【未確認生物UMAシリーズ④】イエティ雪山の怪物

不思議な話
この記事は約2分で読めます。

未確認生物UMAシリーズ第4弾「イエティ」。

イエティは、ヒマラヤ山脈に住むという未確認生物で、その特徴は全身が毛で覆われ、直立歩行することだと言われます。

日本では、雪山に住む猿系の生き物を雪男とか言ったりしますよね。

この記事では、雪山に出現する謎の類人猿「イエティ」について簡単にまとめています。

イエティ

Yeti colorisé

イエティ image:wikipedia

名前の由来は、ネパールの少数民族シェルパ族の言葉で、岩を意味する「Yah」と動物を意味する「Teh」という言葉が元になっています。

イエティの特徴

  • 身長・・・150~165㎝
  • 色・・・赤褐色または灰褐色
  • 毛・・・短くてかたい毛に覆われている
  • 頭部・・・大きく、頭頂部は尖っている
  • 耳・・・小さい
  • 顔・・・毛がない
  • 口・・・大きい、歯も大きいが尖った牙はナシ
  • 足・・・大きい
  • 尾・・・ナシ
  • 歩行・・・二足歩行、四足歩行

言い伝えでは、イエティは風や空気のような存在で、音はしても姿かたちは見えないそうです。

もし、イエティを見てしまったら、病気になると言われています。

また、よく白い毛で覆われている猿系の動物(アボミナブル・スノーマン)と勘違いされてしまうようです。

イエティの正体

Yetiscalp

イエティのものだと称されている頭部(ネパール、クムジュンの僧院)image:wikipedia

イエティの正体については、以下のように諸説語られています。

  • ヒグマ説
  • ラングール説
  • 未知の巨大類人猿説
  • ギガントピテクス説
  • ネアンデルタール人説
  • ヒンドゥー教の修行僧の見間違え説

否定されるイエティの存在の証拠

これまで確認されてきたイエティの存在を示す証拠も否定されており、最新の研究では、イエティの正体はクマだという可能性が高まっています。

  • 足跡・・・キツネのもの
  • 頭皮・・・カモシカのもの
  • 鳴き声・・・ユキヒョウ
  • 大きな毛・糞・・・ヒグマ
  • 中くらいの毛・糞・・・カモシカ
  • 小さな毛・糞・・・アカゲザル
コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳