イエス・キリストの兄は悪魔だったのか?異端のポゴミール派

不思議な話
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

イエス・キリストの兄は悪魔だった。

救世主に「サタナエル」という名の兄がいるという思想を説く宗派がある。

その宗派の名は、キリスト教「ポゴミール派」

果たしてイエス・キリストの兄は悪魔だったのだろうか?

スポンサーリンク

赫奕たる異端「ポゴミール派」

イエスの兄が悪魔だと主張していたのは、キリスト教の異端児ポゴミール派。

ポゴミール派は、10~14世紀にかけて、現在のブルガリアを中心としたバルカン半島で大ブレイクを果たしたキリスト教の一派だった。

彼らもあのグノーシス主義に影響を受けており、

  • すべての物質的な存在は悪と見なす
  • 人間の魂はニセモノの神(悪魔)によって囚われている

という異端と言われる思想を振りかざし、独特の教義を強引に説きゴーイングマイウェイしたことでバッドインフルエンサ―となっていった。

ポゴミール派の教え

宇宙が誕生した時、神には2人の息子がいた。

息子の名は「サタナエル」「イエス・キリスト」といった。

ある時、サタナエルは神になろうと思い立ち、神に反逆したが、失敗に終わった。

天界から追い出されたサタナエルは、神の世界に対抗するために地上の世界を創り、人間を創ることにした。

人間を創った理由は、創造主である自分を神として崇拝させるためだった。

天界で神になれなかったサタナエルは、地上でニセモノでもいいから神になりたかったのだ。

そう、輝きたかったのだ。

明けの明星のごとくイルミナティックに赫奕(かくやく)と。

つまり、人間を含め、地上世界のありとあらゆるモノは、堕天使サタニエルが創り出した物であり、人間たちが神だと思っているものは実は悪魔だと説いたのである。

ポゴミール派は異端視される

もちろん、このような危険な思想は、正統派キリスト教の宗派からは異端扱いされて、しばしば攻撃も受けたのだろう。

それでも、この一派は信者数を増やし、一時は正統派を脅かすほどの勢いをもっていたが、一派の中心地だったブルガリアがイスラム教国のオスマン帝国に支配されるようになり、ポゴミール派は衰退し、姿を消した。

ここで全ての火が消えたと思いきや、この異端な教義はフランスのカタリ派などのキリスト教異端派に引き継がれたようである。

さすがに、そこはグノーシスの流れを汲む者たち、しぶとい。

異端思想で認められていない

サタナエルという堕天使は、ユダヤ教の伝承にも登場する。

サタナエルは、神に反逆した堕天使たちのリーダーであり、地上に追放されたという所まではポゴミール派の教義と一緒である。

しかし、その伝承の中には堕天使サタニエルが人間を創ったという言い伝えは存在しない。

また、この伝承によりユダヤ教とキリスト教では堕天使サタナエル悪魔サタンが同一視されるようになったという。

であるからして、無いモノは無い、無い袖は振れぬということで、サタニエルとイエスが兄弟というトンデモ論は、あくまでポゴミール派独自の思想であって、キリスト教正統派では、このような思想は認められていないのだ。

実際にイエス・キリストに兄弟はいたのか?

オカルティックな要素を抜きにして、実際にイエス・キリストに兄弟がいたのかどうか気になるよね。

「イエス・キリストの兄弟存在説」には、宗派によっても諸説あるようだ。

プロテスタントの解釈

「新約聖書」の記述を重んじるプロテスタントでは、イエスには血を分けた兄弟が存在すると解釈しています。

カトリックの解釈

一方、カトリックの解釈はというと、イエスの母マリアの処女性を重視するため、イエスに兄弟は存在しないとしています。

あとがき

一説では、「ゴルゴダの丘」で処刑されたのは、身代わりになったイエスの兄弟でイエス本人は処刑を逃れ、最終的には日本の青森に辿り着いたという都市伝説も存在する。

青森県の戸来村(べぶらいむら)にはキリストとその弟イスキリの墓があるとされる。

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました