新型コロナウイルスの感染源は武漢病毒研究所なのか?

日常の話題
この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク

中国で発生した新型コロナウイルス。当初、海鮮市場で売買されている野生動物がウイルス感染源と言われていた。

しかし、2019年1月26日にアメリカ・ワシントンポストは「中国科学院武漢病毒研究所」が秘密裏におこなっていたウイルス開発研究がこのアウトブレイク(集団感染)に関連している可能性があると報じた。

このニュースが興味深い内容だったのでご紹介する。

スポンサーリンク

武漢には生物兵器の研究所が

中国の武漢には、ウイルスを研究開発する「中国科学院武漢病毒研究所」がある。

アメリカは以前から、この武漢の研究所でウイルス兵器の開発が行われている可能性について言及していたという事だ。

元イスラエルの生物兵器の専門家ダニー・ショーハム氏がアメリカ、ワシントンポストに送った書簡によりわかった。

実験用の1500株以上のウイルスのストックは恐怖である。

あわせて読みたい

新型コロナウイルスが人口削減のための生物兵器の可能性高まる
「新型コロナウイルスは人口削減のための生物兵器ではないのか?」という議論もちらほらとされ始めている。 火の無い所い煙は立たないと言うが、このような疑惑が尽きないのはそれなりの情報があるからだろうか。 この疑惑について調べてみた。...

新型コロナウイルスの感染源は武漢病毒研究所である可能性

武漢の生物兵器研究所から感染源とされる海鮮市場までの距離は30km。

同氏は、ウイルス感染が武漢市一帯で広がっている状況から、今回のコロナウイルスの感染源は武漢の研究所であるというのが感染ルートとしては矛盾しないとの見解を示している。

中国のずさんなウイルス管理が疑われる

これは、この件に関するひとつの説がある。

2003年、中国でSARS(サーズ)が流行した時、広東省の生物兵器研究所からのウイルスが漏れたことが原因だったとイギリスの科学誌ネイチャーが伝えていたという情報があったが、今ではそのソース記事も見つからない。

自分達で作ったウイルスに自分達が感染するという、まさに『ミイラ取りがミイラになる』を地でいく命をかけたギャグをかましているのか中国。

これが真実だとすると自国民をはじめとして、ウイルスを撒き散らされた世界各国はいい迷惑である。

武漢病毒研究所の創設にフランスの影

中国科学院武漢病毒研究所は、BSL4(バイオセーフティフォー)の研究施設で、この生物兵器研究所の創設にはフランスが関わっているとされる。

バイオセーフティレベルとは

バイオセーフティレベルとは、細菌・ウイルスなどの微生物・病原体を取り扱う実験室や施設の格付けである。

レベルは4段階で、レベル4は危険度MAXの施設をさす。

例えば「レベル4」の実験室はよく BSL-4 と呼ばれ、かつては物理的封じ込め (Physical containment) と呼ばれ、P4 ともいわれていたが、P が “Pathogen”(病原体)や “Protection level”(防御レベル)の略などとされることもあって混乱が生じたため、現在ではバイオセーフティーレベルもしくは BSL の名称を用いるようになった[1]

世界保健機関 (WHO) が制定した Laboratory biosafety manual[2](日本語訳:実験室生物安全指針[3])に基づき、各国で病原体の危険性に応じて4段階のリスクグループが定められており、それに応じた取り扱いレベル(バイオセーフティーレベル)が定められている。

(出典:ウィキペディア)

あわせて読みたい

404 NOT FOUND | コウの雑記帳

新型コロナウイルス発生と武漢の抗議デモとの関係性

コロナウイルスが発生する直前の中国で気になる出来事があった。

2019年の年末に新型コロナウイルスが発生する前に香港で抗議デモが勃発し、世界中のメディアでも大々的に報じられていた。しかし、中国国内で起きていた抗議デモは香港だけではない。

ちょうど、新型コロナウイルスの発生源と言われている中国武漢市でもごみ処理施設を反対する抗議デモが繰り広げられていたのだ。

武漢の抗議デモとは

中国の武漢では2019年6月29日~7月3日にかけてごみ処理施設建設の反対を訴える市民による抗議デモが夜間の街頭で行われていた。

また、集まった市民は約1万人に達していたそうだ。

武漢市当局はこの抗議デモを収束させるのに手を焼いていたという。

武漢市では深刻なゴミ問題があった

都市化にともない人口が増加した武漢市ではゴミ問題が深刻だった。

武漢市新州区陽邏にあるゴミの埋め立て地からの悪臭は酷く、以前から苦情が寄せられていた。

また、空気が悪く、地下水の汚染も10年以上前から始まっていたという。

武漢ゴミ問題の解決案はゴミ処理施設の建設だった

ごみ問題の苦情を解決するために武漢市当局の出した答えはゴミ処理施設の建設だった。

すでに、ゴミであふれかえっている埋め立て地の1つにゴミ処理施設を建設すれば悪臭の原因であるメタンガスなどの発生が軽減されるというもの。

しかし、悪臭が軽減されたとしても、今度は大気汚染物質が排出されるため根本的な問題は解決されない。

また、このような施設は通常であれば、最低でも住宅地から1.5キロメートル離れた場所に建設されることになっているが、建設予定地から800メートルの場所に住んでいる住民もいて、不安が高まっていたという。

ゴミの埋め立て地には公園が建設される予定だった

そもそも、ゴミの埋め立て地には公園が建設されると市民は聞かされていた。

しかし、突然公園ではなくゴミ処理施設を建設するとの方向転換に驚いた市民はゴミ処理施設の建設を反対するため抗議デモをはじめた。

武漢のデモ鎮圧のために新型コロナウイルスを使用した可能性

隠蔽体質が染み付いている中国なので、真実は依然として闇の中。勝手な想像だが、コロナウイルス発生にこの武漢や香港の抗議デモが絡んでいる可能性も考えてしまう。

中国共産党は香港のデモの影響で中国全土に抗議デモが広がり民主化運動に発展するのを恐れているふしがあった。速やかにデモ活動を封じるため、ウイルスを使って市民に外出させないように計画したのではないかと。

その後、中国国内を標的としていた新型コロナウイルスがとてつもない感染力とスピードで世界中に拡散してしまったのは想定外だったのだろうが。

あとがき

いくつかの情報の中には、いわゆる陰謀論の域を出ないものもある。

しかし、ウイルス感染の広がった中国の武漢の地に最高危険レベルのウイルス研究所があるのは、偶然だろうか。

今回の新型コロナウイルスの感染源が武漢の研究所なら腑に落ちるのだ。

あわせて読みたい

東京オリンピック中止に関する陰謀論イルミナティカードの予言とは?
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京オリンピック2020の開催が危ぶまれている。 日本国内でも中止は当然という声も広がる中、「新型コロナで東京オリンピック中止」というキーワードもツイッターでトレンド入りし、一時期ネット上がザワつい...

関連商品はこちらです

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
日常の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました