【9.11アメリカ同時多発テロの都市伝説】予言でテロは止まらない

不思議な話
この記事は約5分で読めます。

「9.11アメリカ同時多発テロ」とは、2001年9月11日に起きたテロリストのアルカイダにより仕掛けられたとするアメリカ合衆国へのテロ攻撃である。

このテロの被害は以下のようになっていて、アメリカ史上最悪のテロ事件とされる。

  • 死亡者:2,977人
  • 負傷者:25,000人以上
  • 損害額:100億ドル
  • 消防士等の犠牲者:400人以上

この9.11アメリカ同時多発テロ事件にも、数々の都市伝説や陰謀論が存在するが、今回は都市伝説について見ていこう。

9.11アメリカ同時多発テロの都市伝説

9.11アメリカ同時多発テロには、「ユダヤ人陰謀説」から「テロの予言」といった都市伝説が存在する。

4000人欠勤説

「4000人欠勤説」とは、事件の当日、ワールドトレードセンターの敷地内で働いていた4000人のユダヤ人が何故か全員仕事を休んでいたという都市伝説である。

また、エジプトの週刊誌「アルオスボウア」は、ハイジャックされた飛行機に乗るはずだったユダヤ人101人が出発の直前に予約をキャンセルしていたと話題にしたが情報源は不明だ。

この2つの噂は、世界を牛耳るユダヤ人にはテロ事件の情報が事前に知らされていたのではという「ユダヤ人陰謀説」に起因しているとみられる。

ノストラダムスが「9.11テロ」を予言

ノストラダムスの予言の中に「9.11テロ」の予言が書かれていたとする説もある。

ノストラダムスの予言は、たくさんの詩篇で構成されているが、9.11テロをどの詩篇と結びつけるかは論者によって様々である。

当時、インターネット上では捏造された詩篇がいくつか出回っていたという。

トム・クランシーの小説が9.11を予言

小説や映画にも9.11テロやアフガン・イラク戦争を予言している作品があるとされる。

アメリカの作家トム・クランシーの「日米開戦」、「合衆国崩壊」では「ハイジャックされた旅客機が自爆テロに使われる」という設定が9.11テロと酷似していたため、事件の直後からマスコミに取り上げられていた。

ティモシー・マクベイの予言

Aa McVeigh sketch and pic

FBI sketch of Timothy McVeigh image:wikipedia

「オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件」の主犯ティモシー・マクベイが9.11を予言していたという説もある。

爆破事件の主犯ティモシー・マクベイは、死刑執行前に「近いうちにアメリカ合衆国は災いに見舞われるだろう」と言い残し処刑された。

マクベイが処刑されたのは2001年6月11日だったが、それから丁度3ヶ月後の9月11日にテロが発生した。

一部の関係者からは、

  • マクベイはテロを予言していた
  • テロはマクベイの祟り

と騒がれた。

その理由は、「6月11日」と「9月11日」という日付に関するもので、アラビア数字の「6」をひっくり返すと「9」になるというオカルティックな説も聞かれた。

Q33NYの予言

Wingdingsで表示した「Q33NY」 image:wikipedia

ワールドトレードセンターの住所は「ニューヨーク・クイーンズ通り33番地」だが、その略記「Q33NY」をウィンドウズの「Wingdings」というフォントで絵文字化すると、下記のような絵文字が現れる。

  • Q:飛行機
  • 3:ビルのような絵
  • N:ガイコツと骨
  • Y:ユダヤの象徴ダビデの星(六芒星)

飛行機と2つのビル、ドクロ、ダビデの星が並び、まるで9.11を暗示しているようだと囁かれている。

事件当時、この噂はチェーンメールなどからインターネット上へ拡散された。

イルミナティカードの予言

1982年に発売されたイルミナティカードが9.11を予言し的中させたとする説。

ワールドトレードセンターやペンタゴンへの攻撃がデザインされている。

アメリカ20ドル札の予言

アメリカの20ドル札が、ツインタワーやペンタゴン(国防総省本庁舎)への攻撃を予言したという説。

2ちゃんねるの予言

インターネット掲示板「2ちゃんねる」で、9.11アメリカ同時多発テロが予告されていたという説。

テロ事件の4日前である9月7日、2ちゃんねるのwindows板に「国際的超機密を安全にリークする手段」というスレッドが立てられた。

その中で、スレットを立てたスレ主が、FBIやCIAなどの組織に察知されずに国際的な機密情報をリークする方法についてのアイデアを募っていたとみられる。

また、テロ事件とスレ立ての時期が微妙にカブっていたため、一部の2ちゃんねるユーザーをざわつかせていた。

参考:国際的超機密を安全にリークする手段

あとがき

当時のネット掲示板「2ちゃんねる」上でのやり取りなども興味深いものがある。

このスレ主の正体が何者かは分からないが、彼の掴んでいた「国際的な超機密情報」がテロに関するものだったとして、スレ主は無事に機密情報のリーク先を見つけられたのだろうか。

2001年年9月7日、在日アメリカ大使館は唐突に「日本国内に滞在しているアメリカ人に対しテロ攻撃の可能性がある」と発表している。

関連記事

【9.11アメリカ同時多発テロの陰謀①】ワールドトレードセンタービル崩壊
...
コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳