エリック・クラプトンはワクチンパスポートを要求する会場では演奏しない

世間の話題
この記事は約2分で読めます。

英国のロックギタリスト、エリック・クラプトンが入場にワクチン・パスポートの提示が必要な場所での演奏はしないことを発表した。

今回のクラプトンの声明は、7月19日にイギリスのボリス・ジョンソン首相が「ライブ会場への入場にはワクチンパスポートが必要」と発表したことを受けてのもだ。

この語におよんでログを残すことにする。

クラプトンの弁

クラプトンは声明で以下のように語っている。

首相の発表を聞き、自分も意見を発表しなければと考えた。私は差別された観客がいるステージでは、演奏しないことに決めました。
全ての人々が参加できるように配慮されないのなら、私はステージをキャンセルします。

クラプトンはワクチンについて懐疑的であり、パンデミックに関する政府の対応に疑問を呈している。

彼自身もワクチンを接種した直後は短期間ではあるが、身体に出た副反応に悩まされていた。

あとがき

ワクチン接種はあくまで個人の意思でするものであり、打つか打たないかは自由である。

ワクチンパスポートにより個人の行動を制限することは、ワクチン接種を強要している事と何が違うのか。

そしてなによりもね、ワクチンを接種しない者たちへの差別的な空気を政府が率先して作り出してやしないかと思う今日このごろなのである。

参考:Rolling Stone Japan

関連記事

エリック・クラプトンもワクチン副反応に苦しんでいた
...
コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳