【ヒトラーの都市伝説】独裁者を操っていた組織は存在したのか?

不思議な話
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

ナチスのアドルフ・ヒトラーは人類史上もっとも残虐非道な権力者とされる。

600万人のユダヤ人が収容所で虐殺され、その数は世界中にいるユダヤ人の3分の2だった。

それだけにとどまらず、以下のような多くのヨーロッパ人が犠牲になったことも忘れてはならない。

  • ジプシー
  • セブンスデー・アドヴェンティスト教徒(キリスト教プロテスタント会派)
  • エホバの証人
  • 社会主義者

そもそも、ヒトラーの目的はヨーロッパをその手中に収めることではなかったのではという話も存在する。

ただ、彼の崇拝する魔王の要求を満たすために、大量殺戮や破壊をおこなったのではないかと。

この記事では、「ヒトラーを背後から操っていたのでは」と噂される4つの組織についてご紹介する。

  • 死の同盟団「スカル・アンド・ボーンズ」
  • トゥーレ教会
  • バイエルンのイルミナティ
  • シオン賢者
スポンサーリンク

死の同盟団「スカル・アンド・ボーンズ」

Bones logo

スカル・アンド・ボーンズのエンブレム image:wikipedia

スカルアンドボーンズは、アメリカのイエール大学で設立された秘密結社。

表向きには構成員同士が協力しあい、アメリカで経済的、社会的に成功することを目的としている。

組織のロゴは、海賊をイメージさせる髑髏(頭蓋骨)とバッテンにクロスした2本の骨でデザインされている。

構成員はボーンズマンと呼ばれ、以下のようにさまざまな組織内に存在している。

  • 歴代CIA長官
  • 金融や石油産業の中枢
  • 国防総省
  • 国務省

かつての構成員としえ有名な者には、次のような人物たちがいる。

  • ジョン・ケリー:2004年アメリカ大統領選挙候補者
  • ジョージ・W・ブッシュ:第43代アメリカ大統領
  • ジョージ・H・W・ブッシュ:第41代アメリカ大統領
  • プレスコット・ブッシュ:ジョージ・W・ブッシュの祖父

ジョージ・W・ブッシュの祖父プレスコット・ブッシュは、ハリマン家のローランド・ハリマンと関わりがあり、銀行家として成功した2人はユニオン銀行の頭取と社長となる。

その後、ヒトラーに資金援助をおこなっていたドイツの鉄鋼王こと「フリッツ・ティッセン」とも深い関わりをもった。

トゥーレ協会

Broken crossed circle

トゥーレ協会のエンブレム image:wikipedia

スカル・アンド・ボーンズのドイツ支部とも言えるのが、トゥーレ教会である。

トゥーレ教会は1918年ミュンヘンで結成された秘密結社。

アトランティスの伝説とも共通点が多い伝説の地「トゥーレ」からその名がとられている。

トゥーレはアーリア人の故郷だと考えられているようだ。

ヒトラーとトウーレ協会

公式にはヒトラーはトウーレ教会の施設を訪ねたことはあっても入会してはいないというのが定説になっている。

しかし、彼が実は会員であったとする噂も存在するのだ。

当時、協会のリーダーを務めていたのは「ディードリッヒ・エックハルト」。

第一次世界大戦で敗れたばかりのドイツは崩壊寸前であり、1919年に協会に入会したヒトラーは、エックハルトを反キリストだと信じ、さらなる大戦を引き起こし必要な殺戮を実行するリーダーに選ばれた。

トゥーレ協会と悪魔

スカルアンドボーンズおよび、トゥーレ協会は古代の悪魔と契約することが可能だと信じている。

魔王の命令に従えば、偉大な力を手に入れ、地球を支配することができると。

また、性的倒錯や性行為を通して、黒魔術の修行をおこなえば、呪術や儀式の力は増大し悪の力により道が開けるのだとも。

トゥーレ協会がナチスに力を与えたのか

トゥーレ協会は悪の力を利用してドイツ人の意識を操作し、ナチスに力を与えた。

ナチスは人間の憎悪や恐怖、欲望という心理を悪用し、善良な市民の心に悪を植え付けた。

トゥーレ協会はヒトラーが台頭するような政治的な風潮を生みだした。

ヒトラーが権力を握ると、いとも簡単に世界大戦を誘発し、死の収容所は人間の意識を変えてしまうほどの信じがたい巨大な魔力を生み出すための生贄の箱となった。

エックハルトの最後の仕事

トゥーレ協会のリーダー、エックハルトの行った最後の仕事は、ヒトラーを性的不能にすることだった。

彼は、非常に暴力的な黒魔術の儀式をおこなった。

それ以来、ヒトラーは暴力的な性的満足を求めるようになり、20世紀最大のモンスターが生まれたのだ。

バイエルンのイルミナティ

Emblem of Bavarian Illuminati

イルミナティのエンブレム「ミネルヴァのフクロウ」 image:wikipedia

バイエルンのイルミナティ。

この歴史あるドイツの秘密結社は、マフィアやテンプル騎士団を支配している言われるが、この組織もヒトラーやナチスと関わりがあったのではと考える者もいるようだ。

イルミナティは戦前のドイツに存在した多くのオカルト結社の裏に存在し、直接的にでは無いにせよ、ヒトラーを陰で操っていた黒幕だったのかもしれない。

ヒトラーの部下であったハインリヒ・ヒムラーは、イルミナティと関わりの深い複数の秘密結社と通じていたとされる。

シオン賢者

1905 Velikoe v malom - Serge Nilus - Title page - Facsimile - 1920

ロシア語版テキストの表紙。セルゲイ・ニルス著『卑小なるもののうちの偉大』(1920年)に収録されたロシア語版(1905年)の再版。 image:wikipedia

シオン賢者は、ユダヤ人長老により組織されたグループとされる。

そのシオン賢者(ユダヤ人指導者)の話し合いをまとめたとされる議事録がかの有名な偽書「シオンの議定書」である。

そこにはユダヤ人が世界を征服するための計画が記されているというが、近年では反ユダヤ主義者がユダヤ人を悪者として世界中に喧伝するために意図的に作ったものだとされる。

ヒトラーはユダヤ人大量虐殺を正当化するため、この「シオンの議定書」を偽書だと分かったうえで利用したのではないかと考えられている。

エックハルトの遺言

Dietrich Eckart

ディードリッヒ・エックハルト image:wikipedia

トゥーレ協会のリーダーだったディードリッヒ・エックハルトは、死の直前に次のような言葉を残している。

「ヒトラーに従え、さすればヒトラーは踊る」
「だが、これまでヒトラーに指示を出してきたのは私だ」
「私がヒトラーを導き、その目を開かせ、権力者と対話する方法を教えたのだ」

ヒトラーは生前、彼に未来を見せようとする「あいつ」の存在に怯えていた。

「あいつ」とは、堕天使ルシファーのことだと噂する者もいる。

もしかすると、ヒトラーと「あいつ」とを引き合わせた人物は「エックハルト」だったのかもしれない。

関連記事

関連商品



コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました