配するために書かれたものと言われています。 このウソかホントかわからない謎の文書「シオンの議...

ジョージア・ガイドストーンの謎①「10のガイドライン」

日本語訳(英語・中国語によるガイドラインより翻訳)

  1. 大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する
  2. 健康性と多様性の向上で、再産を知性のうちに導く
  3. 新しい生きた言葉で人類を団結させる
  4. 熱情・信仰・伝統・そして万物を、沈着なる理性で統制する
  5. 公正な法律と正義の法廷で、人々と国家を保護する
  6. 外部との紛争は世界法廷が解決するよう、総ての国家を内部から規定する
  7. 狭量な法律や無駄な役人を廃す
  8. 社会的義務で個人的権利の平衡をとる
  9. 無限の調和を求める真・美・愛を賛える
  10. 地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと

(英語版)

  1. Maintain humanity under 500,000,000 in perpetual balance with nature.
  2. Guide reproduction wisely — improving fitness and diversity.
  3. Unite humanity with a living new language.
  4. Rule passion — faith — tradition — and all things with tempered reason.
  5. Protect people and nations with fair laws and just courts.
  6. Let all nations rule internally resolving external disputes in a world court.
  7. Avoid petty laws and useless officials.
  8. Balance personal rights with social duties.
  9. Prize truth — beauty — love — seeking harmony with the infinite.
  10. Be not a cancer on the earth — Leave room for nature — Leave room for nature.

(中国語版)

  1. 保持人類五億以下與大自然永恆共存
  2. 明智地引導生育增進健康與變化
  3. 以一種活的新語言來團結人類
  4. 用沉著的理性來控制熱情‐信仰‐傳統‐及萬物
  5. 用公正的法律及法庭來保障人民與國家
  6. 讓所有的國家自治在世界法庭中解决外界的糾紛
  7. 廢止瑣屑的法律及無用的官員
  8. 讓私人的權力與對社會的義務保持平衡
  9. 珍視真‐美‐愛 尋求與宇宙和諧
  10. 不要做地球上的毒瘤 給大自然留點餘地 給大自然留點餘地

(出典:ウィキペディア)

上記がジョージア・ガイドストーンに刻まれている「10のガイドライン」で、英語と中国語で刻まれているものとその日本語訳の抜粋です。

この「10のガイドライン」を1つ1つ見てみると中には「地球の癌にならない – 自然の為の余地を残すこと – 自然の為の余地を残すこと」など自然や環境保護に関する良い事を言ってるものもあったりして、陰謀論や世間で言われているほど怖くないかもと思われます。

ですが、その中に紛れて混んでいる気になるメッセージがいくつかあるのは見逃せません。

書かれているメッセージの中で特に気になるのは下記の2つです。

①「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」は人口削減計画?

「大自然と永遠に共存し、人類は5億人以下を維持する」

これは、各所で都市伝説や陰謀論のネタにもなっている「10のガイドライン」の一番目に書かれているメッセージです。

この言葉だけを見ていると確かに、ゾッとする感じがしますね。

世界を支配しているエリート達が上から目線で大っぴらに人口を削減することを意思表明しているともとれます。

国連の発表では現在の世界人口は77億人

2019年に国連が発表した現在の世界の人口は77億人で2050年までには100億人に達すると予想されています。

77億人から5億人まで人口を減らすとなると、16人に1人しか生き残れない計算になります。

超サバイバルでサバイバーってロッキー4か。

いや~恐ろしや、人口削減計画。

世界人口推計2019年版:要旨 10の主要な調査結果(日本語訳) | 国連広報センター
わずか十数年のうちに、地球上の人口は現在の77億人から約85億人に、さらに2050年までにほぼ100億人に達する見込みです。この増加は、ごく少数の国で生じます。...

③新しい生きた言葉で人類を団結させる

ガイドストーンの上から3つ目には「新しい生きた言葉で人類を団結させる」というメッセージもあります。

これを文字どおり受け取ると、将来的には「この世界で使われる言語は1つだけになる」という意味にもとれます。

  • 現在使われている言語以外に新しい世界の共通言語が生まれる
  • 既存の言語の中から1つの言語を選びその言語だけを使用する

上記の可能性が考えられます。

もし新しい言語が生まれたら、世界中の人がまた1から「○○語」の勉強をしなければならないので、これから新しい言語が生まれるというのも現実離れしていますよね。

既存の言語から1つを選ぶにしても、何語が良いのか?

また、国同士でどっちの言語が上だのとマウントの取り合いも予想できるので人類を団結させるどころか、より遠ざかりそうですね。

ニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)

Great Seal of the United States (reverse)

image:wikipedia

このジョージア・ガイドストーンに並んでいるメッセージからは、エリートによる人民の管理や統制といったニュアンスがにじみ出ています。

陰謀論者と都市伝説マニアにお馴染みの「ニュー・ワールド・オーダー」ってやつですね。

これは、世界統一政府を作って世界を1つにまとめようというイルミナティ用語です。(笑)

日本語に訳すと「新世界秩序」。

世界統一政府というからには、やはり世界の言語も統一するんでしょうか?

そして、「統一政府」や「統一言語」という言葉を聞くと、どうしても旧約聖書の中で語られる「バベルの塔」が頭をよぎります。

バベルの塔とは

Joos de Momper (1564-1635) - Toren van Babel - Lissabon Museu Nacional de Arte Antiga 19-10-2010 16-12-79

「バベルの塔」とは、旧約聖書の創世記に出てくる物語で、人類が天にも届くような塔を作って神様に挑戦しようとしたので、怒った神様は人類の話す言葉を「ごちゃまぜ」にして塔の建設を断念させたという話です。

この時、全人類が話していた言語は1種類で、言語が1つだけしか無いからこんな愚かな真似をすると神様は考えたのでしょう。

言語を乱された人類は、お互いの言葉が通じず、コミュニケーションが取れなくなったため世界各地に散っていったと言われます。

ちなみに、バベルの塔の「バベル」という言葉は聖書によるとヘブライ語のbalalで「ごちゃまぜ」という意味だそうです。

ニュー・ワールド・オーダーやジョージア・ガイドストーンに書かれている通り、再び人類と言葉を1つに統一。

その後、バベルの塔でも作って神様に喧嘩を売る気なのでしょうか?

悪魔崇拝者の考えることは理解に苦しみますが、気になりますね。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コウの雑記帳