吾輩は「COVID-19」茶番劇の名前である

不思議な話
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

吾輩は、「COVID-19」。

ウイルスの名前ではない。

数十年前から金融エリートたちによって計画されてきた世界的な茶番劇の名である。

巷(ちまた)では、ウイルスの名前として定着しているが、そこに込められているホントの意味は一般に知られているものとはずいぶん違う。

名は体を表すという。

今回は、この名前「COVID-19」の本当の意味について語っていこう。

スポンサーリンク

WHOがCOVID-19と命名

2019年の終盤から流行しだしたサワニウイルスに対して、2020年2月11日、世界保健機関(WHO)は公式にこのウイルス疾患を「COVID-19」と命名された。

読み方は、「コービッド・ナインティーン」。

COVID-19 = CO + VI + D + 19

COCoronaコロナ
VIVirusウイルス
DDisease疾患
19ウイルスが発生した年

この式を因数分解するとこんな感じだ。

「CO」はコロナ(Corona)から、「VI」はVirus(ウイルス)、「D」は疾患や病気を意味するDisease(ディズィーズ)の頭文字から取られている。

「19」はウイルスが発見された年だ。

WHOのテドロス事務局長の説明によると、ウイルス命名は以下のようなガイドラインに沿って進められたそうだ。

  • 名前は発音が可能なもの
  • 疾患が関連していること
  • 場所や動物、特定の個人や集団を指していないこと

ウイルス名を決める際には差別や偏見に利用されないように配慮する。

中国はWHOの資金源だという話もあり、中国への忖度としてこのウイルス名の誕生には「武漢肺炎」という呼び方を薄める目的があったのかも知れない。

しかし、これは「COVID-19」という呼び名の表向きの説明である。

COVID-19の本当の意味

COVID-19は「Certificate of Identification of Vaccination with Artificial Intelligence」の頭文字を取ったものではないかという説も存在する。

これを日本語に訳すと「人工知能による予防接種の識別証明書」という意味になる。

果たして、こちらの式が正解なのか?

CCertificate証明書
Oof~の
VVaccination予防接種
IDIdentification識別
19ウイルスが発生した年

こちらはウイルスの名前とかは全然関係なくて、公式のモノとはだいぶ違った意味になってくる。

まず、「予防接種の識別証明書」っていう言葉の並びが怖い。

ワクチンを打ったという証明書が無いと、これからの社会は普通に生活ができないかのようなイメージが浮かぶ。

まるで新約聖書のヨハネの黙示録に出てくる「獣の烙印666」のようだ。

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)

「COVID-19」はウイルスの名前などではなくて、この世界同時多発茶番劇のタイトルなのだろうか。

この計画、ワクチンを打つことが目的なのか。

ワクチンの中に入っているモノを摂取させることが目的なのか。

ゲイツはそれらしいモノをちゃっかりと作っているし、やはりワクチン接種は「獣の刻印」なのか。

皮膚下に予防接種歴を記録する。

そして、最終的には完全な監視社会システムをAI(人工知能)が管理するということなのか。

そうそう、元ファイザー副社長がコロナ茶番を動画で告発した。

元ファイザー副社長がコロナ茶番を動画で告発

ビル・ゲイツのワクチン陰謀論についてはこちらの記事で。

【ビル・ゲイツとワクチン陰謀論】絡んだ糸は無理に解こうとしても解けない

参考サイト:

恐喝台風 - Walk in the Spirit:楽天ブログ
​Update2 としか思えないような針路変更!? ​​ ​​裏取引があったのだろう、 おそらく、マネーの積み上げ、 世界的に不調になりつつあるワクチンを

コロナの真実

最後に、政府が言いたくても言えないコロナの真実をどうぞ。

国がホントのことを言うと炎上するから言えない。

日本国の上にいる人たちの命令には逆らえないのだろう。

メディアを使ってコロナを煽り国民を怯えさせるという命令は守りつつ、国は脅されてるからネタバレできないけど、「go to ○○」や「会食三昧」とか失策とも思えるおバカなことやって、ヒント出すから国民の皆さんコロナは茶番だって気づいてくれよって感じなのかな。

「だまされたことを彼らに納得させるよりも、人々をだますほうが簡単です。」- マーク・トウェイン

苫米地博士による新型コロナワクチンのmRNAの解説

苫米地博士が、TOKYO MXの番組で「mRNA」ワクチンについて分かりやすく解説されていたが、削除されたようだ。

コロナは利権と政治パフォーマンス


木村もりよ氏は「コロナは利権と政治パフォーマンス」とテレビで暴露。

世界中の医師の声

上記の動画では、世界医師連盟(WORLD DOCTORS ALLIANCE)のドクターや医療関係者たちが「COVID-19は真実ではない」と声をあげている。

当たるも八卦、当たらぬも八卦。

ワクチンを打つも自由、打たないも自由。個人の自由。自分が納得して決めるのならばそれでいい。

「インフォームド・コンセント」

その判断の参考にしてみてはいかが。

関連記事

クライシスアクターは仕組まれた事件に登場する俳優(サクラ)のことだが、このコロナ騒動でも利用されているらしい。

【クライシスアクター探し】仕組まれた事件の立役者たち
クライシスアクター。 近年、この言葉はSNSのトレンドワードになるなど注目を集めている。本来は事件や災害を想定した防災訓練に被害者役で登場する俳優のことを指す。 しかし、このクライシスアクターは、最近では「陰謀論」とセットで語ら...
【ロックステップ計画】ロックフェラー財団によるコロナ茶番劇のシナリオとは?
オランダの政治家ティエリー・ボーデ(Thierry Baudet)氏は、ロックフェラーにより書かれたコロナ茶番劇の台本(計画書)を国会で暴露し、一刻も早くワクチンによる人体実験を中止しなければならないと訴えた。 台本の名は「ロックステ...
PCR法とその生みの親キャリーマリス博士について
現在、世界中で流行し、生活様式すら変えようとしているサワニウイルス。 この検査に使われている「PCR法」はキャリーマリス博士が開発したものだ。このキャリーマリス博士とはどんな人物なのかと調べてみると、色々と興味深い話が盛りだくさんなの...
コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました