陰謀・考察系

不思議な話

ババ・ヴァンガの予言とその人生

かつて、脅威の的中率を誇った予言者が、ヨーロッパのブルガリアに存在した。 その名も「ババ・ヴァンガ」。 1996年に彼女はこの世を去ったが、彼女が語ったとされる予言は今もなおオカルトマニアたちを惹きつける。 この記事では、...
不思議な話

カートコバーンの死をめぐる5つの説と不審な点

1994年、アメリカのロックバンド「ニルヴァーナ」のボーカルだったカートコバーンは、わずか27歳でその生涯を閉じた。 90年代のグランジ・オルタナティブシーンを牽引した伝説的ロックスターの死は世界中のロックファンに衝撃を与えた。 ...
不思議な話

【ウォーターゲート事件】ニクソン失脚は暗殺事件の真相を隠蔽するためか?

ウォーターゲート事件は、世界でもっとも有名な政治的陰謀だ。 時の大統領リチャード・ニクソンは、陰謀の証拠を隠滅しようとしたが失敗し、アメリカではじめて辞職に追い込まれた大統領である。 今回は、世界でもっとも有名な政治スキャンダル...
不思議な話

【マルコムXを殺したのは誰だ?】真の黒幕をしめす4つの陰謀説

マルコムXは、人種差別の嵐が吹き荒れる1960年代のアメリカで黒人の権利拡大のために戦い、身を捧げた人物だ。 世界をまわり黒人至上主義を掲げ、人権侵害の壁を殴りつけ、白人社会へ牙をむいたためなのか、志半ばで凶弾に倒れた。 マルコ...
不思議な話

【日米欧三極委員会】なぜかメディアが取り上げない国際会議の謎

この世界には、あまり話題にもならず、存在理由のよくわからない組織や団体があったりする。 「日米欧三極委員会」もそんな組織の一つだ。 この組織は、日本とアメリカ、ヨーロッパ間で密接な関係を築き、グローバル化を推進し、世界のリーダー...
本の話題

【書評】「日本国の正体」を読んで忘れかけていたあの日の陰謀にふれてみる

図書館を散策中、つい目がとまり、手に取ってしまった本「日本国の正体」。 進化か退化か知らないが、ソッチ系のブログとかやっているうちに「○○の正体」みたいなタイトルに敏感に反応する体になってしまった。 この本は2009年、今から1...
不思議な話

【ハバナ症候群】CIAや米大使館職員を襲う悪魔の兵器

ハバナ症候群という謎の怪現象が発生している。 しかし、その現象の正体は判明していない。 アメリカ・カナダの外交官 CIA職員 国防総省職員 これまで、多くのアメリカ人やカナダ人の外交官などが原因不明...
不思議な話

【エコノミスト2022表紙についての考察】世界の照準は日本?

最近、2022年度版のエコノミストが発売された。 エコノミストの表紙といえば、もはや翌年の世界経済や情勢を占うもの、もしくは予言書のようなものとして捉えている人も多いのではないだろうか。 また、エコノミストの株主はロスチャイルド...
不思議な話

【モッキンバード作戦】モノマネドリを殺すには・・・

モッキンバード作戦とは、一般大衆をテレビなどのメディアを使っておこなわれて来たCIA(米国中央情報局)の洗脳プログラムである。 1950年代初頭の冷戦時、当時のCIA長官だったアレン・ダレスはマスメディアをコントロールして、戦争や特定...
不思議な話

イベント201で予告されていたコロナパンデミックのシナリオ

イベント201とは、2019年10月18日にニューヨークで開かれたコロナウイルスのパンデミックが起きることを想定したシミュレーション演習である。 このイベントは、次の団体組織により共同開催された。 ジョンズ・ホプキンス健...
不思議な話

ルーマニアで発見されたホログラフィック図書館が人類史を否定する

ホログラフィック図書館では、これまでの人類の歴史についての映像を観ることができるという。 しかも、その歴史は私たちが今まで教わってきたモノとは全く異なるものだという。 今回は、西暦2000年初頭、ルーマニアの山奥で発見された「ホ...
不思議な話

マイクロチップを人間に埋め込んで超監視社会へ突入する未来

少し前に、人と機械の融合を目指しているという「トランスヒューマニズム」という概念と「マイクロチップ」が脚光を浴びた。 そして、今回のコロナ騒動で権力者が国民を支配するためにワクチンにマイクロチップを入れているという陰謀論により、ふたた...
不思議な話

モントーク計画とアル・ビーレックの未来予言

モントーク計画とは、1970年代〜1980年代にかけてニューヨークのロングアイランドにあるモントーク空軍基地で行われた謎の超能力実験である。 また、このプロジェクトは、1943年に実施された「フィラデルフィア実験」の流れを受け継ぐもの...
不思議な話

【プロジェクト・ルッキンググラス】自由意志が彼らの未来を破壊する

ルッキンググラスとは未来を見ることができるテクノロジーである。 ルッキンググラスにまつわる噂には次のようなものがある。 ルッキンググラスは時間に関する実験 1900年代初頭から実施されているプロジェクト 過去...
不思議な話

【月は人工物なのか?】中はフワフワ外はカリッとなる6つ謎

科学者の中には月は人工物だと考える者たちも存在する。 それが事実だとすれば、これまで唱えられてきた月の起源についての学説も覆される可能性がある。 今回は、実は人工物なのではないかと噂される月の6つの謎について。 月...
不思議な話

【ワクチンを拒否した大統領や首相たち】世界は偶然で出来ている

世界的なコロナ騒動がはじまってからというもの、いろいろと不可解な事が起きている。 例えば、ワクチンを拒否する政策をおこなった国の大統領たちが、暗殺されたり、謎の急死を遂げたりするのもその1つと言えるかも知れない。 ワクチン拒否で大統...
不思議な話

【エイリアン・インタビュー】監獄惑星地球と囚われの魂

エイリアン・インタビュー。 それは、看護師マチルダ・オードネルとロズウェル事件で救出された「地球外生命体エアル」との交流の記録である。 2人の会話によれば、地球は宇宙における監獄の役目を果たしており、いにしえの時代より、宇宙文明...
不思議な話

【クライシスアクター探し】仕組まれた事件の立役者たち

クライシスアクター。 近年、この言葉はSNSのトレンドワードになるなど注目を集めている。 本来は、事件や災害を想定した防災訓練に被害者役で登場する俳優のことを指す。 しかし、このクライシスアクターは、最近では「陰謀論」とセ...
不思議な話

【ロックステップ計画書】ロックフェラー財団によるコロナ茶番劇のシナリオとは?

オランダの政治家ティエリー・ボーデ(Thierry Baudet)氏は、ロックフェラーにより書かれたコロナ茶番劇の台本(計画書)を国会で暴露し、一刻も早くワクチンによる人体実験を中止しなければならないと訴えた。 台本の名は「ロックステ...
不思議な話

【9.11アメリカ同時多発テロの陰謀②】国防総省ペンタゴン突入

前回の「9.11アメリカ同時多発テロの陰謀①ツインタワー崩壊」に続き、「9.11アメリカ同時多発テロの陰謀論②ペンタゴン突入」をお送りする。 今回は、もう一つの911テロの舞台となったアメリカ国防総省ペンタゴンについて。 アメリカン...
タイトルとURLをコピーしました