ケサランパサランの正体は1つじゃない?動物であり植物であり鉱物である

不思議な話
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

ケセランパサランは白くフワフワとした不思議な綿毛のような物体です。

ケセランパサランを見た人には幸せが訪れるという言い伝えもあるそうです。

この謎の物体の正体はいまだに不明です。

スポンサーリンク

ケセランパサランとは

ケサランパサランとは、タンポポの綿毛やウサギの尻尾のような不思議な白い毛玉です。

日本では1970年代から広く知られるようになりました。

また、毛の1つ1つに妖力がある妖怪とも言われており、植物なのか、動物なのかも不明で未確認動物として扱われることもあり、その正体は謎に包まれています。

ケサランパサランの名前の由来

外国のケサランパサランはゴッサマー(gossamer)やエンゼル・ヘア(angel hair)と呼ばれています。

また、ケサランパサランの名前の由来には以下のように諸説あるようですが信憑性は不明です。

スペイン語説

ケサランパサランの名前の由来がスペイン語の「Que Será, Será(ケ・セラ・セラ)」が語源であるとする説です。

言葉の響きは似ていますが、どうなのでしょうか。

ちなみに、「ケ・セラ・セラ」は、「なるようになるさ」という意味です。

梵語説

Siddham script (consonants) sample

袈裟羅・婆裟羅(けさら・ばさら)という古代インドなどに伝わる梵語(ぼんご)が語源という説です。

見た目のイメージから名付けられた説

羽毛のようにパサパサしているという見た目のイメージから名付けられたとする説もあります。

東北の言葉説

東北地方の言葉で「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する言葉が起源だという説です。

確かになんだかさっぱりわかりませんね。

ケサランパサランにまつわる言い伝え

言い伝えによると、ケサランパサランは1年に2回以上見ると、その効果は消えてしまうと言われています。

また、ケセランパサランを持っていることは誰にも言わない方が良いと言われているため、代々と伝わる家宝のように密かにケサランパサランを次の代に伝えている家もあるという伝説もあるそうです。

ケサランパサランの正体とは

ケサランパサランの正体は「動物の毛玉」や「花の冠毛」ではと考えられています。

動物説

  • 猛禽類が捕食し排泄した小動物の毛玉
  • 寒冷地で捕食された小動物の体毛
  • 牛や馬の胆石や結石

山形県鶴岡市にある加茂水族館では「ケサランパサラン」と思しきモノが展示されています。

この水族館では、ワシなどの猛禽類がウサギなどの動物を食べた際に排泄される毛玉(ペリット)であると説明されています。

また、東北の寒冷地などで小動物が捕食された後に残った皮膚が寒さで縮まり体毛を外側にして丸まった者であるという説や牛や馬などの動物の胆石や結石という説もある。

江戸時代の「和漢三才図会」という百科事典には「へいさらばさら」という玉についての記載があり、これが動物の胆石や結石とだ考えられている。

植物説

  • アザミ・オキナグサ・ブタナの花の綿毛
  • ガガイモの種の綿毛
  • 綿状のカビ

ケサランパサランの正体が植物だという説には以下のようなものがあります。

アザミやオキナグサ、ブタナといった「植物の花の綿毛」だと言う説から「ガガイモの種の綿毛」や「綿状のカビ」だとする説です。

ケサランパサランのエサとして白粉(おしろい)を与えると増えるというのは正体がカビだからではと言われています。

ちなみに白粉(おしろい)は、芸者や舞妓さんが化粧に使う粉で原料はコーンスターチやでんぷんなどで出来ています。

鉱物説

オーケン石(オケナイト)は、ふわふわとしたウサギの毛のような外観をしているので、しばしばケサランパサランの正体なのではないかと疑われている。

昆虫説

トドノネオオワタムシ

雪虫やアオバハゴロモの幼虫は、真っ白な蝋物質を出し纏う姿が綿のように見えるためケサランパサランの正体として疑われている。

ケサランパサランを飼うには

Eriobotrya japonica C

ビワの木に出没する?

ケサランパサランは「ビワの木の妖精」とも呼ばれおり、ビワの木付近でよく目撃されます。

ケサランパサランを飼いたい方はビワの木を探してみてはいかがでしょうか。

桐の箱で飼う

ケサランパサランを飼うには、穴の開いた通気の良い桐の箱で飼うことが推奨されています。

また、エサとして白粉(おしろい)を与えると喜んで増殖したり、飼い主に幸せを運んでくるとされています。

しかし、箱に穴が無い場合は窒息して死んでしまうので飼育するときには注意が必要です。

まとめ

不思議な綿毛ケサランパサランは確かに存在します。

しかし、その正体は動物の毛玉であり、またある時は綿毛を持つ植物や昆虫であり石であり概念そのものかも知れません。

世の中には、あえて結論を出さない方がいいこともあります。

だから、ケサランパサランの正体を突き止めるのは野暮ってヤツかも知れません。

関連商品はこちらです



コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳