ジョージア・ガイドストーンが建てられた経緯と作者について|関係者の証言

不思議な話
この記事は約7分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

ジョージア・ガイドストーンの作者が気になります。

きっと、気になっている方もいますよね?

陰謀論やいろんな憶測が飛び交っていますが、ジョージア・ガイドストーンの作者「R.C.クリスチャン」という人物と彼が所属する組織についての情報は依然として不明です。

この記事は、陰謀論的な要素がほとんど有りません。

しかし、前回の記事で書ききれなかったジョージア・ガイドストーンの作者と関りのあった2人の人物、フェンドリーとマーティンの証言をもとに「謎の人物R.C.クリスチャンの人となり」と「石碑が建設された経緯」について書いています。

スポンサーリンク

ジョージアガイドストーンの作者を知る2人の人物

  • 地元の建設会社の社長ジョー・フェンドリー
  • 地元の銀行家ワイアット・マーティン

ジョージアガイドストーンの作者を良く知る人物は上記の2人です。

2人はジョージアガイドストーンの完成後、メディアの取材で作者とされるR.C.クリスチャンについて語っています。

建設会社社長フェンドリーの証言①

地元ジョージア州エルバート郡にある建設会社イグニト・カンパニーの社長フェンドリーは、ジョージアガイドストーン建設に関わりました。

ジョージアガイドストーンの完成直後に取材にやってきたアトランタのテレビ局の記者に石碑の作者R.C.クリスチャンについて語っています。

R.C.クリスチャンをどうやって追っ払うか考えていた

フェンドリーはR.C.クリスチャンから石碑の建設計画について聞かされた時、どう思ったかインタビューで聞かれました。

「馬鹿げたことを言い出す奴だと思って、どうやって事務所から追い出そうか考えていたよ」とフェンドリーは答えています。

またフェンドリーは前に請け負った大きな建設プロジェクトの建設費用よりも値段を吊り上げてR.C.クリスチャンに石碑の建設をあきらめさせるつもりでした。

そのため石碑の建設工事には特殊な道具や重機、有償コンサルタントなどが必要だと説明しました。

R.C.クリスチャンは本気だった

しかし、ただ頷きながら話を聞いていたR.C.クリスチャンは諦めるどころか石碑の完成にどれくらいの日数がかかるのかを聞いてきました。

少なくとも半年はかかるだろうとフェンドリーは答えました。

話の最後にR.C.クリスチャンはこの町に銀行はあるのかと尋ねました。

フェンドリーはこの段階になってやっと、このおかしな人物が冗談ではなく、本気で石碑を建てようとしているのだと気づきました。

銀行家マーティンの証言①

マーティンはジョージアガイドストーンの作者とされるR.C.クリスチャンと一番多く関わったとされる人物です。

彼は地元エルバート郡のグラニト・シティバンクの経営者で、R.C.クリスチャンがエルバート郡で会った人物はフェンドリーとマーティンだけです。

マーティンは身長が高く、とても礼儀正しい男性で現在は78歳になります。

R.C.クリスチャンの第一印象

  • 高価なスーツを着ていた
  • 弁が立ち明らかに高水準な教育を受けた人物

上記がマーティンが感じた、R.Cクリスチャンの第一印象でした。

組織は20年前から石碑の建設を計画していた

彼はマーティンに自分の名前はR.C.クリスチャンだと名乗りましたが、それは偽名だと言いました。

またR.C.クリスチャンが所属する組織は、20年前からこの石碑の建設を計画していたそうです。

さらに石碑の建設は自分の本名や組織の名を伏せて、匿名で行いたいと付け加えました。

「あなたには理解できない」とクリスチャンは言った

「R.C.クリスチャンと彼の組織がやろうとしている事をはじめて聞かされた時、私は卒倒しかけたよ」とマーティンは記者に答えています。

そして「大金をはたいて、こんな馬鹿げた物を建てるなんてドブにお金を捨てるようなものだ」と忠告したそうです。

すると「申し訳ない。だが、あなたには到底理解できない事だ」と彼は言ったそうです。

銀行家マーティンの証言②

その後、マーティンはR.C.クリスチャンをつれて町一番の大きな広場に行き、以前自分が関わった「エルバート郡の入植200周年」を記念して建設された噴水を見せることにしました。

「彼にこの噴水の建設がこれまで私が携わったプロジェクトの中でも最大のものだ」と伝えたのさ。

それは、さっきまでR.C.クリスチャンが熱心に語っていた石碑のプロジェクトとは比較にならないほど大きなものでした。

気落ちする様子も見られなかった

しかしR.C.クリスチャンはその話を聞いても、まったく気落ちする様子は見られなかったとマーティンは語っています。

それどころか、彼は週末に飛行機をチャーターして石碑を建てるのにふさわしい場所を空から探そうと思っていると言いました。

彼は月曜日にまたここにもどって来るとマーティンに伝え、その場を立ち去りました。

この時のマーティンは彼の話が本当なのかどうか半信半疑だったそうです。

銀行家マーティンの証言③

月曜日になり、R.C.クリスチャンはマーティンのもとにもどってきました。

そこで、マーティンは身元と支払い能力を確認しなければ石碑の建設プロジェクトは中止だと彼に告げます。

最終的にR.C.クリスチャンとマーティンは正式に契約を結びます。

秘密保持契約書にサインをするなら本名を名乗る

しかし、その際にマーティンは彼から秘密保持契約書にサインをするように言われたそうです。

契約書には以下のことが書かれていました。

  • この石碑の建設プロジェクトの仲介人はマーティンのみ
  • R.C.クリスチャンの素性を他言しない
  • プロジェクト終了後、石碑の建設に関わる全ての書類と記録を破棄すること

マーティンがこの契約書にサインをするなら本名を名乗ると彼は言いました。

また、クリスチャンは石碑のプロジェクトにかかる費用は全国のいろんな銀行から送金すると言っていたそうです。

これは、自分の居場所が特定されないためだそうです。

やはり、用心深いですね。

自分の正体と組織について頑なに隠そうとするあたり、都市伝説や陰謀論で語られている通り秘密結社が関わっているのでしょうか?

建設会社社長フェンドリーの証言②

R.C.クリスチャンは町を発つ前に再びフェンドリーの建設会社を訪れ、石碑がデザインされた木製のミニチュア模型と10ページにも及ぶ石碑の建設について書かれた仕様書が入った箱を手渡しました。

その時、フェンドリーは彼から模型と仕様書をこころよく受け取りましたが、石碑の建設費用が口座に振り込まれるまでは建設プロジェクトに懐疑的でした。

しかし、銀行家のマーティンが話していた通り、金曜日に1万ドルが振込まれたことでR.C.クリスチャンについてあれこれ詮索するのをやめ、石碑の建設プロジェクトに取り掛かりました。

フェンドリー社長の娘メリッサの証言

フェンドリーの娘メリッサは「父は昔から挑戦することが大好きだった」と語っています。

また、父・フェンドリーはこのエルバート郡の歴史の中でもっとも挑戦的なプロジェクトになるぞと意気込んでいたそうです。

ジョージアガイドストーンの建設工事がはじまる

その夏、ジョージアガイドストーンの建設工事がはじまりました。

フェンドリーの建設会社は、工事の進行状況を数百枚の写真で丁寧に記録していきました。



採石場で削岩機を使って114フィート(約35メートル)の石を削り、これ以上にないと思われる大きな石の塊を探しました。

フェンドリーと建設作業員たちは、28トンもの重量の石板を持ち上げた時、石の重さで使用しているクレーン車が壊れるのではないかと心配だったそうです。

その後、ロケットモーターを搭載した特注品の切断機を使って大きな花崗岩(かこうがん)を切断し、石の清掃とサイズ調整がおこなわれました。

ジョージアガイドストーンはムリネックス牧場の丘に建てられた

フェンドリーとマーティンの2人は、エルバート郡でガイドストーンを建てるのに最適な場所を探すのを手伝いました。

見つかった土地はダブル7と呼ばれる牧場にある丘で、あらゆる方向から見渡せる景色の良い場所でした。

ウェイン・ムリネックスから土地を購入

この土地のオーナーであるウェイン・ムリネックスから5エーカの土地を5000ドルで購入し、土地代の支払いに加え、購入した土地の管理権をムリネックスとその子供たちに半永久的に譲渡しました。



この土地を購入した事でジョージアガイドストーンの未来は決まりました。

フェンドリーの建設会社はこの土地にガイドストーンを建てました。

5エーカ―というと、サッカーグランド5つ分に相当します。

けっこう、デカいですよね。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コウの雑記帳