【ダイアナ妃の死の真相】幻と消えた彼女のサプライズ

不思議な話
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

これまで語られてきたイギリス王室にまつわる都市伝説や陰謀論にはさまざまな説が存在する。

その中でもいまだに多くの者たちの心を惹きつけてやまないのが「ダイアナ妃の死にまつわる謎」ではないだろうか。

この記事では「ダイアナ妃の死の真相に関する疑惑と陰謀」についてご紹介する。

スポンサーリンク

ダイアナとドディはベンツで事故に

1997年8月31日、世界中を震撼させる出来事が起きた。当初それは純粋な交通事故による悲劇だと思われていた。

その日、ダイアナとドディ・アルファイドの2人はドディの父で億万長者のモハメド・アルファイドが経営するパリのリッツ・ホテルで夕食を楽しみ、午前0時前にはボディーガードのトレヴァー・リース・ジョーンズとともにホテルをあとにした。

防弾仕様のメルセデス・ベンツの運転席にはリッツ・ホテルの警備主任代理のアンリ・ポールが、助手席にはボディーガードのリース・ジョーンズ、後部座席にダイアナとドディが乗り込むと、一行は外で待機している30人のパパラッチを避けるため裏口から外へ出ることにした。

パパラッチとは、イタリア語で「ハエやブヨのようにブンブンとうるさく付きまとう虫」を意味する言葉。ゴシップ記者と一緒にスターを追いかけ回すカメラマンのことをそう呼ぶようになった。

パパラッチも事故の一因

この痛ましい交通事故は偶然にも、次の3つの悲運が重なり起きてしまった事故だとされた。

  • 酔っ払い運転
  • 常軌を逸したパパラッチの追跡
  • シートベルト未着用

4人の乗ったベンツはスピードを上げ、ドディの私邸へと向かった。

旅行者がたまたま撮った動画には、巻かれたと気づいたパパラッチたちがバイクに乗って追跡を開始する様子が映っていた。

数分後、ベンツは猛スピードでアルマ橋の下のトンネルに入ったが、トンネル内の壁と中央分離帯の柱に衝突しドディとアンリは現場で死亡が確認された。かろうじて息のあったダイアナも緊急搬送されたが病院で息を引き取った。

ダイアナ妃の死の疑惑と陰謀論

man in black and white suit beside woman in white dress

ダイアナは交通事故で亡くなったのではなく、何者かに暗殺されたのだと考える者たちが世の中には存在する。

CIAやモサド、イスラム原理主義、サダム・フセイン、フリーメイソン(ダイアナはフリーメイソンの重要なシンボルである橋の下で死亡した)、IRA(アイルランド共和軍)など、これまで黒幕と噂されてきたものは様々だ。

ダイアナの死が何者かによる陰謀だとするなら、その黒幕はいったい誰なのだろうか。

イギリス王室説

gold and blue crown

現在のイギリス王室ウィンザー朝は、秘伝とされる「キリストの血」などはいっさい受け継いでおらず、そのようなフリを続けているだけかもしれない。

彼らがダイアナ妃の殺害を計画したのは、彼女が「英ユ同祖論」に関わりがあるとされるスチュワート王家の子孫であり「キリストの血」をわずかながらも引いていたからだとも考えられるのだ。

当初、ダイアナを王室の方針に従わせるのは難しくないと思われたが、頑固な彼女を手なずけることは出来なかった。そのため王室はウィンザー朝の体制にこれ以上の傷を付けぬよう暗殺したのである。

MI6説

イギリス諜報機関MI6(エム・アイ・シックス)は王室に忠誠を誓っている組織だが、内部の裏切り者が王室からダイアナを排除したという説がある。

ダイアナは王室の偽善を暴露し、君主制を崩壊に導く恐れがあったからだという。

ダイアナが妊娠し、イスラム教に改宗してモハメド・アルファイドの息子と結婚するとなれば、MI6が動いたとしてもおかしくはない。

軍産複合体説

Jason's camera 127

アメリカ海兵隊によりイラクで発見された、中国製の72式対人地雷 image:wikipedia

ダイアナは紛争地帯の「地雷撤去」の活動にも熱心だったが、皮肉にもその行動力こそが自らの命を縮めたの原因になったのかもしれない。

軍産複合体は地雷の販売よりも撤去で儲けているという話があり、ダイアナが武器産業のおかしな矛盾に気づくのは時間の問題だった。

武器商人たちは世界的な影響力を持つ平和活動家の存在が邪魔だったに違いない。

ダイアナ妃説

112407-Harrods-DiannaDodiMemorial2

Diana e Dodi (1998) image:wikipdia

ダイアナを殺したのはダイアナ本人という著名人の死において、よく語られている説だ。

この説では、ダイアナはドディとともに世間のギラギラした目から逃れるため、自分の死を演出したというが、今のところそんな証拠はどこにもない。

さらに、Qアノン系の陰謀論には「ダイアナはトランプに助け出された」や「現トランプ夫人のメラニアの正体はダイアナ」というような荒唐無稽な説まで登場している。

カダフィの発言

事故から数日後、初めてダイアナ妃殺害の陰謀論を公の場で披露したのは地元イギリスのBBCニュースだった。

BBCはリビアの指導者ムアンマル・カダフィ大佐の声明を取り上げ嘲笑した。

カダフィは、ダイアナの事故はフランスとイギリスの共謀であり、その理由はダイアナをイスラム教徒と結婚させたくなかったからだと発言した。

元執事ポール・バレルの証言

私はポール・バレル。ダイアナの執事をしていた者だ。

2002年11月、私はダイアナの私物を盗んだ罪で起訴されたため、オールドベイリー裁判所の証言台に向かおうとしていたが、証言台に立つ直前にエリザベス女王がこの裁判に介入し、私の起訴は取り下げられた。

王室関係者は私がダイアナの話にかこつけて王室に不都合な事実を暴露するのではないかと恐れているようだ。

女王の忠告

そのときの女王は陰謀論者さながらで、テレビドラマの『Xファイル』に出てくるような言い回しで私に忠告した。

「この国には私たちが知りえない力が働いているのです」

この言葉のあと私は身の危険を感じて、しばらく沈黙を守っていた。

その後の2003年10月、事故の10か月前の1996年にダイアナから手紙をもらっていたことを公表することにした。

ダイアナからの手紙

ダイアナからの手紙にはこう綴られていた。

「今、私はこれまでの人生でもっとも恐ろしい危険にさらされています。○○が私の命を狙っている。私が乗る車のブレーキに仕掛けをして、頭部に重症を負わせ、チャールズがすんなり再婚できるように企んでいるのよ」

このゾッとするような予見は彼女が単なる交通事故ではなく、陰謀の犠牲者だという憶測を後押しするように思えた。

アンリ・ポールの疑惑

車を運転していたリッツ・ホテルの警備主任アンリ・ポールに関する疑惑は次の3つ。

  1. 血中アルコール濃度が基準の3倍だった
  2. アルコールと一緒に抗うつ薬や向精神薬を服用していた
  3. ポールは死亡する直前、銀行口座に16万4000フラン以上(約2400万円)を預けていた

検死結果に疑問を抱いたポールの家族が再検査を要求したところ、体内の一酸化炭素のレベルが致死量に達していただけでなく、乗車前に血中に入っていたことが判明した。一酸化炭素が血中に溶け込むと全身の酸素量が低下して死に至ることもある。

だが、事件の夜にリッツ・ホテルの監視カメラに映っていたポールは酔っているようには見えず、一酸化炭素中毒でふらついている様子もなかった。

2003年、王室の検死官も務めているマイケル・バージェスがイギリスで実施されるダイアナとドディの検死を担当すると聞いて、多くの陰謀論者は肩を落とした。これにより真実が明かされる可能性がほぼ無くなったことを悟ったからだ。

アルマ橋の13番目の支柱に衝突

自由の炎 、彼女の死の 20 周年を記念した、フランスのパリにある非公式のダイアナ記念館。image:wikipedia

アメリカのニューヨークに建っている「自由の女神像」はフランスのフリーメイソンからアメリカのフリーメイソンへの贈り物だ。

事故の起きたアルマ橋付近にはアメリカのフリーメイソンがそのお返しとして送った「自由の炎」というオブジェが飾られている。

フリーメイソンに関わりの深いこの場所でダイアナの事故が起きたというのも、あながち偶然とも言い切れない。ダイアナを乗せたベンツはアルマ橋のトンネルを支える「13番目の柱」に衝突して大破した。迷信深いフリーメイソンにとって「13」は特別な数字なのだ。

白いフィアット・ウーノとアンダーソンの憂鬱

Fiat Uno 45 blue

Fiat Uno 45 blue image:wikipedia

事故が起きる数分前にダイアナたちの乗ったメルセデス・ベンツはイタリア車のフィアット・ウーノと接触している。

偶然にもダイアナとドディをしつこく追いかけ回して恨みを買っていたパパラッチの一人、ジェームズ・アンダーソンも白のフィアット・ウーノを所有していたが、疑惑の火の粉が飛んできて、ついには彼自身が燃え尽きてしまった。

ドディの父モハメド・アルファイドがすぐさまアンダーソンを暗殺者と非難したことで、警察から疑いの目を向けられるようになったが、彼はこの事故に関与していたのだろうか。

アンダーソンの疑惑は次の7つ。

  1. アンダーソンの所有していたフィアット・ウーノは1988年製
  2. ベンツに接触したのはビアンコ224の塗料が使われた1988年製より以前のフィアット
  3. アンダーソンは事故当日の夜はクルーズ県にいてパリにはいなかった
  4. 彼の車フィアット・ウーノは320㎞離れた自宅の庭に置いてあった
  5. 彼は事故の5時間後、パリ・オルリー空港で歌手のジルベール・ベコーを追ってコルシカ島行きの便に飛び乗った記録が残っていた
  6. フィアット・ウーノの塗料ビアンコ210番と224番を顕微鏡検査してみたが色の違いが分からなかった
  7. アンダーソンはフィアット・ウーノを見知らぬ人に売ったと答え、フランス警察とインターポールが必死に捜索したが見つからなかった

2007年、イギリス諜報機関MI6やフランス情報部と接触していたとされる情報屋アンダーソンはフランスの田舎に停車してある車の中で黒焦げの死体となって発見された。

現場に駆け付けた消防士クリストフ・ペラは死体の頭部には銃で撃たれた痕が2つあると断言したが、黒いスーツを来た二人組がやってきて現場から追い出されたという。

フランスの調査員ジャン・ミシェル・ローザンは炎上する車に近づいたとき、アンダーソンの左のこめかみに銃痕が一つ見えたと検死官に伝えた結果、自殺と認定された。

あとがき

ちょうど事故が起きた1997年8月31日。この日、ダイアナはイギリスの主要な新聞社の記者たちにサプライズな発表をするから心の準備をしておいて欲しいと声をかけていたという。

もし、ダイアナが一命をとりとめていたなら、そもそも事故に遭ってさえいなかったら、いったいどんなサプライズが飛び出していたのか。

それは心温まるものだったのか、それとも王室がガクブルと震え上がるような地雷だったのか、今となっては知る由もない。

関連記事

エリザベス女王の国葬中に謎の声
英メディアがエリザベス女王の国葬の模様を生放送中、女王の棺が運ばれる最中に謎の女性の声が聞こえたとして、世界中で大騒ぎになっている。 2022年9月8日、エリザベス女王(エリザベス2世)は96歳で死去すると、9月19日、ウエストミンス...

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました