日本のアニメーターの人件費が中国の3分の1とネットで話題に!

世間の話題
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

ネット上で日本のアニメ業界で働いているアニメーターの人件費が中国の3分の1と話題になっています。

  • 日本のアニメ制作会社が中国企業の下請けになる
  • 日本人なら中国人の人件費の三分の一で済む

日本のアニメーターさんの給与が安すぎるのは、昔から言われてきたことですよね。

日本のアニメスタジオが、中国企業の下請けになるケースが増えている。新聞記者の中藤玲さんは「中国の求人サイトによると、アニメーターの平均月収は杭州では3万4062元(約52万円)。一方、日本では月収17万5000円でも業界平均よりずっと高い。中国と日本の関係が逆転しつつある」という――。

出典:PRESIDENT Online「日本人なら中国人の3分の1で済む」アニメ制作で進む”日中逆転”の深刻さ 日本が中国の下請けになっている

中国では52万円もらっているアニメーターさんもいるのですね。

対して日本のアニメーターさんたちは17万5千円というブラックな香り。

そして、安く済むから日本人にやらせるとはいかがなものか。

筆者の奥さんも介護業界で働いていますが、同じ匂いがします。

人材を大事にしない業界に未来はあるのでしょうかね?

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
世間の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳