ポリ袋ハンターとは?レジ袋有料化の影響で生まれる弊害について

日常の話題
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

7月にレジ袋が有料化されてから1カ月半がたつ。

外出する時は、いつ店に入ってもいいように常にエコバッグなどを持ち歩いたりと、少しばかりのストレスや不便さを感じている方もいらっしゃるだろう。

そんなおり、「ポリ袋ハンター」なるものがニュースで取り上げられネット上でも話題になっている。

この記事では、レジ袋の有料化により浮上してきた弊害「ポリ袋ハンター」についてお伝えする。

スポンサーリンク

無料のポリ袋を必要以上に持ち帰るポリ袋ハンターとは

「ポリ袋ハンター」とは、スーパーなどで荷詰めする作業台に設置されている無料の半透明ポリ袋を買い物した商品の量に関係なく、必要以上に持ち帰ろうとする人たちのことだ。

このポリ袋ハンターと呼ばれる人たちは、レジ袋が有料化される以前から日常的に存在していたと思われる。

しかし、レジ袋有料化にともないハンターの数は増加の一途をたどっている。

持ち帰った無料ポリ袋の用途

本来、スーパーなどで購入した肉や魚などの汁漏れを防止するためのポリ袋だが、持ち帰ったユーザーは以下のようにレジ袋の代用品として利用しているようだ。

  • 台所の生ごみ入れに使う
  • 小型のゴミ箱にかぶせて使う

迷惑なポリ袋ハンターに店側は大打撃

レジ袋を有料化する前と比べるとポリ袋が倍以上も無くなっているという、スーパーのオーナーからの悲鳴も聞こえてくる。

ポリ袋のロールごと持って行く悪質な客もいる

ポリ袋ハンターは、必要以上のポリ袋を買物時のどさくさに紛れて持って帰るだけでなく、悪質な場合、ポリ袋のロールごと、丸ごと持って帰る人もいるのだ。

これには、ハンターから窃盗犯に昇格したのではというネット上の声も聞かれるくらいだ。

スーパーの作業台からポリ袋のロールを撤去したお店も

荷詰めする作業台には「必要以上のポリ袋の持ち帰りはご遠慮ください」といった張り紙がされているが、効果はイマイチのようだ。

必要以上にポリ袋を持ち帰る人が多いため、作業台からポリ袋のロールを撤去している店舗も増えて来ている。

無料ポリ袋は店が有料で仕入れている備品

ポリ袋は客にとっては無料でも店側は有料で仕入れている備品である。

必要以上に持って帰られては、ポリ袋にかかるコストも倍増し店側は大打撃なのだ。

ネット上ではポリ袋ハンターに対し冷ややかな意見が

  • 見苦しい
  • あまりにもせこ過ぎる
  • 昔からいるけど品がない

ネット上では、この迷惑なポリ袋ハンターの急増に関してネット上では失望の声や冷ややかな意見があがっている。

100円ショップでレジ袋が売り切れる

スーバーやコンビニでのレジ袋有料化の影響で、100円ショップではレジ袋が売り切れるといった事態になっている。

また、もともとレジ袋を仕入れていたメーカーの製造が追いつかず、仕入れが一時ストップし別のメーカーからもレジ袋を仕入れて販売しているそうだ。

レジ袋(50枚入り)が完売

「一枚当たり約2円で、スーパーなどで買うより安い」という理由から、50枚入りといった枚数の多い商品がすぐに完売するそうだ。

レジ袋の代わりにポリ袋の売り上げが約2倍に

品薄なレジ袋の代わりに、ポリ袋が売れている。

ポリ袋を製造しているメーカーでは昨年に比べ、取っ手付きのポリ袋の売り上げが約2倍になっているそうだ。

また、100円ショップやホームセンターからの注文もひっきりなしに入っている。

売り上げの伸びている他のポリ袋

  • 割りばしなどの突き刺しにも強く丈夫で伸びるタイプ
  • 穴が開きにくく液だれしにくいタイプ
  • 重さに強いタイプ
  • 土に埋めても自然分解し土に変わるといった環境に優しいタイプ
  • 使いまわしができるタイプ

レジ袋の代わりに売り上げを伸ばしているその他のポリ袋。

ポリ袋にもさまざまな特徴を持った商品がある。

あとがき

レジ袋有料化の弊害とも言える「ポリ袋ハンター」の増加。

もはや、恥もマナーも知ったこっちゃないということだろうか。

このままだと、レジ袋の次はポリ袋が有料化されるのではないかと懸念している。

いつの時代もマナーの低下や常識の欠如が新たな縛りや決まりを作るのだ。

関連商品はこちらです

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
日常の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました