【プロジェクト・ルッキンググラス】自由意志が彼らの未来を破壊する

不思議な話
Dave DavidsonによるPixabayからの画像
この記事は約6分で読めます。

ルッキンググラスとは未来を見ることができるテクノロジーである。

ルッキンググラスにまつわる噂には次のようなものがある。

  • ルッキンググラスは時間に関する実験
  • 1900年代初頭から実施されているプロジェクト
  • 過去や未来を視覚化し、見えるようにする実験
  • 実際に歴史をその目で見ることが出来る
  • この技術を使って「キリストの磔刑」を実際に目撃した人もいるらしい
  • ルッキンググラスを持っているのは1つの組織だけではない
  • 敵対する組織同士でルッキンググラスを使い合って歴史を改変してきた
  • マンデラエフィクトもこの技術の影響で起きている
  • トランプやQもルッキンググラスを所持している
  • ヒラリー・クリントンはルッキンググラスで自分が大統領になる未来を見ていた

これまで世界をコントロールする一部の人間たちは、この技術を使って自分たちに都合のよい世界を創りだしてきたという。

彼らは未来を見るテクノロジーを手に入れたことで、人々を操り、誘導することが可能になったのだ。

プロジェクト・ルッキンググラスとは

プロジェクト・ルッキンググラスとは、未来を遠視する技術を使ったプロジェクトで、1900年代初頭から世界の多くの機関や団体が研究を進めてきた。

ただし、未来を見ることが出来るといっても、実際に過去や未来を行ったり来たりする「タイムトラベル」とは違う。

あくまで、自分は現代世界に留まったままで、未来で起きている出来事をのぞき見るテクノロジーなのである。

ルッキンググラスにはUFOから発見された「チェア」が使われている

ルッキンググラスには謎の装置Chair(チェア)が使われていて、この椅子型の装置に超能力者が座れば未来が見えるようになる。

このチェアは、墜落したUFOの中から発見された超能力増幅装置で、人間の能力を何倍にも増幅させる。

そもそも、人間はふだん自分の脳の10%も使っていないと言われ、その封印を解き、力を全開で使えたらとてつもないことになるだろう。

ルッキンググラスの仕組み

ルッキンググラス・テクノロジーでは水が重要な役割を果たしている。

その仕組みは、水を超伝導体として、脳内の松果体をクリスタル変換器として利用する。

そして、幻覚作用を発動させ、睡眠時に意識を別次元へ投影することで未来を見ることを可能にしている。

UFO墜落事件といえば「ロズウェル」だが

UFOの墜落事件の代名詞といえば「ロズウェル事件」だが、実はそれ以外にもUFO墜落事件は世界各地で起きている。

そして、もちろん墜落した機体だけではなく、ロストテクノロジーもしくはオーバーテクノロジーの産物も同時に回収されているのだ。

このようなテクノロジーが本当に存在するのなら、それを独占したいと考える者は世間に公表することはないし、これまでにも隠蔽されてきたテクノロジーは山ほどあるのだろう。

ディープステートの計画を破壊した「2012年問題」

1970~1980年代かけて、ディープステートは彼らの進めてきたプロジェクト・ルッキンググラスは「2012年問題」という困難に直面した。

それは、1970年代に入ってから、「2012年以降の未来」を見ようとすると、なぜか全く見ることが出来なくなってしまい、パニックに陥った。

「2012年」といえば、有名な「マヤ暦の終わりの年」であることは、彼らも知っていたから、2012年に人類が滅亡するような何かが起こるのではないかと考える者もいた。

その恐怖と焦りが、支配者層に「ジョージア・ガイドストーン」を建てさせたのではとも噂されている。

アメリカ元特殊部隊員ビル・ウッドの証言

当時、ルッキンググラス計画に関わっていた元アメリカ軍特殊部隊員のビル・ウッド氏はインタビューで次のように語っている。

2012年の終わり頃から将来に影響を与える力が弱まってくる。

彼らはルッキンググラスで未来を覗いて、次に何を選択するのか決め、その結果どんな未来が待っているのかを見ていたのだ。

また、コンピューターで、その選択により引き起こされる出来事の確率を計算して未来を選択してもいた。

しかし、時間が経過して人々が自由意志で選択し続けると、わりと未来はすぐに変わってしまうのだ。

頭のいい人たちは、やがて何か大きなことが起こることを悟っていた。

ある時点を超えると、どんな選択をしても同じ未来に到達してしまうことがわかったのだ。

どんな選択をしても、広がっていたタイムライン(世界線)が瓶の首のように1点に収束してしまい、これまでのように未来を変えることが出来なくなってしまった。

彼らにとって、それは一大事だった。

マヤカレンダー最後の日からタイムラインが収束して同じ未来へ

それが起こるのが、マヤ・カレンダー最後の日の「2012年12月21日」であり、この時点ですべてのタイムライン(世界線)が合流して、基本的に同じ歴史を繰り返す。

歴史の流れを変えることが出来なくなってしまったことに、支配者層はパニックになり、頭を抱えていた。

そしてその時、これまで勝ち続けてきた彼らのゲームが終わりを告げたことを理解したのかも知れない。

覚醒のプロセス

支配者層は、私たちを洗脳し、信じさせたいシナリオがあっても、これまでのように何が起こるのかをコントロールできなくなっていきている。

それでも、彼らは人々の反応を操作することに長けているので、ふたたび洗脳を試みるが、それが逆効果になる時がいずれやってくる。

そのようなプロセスにあえて名前をつけるなら「覚醒のプロセス」とも言えるだろう。

人びとの意識が進化することで、どんな選択や数字を方程式に当てはめてみても、結局は「人びとは真理を知る」という結果に行きつく。

そして、今まで積み上げられてきた膨大な嘘や知らなければならないこの世界の真実が山のようにあることに人々は気づくのだ。

現在ルッキンググラス装置は停止されている

ルッキンググラスの装置は1つだけではなく、世界各地に複数存在すると言われているが、現在はすべてのルッキンググラスは停止されているだろう。

それは、各々のルッキンググラスを使って、何度やり直してみても、同じ結論しか出ないからというだけでなく、どんな結論が導き出されたのかを誰にも知られたくないからだ。

彼らの世界に終わりが来る

彼らは、「未来が見えないこと」と「未来を思い通りにコントロール出来なくなってしまったこと」に真剣に頭を抱えており、その最悪の事態を回避する方法を探し求めていた。

そんな彼らを見ていて、ついに「世界の終わり」がやってくるのだと思っていた。

しかし、今では「彼ら支配者層の世界に終わりが来るのだと確信している」と語り、ビル・ウッド氏は微笑んだ。

自分たちの手で現実を創っていく時代にシフトした

2012年から起こった大変革で、人間の集合意識の構造が大きく変化したのだと言われる。

何者かの思惑どおりに動かされるのではなく、自由意志により決断し、自分たちの手で現実を創っていく世界がスタートしたということだろうか。

2012年以降の未来がルッキンググラスで見えなくなってしまったのは、人類全体が覚醒段階に入るからだという。

あとがき

人類の覚醒プロセスがはじまり、今まで人々をだまし続けてきた偽りの世界のマトリックスが破壊され、彼ら支配者層にも未来の操作が出来なくなってしまったという。

インターネットが普及したことで、昔にくらべ個人レベルでも情報が手に入りやすくなったことが人々を洗脳から解き放つ手助けになったのではとも考えられる。

支配者層の誤算は人々を覚醒にいざなう要因となったインターネットを普及させてしまったことかも知れない。

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳