【大天使ミカエルとは?】異教の神からユダヤ教の天使にジョブチェンジ

不思議な話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

お疲れ様です!

コウです。

 

神に仕え、ある時は人を守護し、悪魔と戦う天使たち。

その数は、40億かそれ以上とも言われる天使たちですが、その頂点に君臨し統率するのが大天使ミカエルです。

そして、ミカエルは、もともとは異教の神だったとも言われています。

今回は「大天使ミカエル」をサラッと紹介します。

スポンサーリンク

大天使ミカエルとは

Simon Ushakov Archangel Mikhail and Devil

The Archangel Michael Trampling the Devil Underfoot. image:wikipedia

大天使ミカエルは、天使たちを率いるリーダー的存在です。

「ミカエル」という言葉は、ヘブライ語で「神に似た者」という意味です。

大天使ミカエルは「三大天使」などの1人

ミカエルは旧約聖書から、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教へ伝わり、教派によっては異なりますが、

  • 三大天使
  • 四大天使
  • 七大天使

の1人と考えられてきました。

三大宗教においては、偉大な天使として認知され、天使の階級や序列で言えば、最高位の「熾天使(してんし)」に位置するとも言われています。

大天使ミカエルはもともと異教の神だった

そもそもミカエルは天使ではなく、紀元前6世紀ごろにメソポタミアの地に栄えていたカルデア(新バビロニア)という王国で崇拝されていた神だったそうです。

この時代のユダヤ人は、捕虜としてこの国に連行されて、数世代にわたり労働を強いられてきました。

その時、カルデアの文化や風習と同時にミカエル信仰も吸収し、ユダヤ教にも取り入れられたのではと言われています。

聖書の中のミカエル

大天使ミカエルは、以下の新・旧の聖書にも登場します。

  • 旧約聖書の「ダニエル書」
  • 旧約聖書外典の「エノク書」
  • 新約聖書の「ユダの手紙」
  • 新約聖書の「ヨハネの黙示録」

また、以外にも旧約聖書に名が記されている天使は、「ミカエル」と「ガブリエル」だけなのだとか。

他の天使たちは、時代を経るごとに徐々に判明していったか、新たに作られていったそうです。

ダニエル書に登場するミカエル

旧約聖書「ダニエル書」によれば、ミカエルはイスラエルの民(ユダヤ人)の守護者であり、天使長の肩書を持ちます。

しかし、その後、ミカエルはユダヤ人のみならず、神ヤハウェを信仰するすべての民の守護者となりました。

とくに、キリスト教の最大派閥カトリック教徒のあいだにおけるミカエル人気は絶大で、カトリック圏ではミカエルの降臨や奇跡にまつわる伝説が多くあります。

フランスの「モン・サン・ミッシェル修道院」は大天使ミカエルの奇跡により建てられた?

フランスの観光名所であり、世界遺産として知られる「モン・サン・ミッシェル修道院」。

この礼拝堂は、8世紀にアヴランシュ司教オベールが夢の中で大天使ミカエルのお告げを聞き、その命令に従って建てた物だと言われています。

ちなみに、このモン・サン・ミッシェル修道院の名前に含まれる「ミシェル」は、ミカエルのフランス語読みです。

ミカエルの読み方

ミカエルの読み方は、世界各国の人名にも使われています。

アメリカ読みのマイケルが一番有名でしょうか。

  • 英語では「マイケル」
  • ドイツ語で「ミヒャエル」
  • フランス語で「ミシェル」
  • スペイン・ポルトガル語「ミゲル」
  • イタリア語「ミケーレ」
  • フィンランド語「ミカ」
  • ロシア語「ミハエル」
  • アラビア語「ミカイール」
  • 日本語では「ミエハル」

となっています。

天使崇拝は禁じていたがミカエルの崇拝だけは許されていた

これまで、天使を崇拝することは、偶像崇拝につながるとして、カトリック教会は庶民のあいだで天使崇拝が過熱するたびに厳しく禁じてきました。

しかし、大天使ミカエルだけは別格とされ、彼への崇拝はむしろ奨励されていたようです。

「ミカエルより偉大な天使は存在しない」

というのがカトリック教会の公式見解であり、彼を天使の中の天使、男の中の男として「天使長」と呼んでいます。

剣を持った大天使ミカエルがサタンを踏みつける絵画

Guido Reni 031

グイド・レーニによる『大天使ミカエル 』 image:wikipedia

そんなミカエルは、多くの役職を兼任していますが、一番重要な任務と言えば、「悪魔王サタンを戦うこと」です。

その姿は、甲冑を身に纏い、剣をたずさえ、翼を持つ戦士として描かれており、多くの絵画ではサタンやその化身であるドラゴンを踏みつけているシーンが有名です。

イスラム教での天使のトップはガブリエル

Hubert van Eyck 010

ヤン・ファン・エイクの『ヘントの祭壇画』に描かれたガブリエル image:wikipedia

ミカエルはユダヤ教、キリスト教では、天使たちの頂点に立ちますが、イスラム教ではトップではなく「2番手」に位置づけられています。

というのも、天使ガブリエルは神の知恵と啓示を司り、預言者ムハンマド(マホメット)にコーランを伝えた天使として、崇拝されています。

まとめ

現代の偶像崇拝と言えば、「アイドル」。

アイドルと言えば、「推し」。

「アイドル」や「芸能人」のファンなどを見てみると、そこには、人によって好みや「推し」もさまざまです。

天使の起源やランクづけも、宗教や経典により変わってきますが、ひょっとしたらそこには、今でいうある種の好みや「推し」といったものが介入していたのかも知れませんね。

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳