NASAさんがまたやらかした?火星に虹が出現で世界がザワつく!

世間の話題
この記事は約2分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

なんか、またNASAさんが「やらかした」みたいなのです。

2021年4月4日に火星にいる探査機「パーサビアランズ」が撮影した写真の中に、どうやら地平線から立ち上がる虹のような物が写ってしまったらしいのです。

地球に比べると非常に薄い大気しかない火星で虹が出現したことで世界がザワついてるようですよ。

火星の虹に対しての世界中の反応

この虹に関してのNASAからの公式見解も無く、世界中のSNSでは

  • 雲の中の氷の結晶に反射した結果だ
  • 大気中のチリが原因

などと推測する声があがっていました。

専門家が「虹」を否定

NASAの太陽系探査計画の指揮者デイブ・ラベリー氏は、「虹ではなく、カメラレンズの内部反射だ」という見解だったとのことです。

というのも、「探査機はヘリコプターのほぼ真北にあるため、これらの写真が撮影されたのは火星時間の午後2時。カメラはほぼ真っすぐ南を向いている」と指摘したという。

これらの条件が揃うと、カメラ内部で反射光が生じやすいというのです。

参考:HUFFPOST「火星に虹が出現?」探査車の写真に世界が騒然 ⇒ NASA幹部「絶対に虹ではない」

地球上で最も火星に近い島「デヴォン島」

Patterned ground devon island

世界最大の無人島にして北極海に浮かぶ島「デヴォン島」。

カナダに属するこの島は、地球上で最も火星の環境に近い場所と言われます。

大きさは四国の面積の3倍ほどで、年間の平均気温もマイナス17度と低く、雨も少ないため砂漠のように乾燥した土地で、人が暮らすには厳しい環境です。

実際にNASAはこの島を火星と見立てて探査車の走行実験をしていました。

そんなこともあってか、NASAが撮影した火星の写真は、「実はこの島で撮られたモノではないのか」という噂も囁かれるようになりました。

まとめ

この話題を知った時、以前囁かれていた「NASAが撮影している場所は実は火星ではなく、カナダにあるデヴォン島だ」という噂話を思い出してしまいました。

いや、ちょ、待てよ。

つーか、言いたい事は1つだけ。

今回のその虹が写っている写真、ホントに火星で撮ったんですか?

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳