【支配と格差のシステム】下級市民が知るべき世界の真実と個人的コロナなボヤキ

日常の話題
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

お疲れ様です。

コウです。

 

今回は、さっそく愚痴を書いていきたいと思います。

よろしくどうぞ!

 

コロナウイルス対策が後手後手に回り、挙句の果てに「Stay home」。

無理やり仕事を休まされる中、倒産、解雇などで僕たちの生活は困窮していっています。

みんなの一番の関心は当面の生活費の保証ですよね。

 

僕も連日ネットで放送される国会中継にかじりついていました。

しかし、そこで行われているのは国会議員というおよそ国家の緊急事態時でも生活費に困ることもなく安全地帯にいる者たちの茶番劇であり、とても国家の一大事とは思えない歯がゆい議論でした。

 

誰かが言っていました。

「お金を刷って、撒くだけだ」

みんな言っています。

「お金を刷って撒くだけで、みんな助かる」

 

この国の政府は国の予算をなぜ、国民のために使いたがらないのか?

なぜ、国民を救おうとしないのか?

自分のお金ではないのに何をもったいぶっているのか?

なんでこの国はこうなのでしょうか?

はてなマークばかりが浮かんできます。

 

この国や世界に現在もはびこる支配や格差の構造と真実について、簡単にテキトーにこれまでの日本の歴史も絡めつつ、国会と政府の茶番劇に呆れている僕が不平不満をぶちまけます!

あと、安倍さん、1回こっきりの10万円じゃ足りないし、日本国民は救えないよ。

スポンサーリンク

徳川家康が日本を鎖国した理由

Tokugawa Ieyasu2

話は突然飛びますが、この日本の歴史の真実は僕らが学校で教わったものと違っていたりします。

日本がまだ江戸時代と呼ばれていた時代、徳川家康が鎖国をした理由は何だったのしょうか?

また、この国の一部の上級市民は昔から国民に対して優しくなかったのですね・・・。

自国民を奴隷として売り渡すキリシタン大名

昔から白人たちは日本にキリスト教を持ち込んで、いろいろやっていました。

そして、この時の日本にはキリシタン大名という連中が日本にいました。

この連中は、実は「火薬1樽と女50人」を取引する奴隷商人の手先でした。

これまで、西洋人は世界中でそういうことをやってきています。

アフリカでも銃と弾薬を持ち込んで白人たちの味方になる人間には銃と弾薬を渡す。

そして、他のものたちを支配させる。

クズは昔からクズとして存在しています。

人身売買をヤバいと思った家康は鎖国

1587年(天正15年)7月24日、豊臣秀吉は九州平定の途上で、当時のイエズス会の布教責任者であった宣教師ガスパール・コエリョを呼んで人身売買と宣教師の関わりについて詰問。即日、奴隷の売買を含む南蛮貿易の禁止とキリスト教の布教を禁じるバテレン追放令を発布した[11]。この時、各地に駐留していた外国人の日本人妻や混血児たちの中にも海外に追放され、奴隷となった者もいたとされる。

1596年(慶長元年)、長崎に着任したイエズス会司教ペドロ・マルティンス(Don Pedro Martins)はキリシタンの代表を集めて、奴隷貿易に関係するキリシタンがいれば例外なく破門すると通達している。[12]

やがて秀吉に代わって天下人となった徳川家康によって、南蛮貿易は朱印状による制限がかかった(朱印船貿易)。さらに鎖国に踏み切ったことで、外国人商人の活動を江戸幕府の監視下で厳密に制限することになった。日本人の海外渡航と外国人の入国も禁止され、日本人が奴隷として輸出されることはほぼ消滅したとされる。

(出典:ウィキペディア)

およそ50万人くらいが、このキリシタン大名たちのおかげで外国に売り渡されました。

それを恐れた徳川家康は日本から外国勢力を追い出し鎖国に突入します。

実は徳川家康が「関ヶ原の戦い」で勝利できたのは英国のエリザベス1世から手に入れた大砲や銃のおかげだと言われています。

天下統一のために武器を調達しながらも、国民を守るために外国を裏切り鎖国しました。

この家康の裏切りは日本国民を守るためでありました。

鎖国政策のおかげで、日本人の奴隷化を避けることができたわけです。

現在、コロナウイルスで国難に見舞われていますが、日本国政府、安倍政権はこの国と国民を守るために何かをしてくれているのでしょうか?

外国は日本の支配をあきらめていなかった

家康にしてやられた英国でしたが、だからといって日本の支配をあきらめたわけではありません。

時代の経過とともに、日本に付け入るスキを狙っていました。

ひょっとするとホントの「アングロサクソンミッション」はもっと昔からスタートしていたのかもしれませんね。

明治維新で日本の乗っ取り支配はスタート

Taisehokan

鎖国で何とか外国勢力の侵攻をかわしてきた日本でしたが、時が経ちやってきたのが明治維新です。

明治維新から日本が西洋に乗っ取られはじめました。

日本人が日本という名前を認識したのもこの頃でしょうか。

今では幕末の英雄と称えれている坂本龍馬や伊藤博文。

外国勢力の手先になり日本を売り渡した売国奴たちが英雄や名士と呼ばれ、この国の総理大臣になったりしています。

それが、この国の正体です。

外国の言いなりになり、売国奴が英雄になる。

その頃から何も変わらず、このおかしな状態は今でも続いています。

すべての支配の根っこにあるものは「お金」

「この支配というものの根っこにあるものが何なのか?」という事を考えた時、そこに見えてくるのはマネー、お金です。

お金の仕組みをしらなかった私達

私達は数年前までお金の仕組みというものについて、わかっていませんでした。

インターネットの普及と発達により、最近ではお金の仕組みに関してもYouTubeなどの動画サイトで簡単に知る事ができるようになりました。

お金が発生する仕組みは詐欺そのものである

それまで、僕たちが学校で習うお金の知識といえば、おおざっぱに大蔵省造幣局や現在では独立行政法人印刷局という名称ですが、そこでお金を作っているというウソでした。

造幣局はだだの印刷工場であり、通貨を刷る権利である「通貨発行権」を持つのは日本銀行です。

そして、お金の実態とは実際には通帳に書かれているただの数字です。

お札や硬貨の価値は実際の価値の20分の1以下と言われています。

信用創造という人類の歴史上最大の詐欺システム

信用創造とは、銀行は集めた預金を元手に貸出しを行っているのではなく、銀行が貸出しの際、借り手の預金口座に貸出金相当額を入金記帳することで、銀行保有のベースマネーといった原資を事前に必要とせずに、何もないところから新たに預金通貨を生み出すことである[5]。この預金通貨は借り手が返済すると消滅する[6][7][8][9]

(出典:ウィキペディア)

現在、お金は信用創造という仕組みで作られています。

この信用創造を簡単に説明すると、日本銀行が民間銀行に対して「あなたの銀行は今年は100億円作っていいよ」と言います。

すると、銀行員のお姉さんはありがとうございます。といって指先からお金を発生させます。

誰かが銀行にお金を借りにくる。

すると、返す時は利息をつけて返してねと言って、通帳に数字を書きます。

これを、万年筆マネーと言います。

今風に言えばキーボードマネーかな。

たったこれだけです。

これがお金の発生なのです。

後日、借りた人が銀行に返すとお金は消滅します。

これは、トリックであり、お金を発生させる仕組み自体が詐欺なのです。

銀行はもともと持っていないモノを貸して利息を取っています。

何度も言いますがこれは詐欺です。

お金のすべてが詐欺によって作られています。

ひと昔前は銀行員ですらこのことを知らなかった

最近はこの真実に気づいている人も増えていると思います。

しかし、ひと昔前の銀行員ですらこのことを知らなかったと言われています。

今から数年前、ある著名人の方が銀行の取締役をしている人に、このお金の発生する仕組みについてどれくらいの人が知っているのかを聞いたそうです。

すると銀行の経営サイドにいる上層部の人間同士でもこの話はしないそうです。

あるいは、タブーなので知らないフリをしているということでしょうか。

この仕組みは詐欺なので、お金を取り扱うのが仕事である銀行と言えども、この犯罪行為について大っぴらに話をすることは出来ないという事です。

まさに触れてはならない世界の不都合な真実であり、アンタッチャブルです。

世界をコントロールしているのは国際決済銀行

BIZ Basel 002

日本や世界中のお金の総量、発行量についての指図をしているのは国際決済銀行というやつです。

つまり、世界中のお金の状況や日本の値段を決めているのは民間銀行である決済銀行なんです。

そこの指示どうりに日本銀行は動きます。

この日本という国が繁栄する繁栄しない、景気が良い悪いなどをコントロールしているのはすべて決済銀行です。

現在この仕組みを政治家で知っている人は増えてきていますが、数年前まではごく少数だったと思われます。

未だに知らない政治家もいることでしょう。

政治家の目的は選挙に当選することであり国民のことは見ていない

政治家は選挙に立候補した時は、「景気を良くします」とか言っていますが、お金がどうやって作られているのか知らない人間だらけです。

一部にはホントに国民のため、国を救うために政治家を目指す愛国心のある人もいるかもしれませんが、残念ながらごく少数でしょう。

また、財務省からデタラメな経済の知識やお金のレクチャーを受け、自分で勉強したり調べたりせず、ただ言われた事を鵜呑みにしている人も多いと思います。

つまり、洗脳されていますが、思考停止しているため自分が洗脳されていることに気づいていません。

ほとんどの政治家の言っていることは全部ウソであり、ただ選挙に当選して政治家になり甘い汁を吸うために、綺麗ごとや皆さんの喜びそうなことを言っているだけです。

そして、いざ当選したら私たち国民の声などまともに聞こうとしません。

それは政府や日本政府の対応を見れば明らかでしょう。

政治家のほとんどは世襲議員であり経済的に困ったことがない

政治家のほとんどは生まれた時から裕福な家庭で育ったボンボンでありお坊ちゃまの皆さんなので、一般市民の生活というものが想像できません。

だから、現在のコロナウイルス危機で労働活動を取り上げられ、収入源の無くなった国民を救うために多めにお金を刷って撒くということすら出来ません。

お金を刷って撒いたらすぐにインフレが起きてデフォルト、つまり日本が経済破綻すると本気で思い込んでいます。

日本以上の緊縮財政であるドイツでさえお金を刷って撒いている

これに対して世界各国の対応を見てみると、日本以上の緊縮財政(ドケチ国家)で有名なドイツでさえも積極的に財政出動して国債を刷り、国民に生活費を支給しています。

日本政府は何を考えているのでしょうか?

国民を殺しにきている?

国が国民を救うためにお金を刷って撒けば、国民の命は助かりますが、それをやってしまうと一般国民(下級市民)が死なない。

陰謀論で考えたくありませんが、日本政府が世界の支配者層から人口削減するように命令、指示されているならば、まず下級市民がターゲットになるでしょう。

人口を間引く事が目的ならば、政府としてはお金を刷って撒くことで、下級市民の命を救いたくないですよね。

この緊急事態においての日本政府のフットワークの悪さを見ていると、わざとやってるんではないかと良からぬ想像をしてしまいます。

お金による世界支配はとっくに終わっている

この世界はお金を価値のベースにして動いています。

つまり、お金の仕組みを作って世界に広まった段階で、すでにお金による世界支配は終わっていると言えます。

このトリック、詐欺によって発生させたニセモノのお金はマネーロンダリングで有名なスイスの銀行やタックスヘイブン(節税対策)で有名なケイマン諸島のあたりに隠し預金することも可能です。

つまり、表も裏も社会のすべてをコントロールしている存在というものがいます。

これは陰謀論でもなんでもなく、この世界の真実であり現実です。

 

生まれて育っていく中で、疑問に思いませんでしたか?

お金ってなんだ?

なんでこんな紙切れでモノやサービスが買えるのか?

僕はずーっと不思議でしたし、今でも不思議でしょうがないです。

 

これまで、金本位制、つまり金(きん)を基軸通貨にしようとした国々はみんな滅ぼされました。

お金を刷る権利を民間である中央銀行から取り上げて国家に持たせようとした元アメリカ大統領のジョン・F・ケネディは殺されました。

国家というものはこのお金という詐欺を隠すための隠れ蓑である

国家というものは、このお金の支配という詐欺を隠すための隠れ蓑(カモフラージュ)です。

これは陰謀論でもなく真実です。

僕らの錯覚を強化するために、世界中で戦争を起こしたり、経済競争とか国同士の争いを演出してみたり、いろんな事を企画しているわけです。

つまり、闇の政府や組織、ディープステートとかイルミナティの皆さんって世界規模で活躍するイベント屋さんなんですよ。(笑)

戦争はすべてインチキであり、出来レースであり最初から筋書の決まっているプロレスです。

これまで、国民の意思で始まる戦争なんかは無かったわけです。

戦争はある日、突然はじまったりする。

闇の勢力と言われる彼らは争いや戦争を作ります。

戦争もお金もうけの道具です。

日本が独立国だと思っている人がまだいるようですが、そんなのは幻想です。

ただ、これまで僕らにはバレないように、見えないようにされていただけのことです。

僕らのお金は、消しゴムで簡単に消されます。

また、中には組織に貢献する人間は無限大のお金を所有することもできます。

これが世界の本質であり、この世界の物事の核心です。

お金は宗教

お金は宗教です。

お金はお札(おさつ)と書きますが「おふだ」とも読めます。

これは、本質を表していると言っても良いかもしれません。

お金という宗教にも、そのお金という教えを信じている信者にとっての教祖様がどこかにいます。

誰なのかは、ハッキリとはわかりませんが、必ず単一の意思が動いています。

そうしないと、この世界を動かすための統制が取れません。

モノが買えるというだけでなく、お金のために戦争を起こしたり、人の命を奪ったり、騙したりといった、世の中はお金により完全に統制が取れています。

そして、彼(教祖?)の意思に従わなければ瞬時に殺されるくらいの存在があります。

支配層に搾取されていると認識すればタバコはやめられる?

タバコをやめたら体に起きる変化と搾取されないという考え方
お疲れ様です! コウです。 私事ですが、禁煙をはじめて4日目です。 まあ、かれこれ15年以上喫煙してきたのですが、そろそろ潮時だと思い禁煙というか卒煙ですね。 自分はお酒は飲まなくても全然平気なのですが、タバコはニコチン中毒なの...

まとめ

まあ、日本政府や現政権の不平不満を言いつつ、結局何が言いたかったかと言うと、僕らの信じている常識はホントに常識なのかって事です。

テレビやマスコミなどで流されている情報には、それを流す連中の意図が含まれています。

テレビ、マスコミなどのメディアでさえ僕らを洗脳するための道具であり、そこにお金を払ってコントロールしているのは支配者層です。

まず、仮説を立て、自分で調べる、自分の頭で考えるということをクセにする事。

何かを無理やり信じ込む必要はありません。

調べた結果、その仮説が違っているなら、それはそれで良いのです。

大事なのは、自分の中で気になったり引っかかった情報はスルーせず、一旦立ち止まり、自分で調べ、自分の頭で考えるということ。

僕ら持たざる者が、これからの時代を戦っていくには、生き残るには情報の見極めが大切になってきます。

大事な事なのでもう1回言っときますが、安倍さん、1回こっきりの10万円じゃ足りないし、日本国民は救えないよ。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
日常の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳