アングロサクソン・ミッションは陰謀論なのか?人口削減を急ぐ理由

不思議な話
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの世界的パンデミックにより、過去の陰謀論に再び注目が集まっている。

その名も「アングロサクソンミッション」

2010年に公開された動画の中で語られる「人口削減計画」は果たして真実なのか、人騒がせな陰謀論なのか?

彼ら支配層が人口削減の計画を急いでいる理由について考えてみた。

スポンサーリンク

アングロサクソンミッションの動画

アングロサクソンミッションとは、2010年にYouTubeに投稿された動画の中に出てくる人口削減についての計画

具体的には「イルミナティ地球支配計画の直接の目撃者による証言」に関する動画で、ある会議に出席した証言者がビル・ライアン氏に語った話をもとに動画が作成されている。

動画の撮影日は2010年2月16日。

ビル・ライアン氏

ビル・ライアン氏は、動画の中でアングロサクソンミッションについて解説している人物。

彼は、Project Avalon(プロジェクト・アバロン)Project camelot(プロジェクト・キャメロット)というグループに参加していた。

しかし、現在ホームページを確認してみるとプロジェクト・アバロンは2011年で活動が止まっているようだ。

証言者はイギリス人で元英国軍人

たまたま謎の会議に出席してしまった証言者はイギリス人で元英国軍人だった人物。匿名でインタビューに答えることを了承してくれた。

この人物が他の証言者と違うところはインタビューの内容を文書化することに同意してくれたことだ。

この証言者は長年英国軍に勤務し、退役後はシティ・オブ・ロンドンでとても高い地位についていた。

シティ・オブ・ロンドンとは

この証言の中に登場する「シティ・オブ・ロンドン」とは、ロンドンの中心にある経済独立地区でまるでバチカンのようだと言う人もいる。

この町は非常に古く、ロンドンだけでなく世界の経済システムの中心地とも言われている。

多くの研究者はシティ・オブ・ロンドンの人々が「連邦準備銀行(FRB)や国際決済銀行などを掌握し、アメリカの経済システムを支配しているのではないか」と考えている。

イルミナティ13血族を牛耳る貴族たち
上級国民や下級国民、そして影で暗躍する支配者層。 支配者層について語るとき、陰謀論的にはイルミナティやフリーメーソン、ロスチャイルド、ロックフェラーなどの呼び名が登場する。 それが何なのかと問われれば、個人的にはそれらを一括りに...

証言者は普段から上級メーソンと多くの会議に同席していた

アングロサクソンミッションの情報源であるこの人物は普段からフリーメーソンの上級メンバーと多くの会議に出席していた。

しかし、出席したほとんどの会議はどこにでもある普通の経済会議だったという。

2005年6月に出席した会議は普段と違うものだった

2005年6月、またいつもの経済会議だろうとタカをくくって参加した会議がいつもと違うことに気づいたのは会議室に入った時だった。

「そこでいったい何がおこなわれているのか理解できず、自分は本来そこにいるべき人間でもなく、手違いで出席したのだ」と彼は語った。

場違いだと感じながらも観察するように、そこで起こっている事をただただ聞いていたという。

会議の参加者はフリーメーソンの上級メンバー

その会議の出席者はフリーメーソンの中でも階級が高いとされる上級メンバー達だった。

上級メーソンメンバーは25人から30人いて、中には一般人が名前を聞いただけで分かるような地位の高い政治家もいた。

インタビューをしたライアン氏も、このメンバーについては詳しく知らなかったが、警察本部長や教会や軍の幹部なども参加していたという。

影の政府について

影の政府(かげのせいふ、英語:Shadow Government)とは、実際の政治権力は議会ではなく、民主主義制度の目の届かない裏で権力を行使する個人にあるという考えに基づいた陰謀論の一つである。この考えによると、公式に選出された政府は、真の行政権を持つ影の政府に従属している。

(出典:ウィキペディア)

生前ジョンレノンが世界を支配している人々について語っている動画がある。

都市伝説や陰謀論では、権力者や社会的地位の高い人物などで構成されている組織を「陰の組織」「ディープステート」などと呼んでいる。

陰の組織を構成するのは次のような組織だと言われている。

  • 中央銀行
  • 情報機関
  • シンクタンク
  • 組織的ユダヤ民族
  • バチカン
  • 秘密結社
  • イエズス会
  • グローバル・エリート
シオンの議定書は偽書なのか?世界征服計画書24項目の内容と考察
世界征服の陰謀論を語るうえで、無視することができない書物がある。 その書物は、ユダヤ人が世界を支配するために書かれたものだと言われている。 このウソかホントかわからない謎の計画書「シオンの議定書」についてご紹介する。 シオンの...

アングロサクソンミッションの内容とは

その会議ではアングロサクソンミッションの計画の進み具合について話し合っていた。

具体的には次の5つの計画の問題点についてだ。

  1. イスラエルのイラン攻撃について
  2. 中国経済に日本が介入
  3. 世界金融崩壊
  4. 各国の警察・警備会社の権限を高める
  5. ウイルスがばら撒かれ「中国が風邪をひく」

2005年6月の時点で、彼らが心配していたのは計画されたシナリオがスケジュールどおりに進んでないのは何故なのかということだった。

それが彼らにとっての論点で、その話題が証言者の興味を引いた。今までこんなにぶっ飛んだ、刺激的な内容の会議に出席したことがなかったからだ。

彼らのシナリオはドミノ倒しのように順序だてて計画されていた。それは実行される順番に大きな意味があった。

①イスラエルのイラン攻撃について

最初の問題点はイスラエルによるイラン攻撃についてだった。つまり「イスラエルがイランに攻撃することをためらっている」ことを懸念しているようだった。

過去2年間のニュースを調べれば、国家がメディアを使ってプロパガンダを打ち、軍事行動をとることにさも「正当性」があるかのように報道し世論を誘導していることが分かるという。

つまり、「イランは攻撃されても仕方がないような悪い奴らだ」という風にメディアを使って一般市民を洗脳しているということだ。

404 NOT FOUND | コウの雑記帳

イスラエルのイラン攻撃の可能性が高まる

2010年にアングロサクションミッションについての動画が投稿されてから、イスラエルとイランの間では本格的な戦争は起きていなかった。だが、2020年からはイスラエルのイラン攻撃の可能性が高まっているとも言える。

2019年の年末あたりから、イランとイスラエル(アメリカ)は報復合戦の様相を呈しているのだ。

また、時期的に新型コロナウイルスが発生した時期と被っているためアングロサクソンミッションで語られている計画との関連性も考えられる。

  • 2019年12月27日 イランがイラク軍基地を攻撃
  • 2019年12月29日 アメリカ軍がイランから支援を受けているイラクのシーア派を空爆
  • 2019年12月31日 イランによるイラクの首都バグダッドのアメリカ大使館襲撃事件発生
  • 2020年1月3日 アメリカ軍はソレイマニ司令官を殺害
  • 2020年1月8日 イランはイラク国内のアメリカ軍基地を弾道ミサイルで攻撃

②中国の経済に日本が介入する

2つ目の話題は「日本が中国に対してやるべき事をやっていない」ということだった。

当初は日本が介入し、「中国が軍事的にも経済的にも大きくなるのを抑え込む」という計画があったらしい。

しかし、中国の成長スピードは想像以上に速く、もはや日本の手におえる存在ではなくなってしまった。

③金融崩壊について

2005年の会議の中で語られていた「金融崩壊」については、私たちは2008年10月に起きたリーマンショックを実際に目の当たりにしている。

これに関しては彼らの計画どおりだったのだろうか。

④各国の警察・警備会社の権限を高める

この会議の中では欧米諸国の「警察や民間警備会社の権限を高める」ための話し合いもあったという。

これは、今後、頻繁に起きると懸念されている「民衆の暴動や反対運動」に対して、警察や民間警備会社の権限を高めて抑え込むための準備だという。

そして、警察や警備会社に今以上の権限を与えることは「警察国家」の誕生を推進させるようで非常に危うい。

FEMA(フィーマ)

アメリカにはFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)という組織が存在する。

これは、「大災害時に対応する政府機関」と言われているが、国内での暴動や反乱などが起きたときには「鎮圧部隊」「強制収容施設」として機能するのではと言われている。

このFEMAは日本国内での設立も検討されていて、日本版FEMA(強制収容所)は福島の更地(福島ガーディアンシティ)に作られるのではという噂まで出ている。

⑤ウイルスばら撒きにより「中国が風邪をひく」

この会議の最後の話題は中国でインフルエンザのようなウイルスがばら撒かれて「中国が風邪をひく」というものだった。

これが今回の新型コロナウイルスの事なのかは定かではない。

しかし、アングロサクソンミッションの計画ではウイルスの世界的流行(パンデミック)によりパニックになった国々が厳戒態勢を取り、それが第三次世界大戦の合図だと言われていたという。

【ビル・ゲイツとワクチン陰謀論】絡んだ糸は無理に解こうとしても解けない

アングロサクソン・ミッションの目的

アングロサクソンミッションの目的、それはズバリ人口削減。ライアン氏が証言者に聞いたところ、世界人口の50%を削減することが目的だと答えた。

現在の世界人口は2022年11月には「80億人」に到達する見込みで、その50%は40億人。

しかし、この会議が行われた2005年の世界人口を見てみると「64億人」でその半分は32億人だった。

ジョージア・ガイドストーンは人口削減計画か?その意味深な内容について
アメリカのジョージア州には人口削減について書かれているとされる「ジョージア・ガイドストーン」という石碑がある。 1980年代に突如現れた石碑は誰が何の目的で建てたのか、いまだに分かってない。 この記事では、衝撃的な内容が刻まれて...

彼らは何に怯えているのか?

「彼ら支配者層の人間たちは大規模な『地球物理学的事件』が起きると信じている」と証言者はいう。

この言葉から推察すると次のようなものが思い当たる。

  • 天変地異
  • ポールシフト
  • 氷河期
  • 隕石衝突

つまり、将来的に地球の環境が変わってしまうような出来事に怯えているのだ。

世界中にある地下施設

世界中には用途が不明な「地下施設」が莫大な予算を投じて作られている。

たとえば、デンバー国際空港にあるとされる地下施設もそうだ。

【デンバー国際空港の都市伝説】不気味な壁画とオブジェの謎
デンバー国際空港は、やばい。 この空港内には不可思議な謎がいくつもあるのに奴らはまったくもって隠す気がないのだ。フリーメーソンやイルミナティとの関わりが深いこの空港はこれまで都市伝説・陰謀論マニアを虜にしてきた。 今回はデンバー...
【デンバー国際空港と新世界秩序】支配の地に眠る先住民族の魂
デンバー国際空港がフリーメイソンのイメージで埋め尽くされていることは、もはや疑いようのない事実だ。 一部の研究者たちは、この空港の謎を解くカギはフリーメイソンにあると信じている。 以前、「デンバー国際空港の都市伝説」という記事を...

世界中の植物の種子を集めている保管施設

世界中の植物や農作物の種子もかき集められ、ノルウェー北部の花崗岩でできた地下貯蔵庫に厳重に保管されているという。

まるで、これらの種子が地上から無くなることを知っているかのような予防措置である。

ちなみに、花崗岩はジョージアガイドストーンにも使われており、衝撃に強い石材だとされる。

アレクサンドリア図書館に秘蔵の書物があった

1万5千年ごとに繰り返される地球物理学的事件があり、イルミナティの内部情報として伝わっているようである。それについて書かれている書物は古代アトランティス文明に関する情報で2~3千年前に焼け落ちたアレクサンドリア図書館にあったとされている。

現在では、その書物のほとんどが復元されてバチカン図書館に保管されているという噂もある。もちろん、この情報は公になっていないので内部関係者だけがアクセスできる情報だという。

ライアン氏は「このような事を本気で信じ、自分たちの目的を達成するために行動している人々がいる」ということを知ることが重要だと語る。

新しき日の夜明け

彼らは破壊と再生後の1つになった世界を「新しき日の夜明け」と呼んでいた。

この「新しき日の夜明け」は陰謀論で語られる新世界秩序(ニューワールドオーダー)世界統一政府(ワンワールド)と同じ意味なのだろう。

これら人類と地球の危機的な出来事をきっかけにして、アングロサクソン(白人)主導によるニューワールドを再生することが目的だと思われる。

【プロジェクト・ブルービーム】ホログラムを利用した人類奴隷化計画
突然、空にイエスキリストや仏陀が現れ、あなただけに語りかけてきたら。 無神論者のあなたでも神を信じるのか? 現在、世界各地で説明のつかない不思議なモノが空に現れる現象が起きている。 このような現象は、都市伝説・陰謀論界隈で...

アングロサクソン・ミッションについての考察

ライアン氏のYouTube動画の中に出てくる「人口削減計画」について気になった点は次の5つ。

これについて考察していく。

  1. 地上に住めなくなる
  2. 地下施設に避難する
  3. 作物の種は地下に持っていく
  4. 全人口の避難は不可能
  5. 人口削減はスムーズな避難のため

①地上に住めなくなる

支配者層の人たちが人口削減計画を急いでいる理由には、近い将来、天変地異や氷河期などで急激に環境が変化して地上に人が住めなくなることが関係しているのだろうか。

②地下施設に避難する

その結果、どのくらいの期間かは分からないが、人類は地下施設での生活を余儀なくされる。

③作物の種は地下に持っていく

長期間、地下で生活することになっても、作物を育てる環境を整備していそうなので、集めた種子は地下に持っていく可能性がある。

④全人口の避難は不可能

地下施設を世界中に作っているとはいえ、80億人の人口はどうやっても収容することは不可能だと考えられる。

だから、できれば地下施設に入り切れる人数まで人口を減らしたい。

⑤人口削減はスムーズな避難のため

とうとうその日がやってきて、地下に避難するとなったとき、地上に置いていく人間、つまり人間選別にあぶれた者たちに情報がバレて邪魔される可能性を懸念している。

なにごともなく平和的にすみやかに地下への避難を実行するための人口削減計画なのだろう。

あとがき

一万5千年ごとに文明はリセットされている。

古代の図書館の焼け跡から出てきた古文書から事実を知った支配者層の面々は戦戦恐恐とする。

この地上には、これまでいくつもの文明が生まれてきたが、例外なくこの周期でリセットされてきた。

私たちの文明は、神がつくった破壊と創造のプログラムにあらがおうと必死にもがいているようだ。

関連記事

【支配と格差のシステム】下級国民が知るべき世界の真実と個人的コロナなボヤキ
コロナ対策が後手後手に回り、挙句の果てに「Stay home」。 無理やり仕事を休まされる中、倒産、解雇などで僕たちの生活は困窮していく。 みんなの一番の関心は当面の生活費の保証だ。 連日ネットで放送される国会中継にかじり...
コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました