27クラブ「天才はナゼか27歳で死ぬ」という都市伝説

不思議な話
この記事は約16分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

今回は、伝説的なアーティストたちが何故か27歳でこの世を去ってしまうという不思議な都市伝説「27クラブ」についてお伝えします。

27クラブとは

「27クラブ」とは、27歳で亡くなった有名な

  • ミュージシャン
  • 俳優
  • 芸術家

たちのことです。

彼らの共通点は、全員が

  • 27歳でこの世を去ったこと
  • 天才と呼ばれていたこと

です。

27クラブの主な死因

また、27クラブのメンバーの死因は以下のようにさまざまです。

  • 薬物中毒
  • 不慮の事故
  • 自殺

27クラブの英語と読み方

英語では、「The 27 Club」と書き、「トゥエンティセブンクラブ」や「にじゅうななくらぶ」と呼ばれたりします。

27クラブと呼ばれる理由と「Jの呪い」

1969年から1971年の2年間で、

  • ブライアン・ジョーンズ
  • ジミ・ヘンドリクス
  • ジャニス・ジョプリン
  • ジム・モリソン

という4人のミュージシャンがたて続けに亡くなった事で、「27歳」という年齢がクローズアップされました。

この頃は、まだ「27クラブ」という名称がなかったこともあり、亡くなった4人のうち、ジミ、ジャニス、ジムの3人の頭文字をとって「3J」や「Jの呪い」などと呼ばれていました。

それから数十年が経ち、近年では1994年にカート・コバーン、2011年にエイミー・ワインハウスが他界したことで再度「27」という数字の意味合いに注目が集まりだしました。

27クラブに入会する事の意味

27クラブという名称が認知されていくにつれて、27歳で他界したアーティストの事を「27クラブに入会する」という言われ方をするようになりました。

カート・コバーンの母親ウェンディ・コバーンもカートの死後、「今、彼は去ってしまって、あの愚かなクラブに加わってしまった。私はあの愚かなクラブに入会しないように彼に言っていたのに」と語っています。

27クラブのメンバー

27歳でこの世を去った天才たちが入会するという「27クラブ」。

このクラブに入会したメンバーは大勢いますが、その中でも特に有名な8人を紹介します。

①27クラブに一番最初に入会したのはロバート・ジョンソン

ClarksdaleMS Crossroads

ジョンソンが悪魔に魂を売り渡したとされる十字路(クロスロード) image:wikipedia

27クラブに一番最初に入会したメンバーと言えば、「ロバート・ジョンソン」です。

ロバート・ジョンソンは、伝説のブルース歌手で、後のロックに多大な影響を与えました。

当時、彼の上手すぎるギターに多くの人が舌を巻いたといいます。

そこで、語られたのが、十字路(クロスロード)で悪魔と契約を交わしたおかげで、卓越したギターテクニックを手に入れたという「クロスロード伝説」でした。

ロバート・ジョンソンは、1938年に27歳で死去。

その死因としては、以下のような説が囁かれています。

  • 人妻と不倫をした報復として、夫に飲み物にトリスキーネを盛られ毒殺された
  • 人妻と一緒にいる所を夫に目撃され、その場で刺殺された
  • ジョンソンの妹の証言では病死
  • クロスロードで契約した悪魔に殺された

②ブライアン・ジョーンズ

Brian Jones, Statesboro, Georgia, May 4, 1965 (377872218)

image:wikipedia

ブライアン・ジョーンズは、英国のロックバンド「ローリングストーンズ」の元ギタリストでありリーダーでした。

彼は才能あふれる人物で、一度触れた楽器はどんな楽器でも演奏できたのだとか。

薬物中毒などで警察沙汰になり、最終的にはバンドから脱退しました。

その後、薬物とアルコールの影響で自宅プールで溺死しているところを発見された。

享年27歳。

③ジミ・ヘンドリクス

Jimi Hendrix 1967

image:wikipedia

ジミ・ヘンドリクスは、伝説のギタリスト。

現在でも世界のトップギタリストのランキングで上位に入っている。

1970年、ロンドンのホテルに滞在中に死亡した。

死因は、酒と睡眠薬を併用し、睡眠中に嘔吐したものが喉につまったことによる窒息死だった。

④ジャニス・ジョプリン

Janis Joplin seated 1970

image:wikipedia

ジャニス・ジョプリンは、アメリカの女性ロック・ブルース歌手。

優れた歌唱力と個性的な歌声の持ち主で「史上最も偉大なシンガー100人」にも選ばれている。

1970年、セカンドアルバム「パール」のレコーディング中に滞在していたハリウッドのホテルの部屋で倒れているところを発見されました。

死因は薬物中毒死で常用していたヘロインが致死量を越えていたそうです。

⑤ジム・モリソン

Jim Morrison 1969

image:wikipedia

ジム・モリソンは、アメリカのロックバンド「ドアーズ」のメンバーでボーカリストで詩人。

また、ステージ上では圧倒的なカリスマ性を放ち、「史上最も偉大なシンガー100人」にも選ばれています。

1971年、住んでいたパリのアパートでバスタブの中で死亡しているところを当時交際中の女性パメラ・カーソンに発見されました。

死因は心臓発作と発表されましたが、パメラの証言から死亡原因は薬物の過剰摂取ではないかと考えられています。

ジム・モリソンの死後、バンドは解散し商業的に成功したとは言えませんが、ドアーズ人気は衰えず多くのコピーバンドが生まれました。

また、ジムのステージ上のパフォーマンスやドラッグとアルコールによる破滅的な生き方は後の世代のロックミュージシャンに多大の影響を与えました。

⑥カート・コバーン

Kurt Cobain 1991 cropped

image:wikipedia

カート・コバーンは、伝説的ロックバンド「ニルヴァーナ」のボーカル兼ギタリスト。

「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が全世界でヒットしてグランジロックという言葉を世に広めた筆者も一番好きなロックバンドです。

1994年、シアトルの自宅で薬物を服用し、ショットガンで自分の頭を打ち抜いて自殺。

遺書には、親交のあったニール・ヤングの歌の歌詞を引用し、「だんだん消えていくよりも今燃え尽きる方がいい」と残されていました。

また、部屋のステレオからはR.E.Mのアルバム「オートマチック・フォー・ザ・ピーブル」が流れっぱなしになっていたそうです。

⑦エイミー・ワインハウス

Amy Winehouse f4962007 crop

image:wikipedia

エイミー・ワインハウスは、イギリスのR&Bシンガーです。

2003年のデビューアルバム「フランク」が英国で67万枚を超えるヒットでトップスターの一員となりました。

その後もヒット曲を連発し、2008年の第50回グラミー賞では最優秀新人賞や最優秀楽曲賞など5部門を受賞しました。

もともと薬物乱用やアルコール依存などでスキャンダラスな人物であったが、2011年ロンドンの自宅で死亡しました。

遺体発見当時は警察から死因の発表はなく、不明とされてきました。

しかし、2013年に再度おこなわれた検死で死因はアルコール中毒と正式に発表されました。

⑧天才画家ジャン・ミッシェル・バスキア

Basquiat1984

image:wikipedia

27クラブのメンバーは、ミュージシャンだけではありません。

若き天才画家ジャン・ミッシェル・バスキアも名を連ねています。

バスキアは、ハイチ系アメリカ人で、1960年にニューヨークに生まれました。

スラム街の壁にアート作品を描く、スプレーペインティングで注目されます。

一時期、マドンナと恋仲だったことでも有名です。

その後、芸術家アンディー・ウォーホールと共同制作なども行いますが、ウォーホールの死後、薬物依存症に陥り、1988年、ヘロインのオーバードーズにより27歳で死去しています。

27クラブの都市伝説

27クラブにも、いくつかの都市伝説的なエピソードが存在しています。

27クラブと白いライターの謎

  • カート・コバーン
  • ジム・モリソン
  • ジャニス・ジョプリン
  • ジミ・ヘンドリックス

の4人が死亡した時、ポケットの中に「白いライタ―」が入っていたと言われています。

これが事実だとすると、その意味するモノはいったい何なのか。

ハリウッドやショービジネス界を支配している権力者は、裏切り者や利用価値が無くなった者は躊躇なく粛清すると言います。

白いライターは裏切り者には「死を」というサインなのかも知れません。

悪魔ロノウェと27という数字

「なぜ、アーティストが亡くなる年齢は27歳なのか?」という疑問も浮かびますよね。

この「27」という数字は、どうやら悪魔が由来になっているという都市伝説があります。

ソロモン王が封じ込めた悪魔を「ソロモン72柱」と言います。

その72体いる悪魔の「27番目の悪魔」が「ロノウェ」です。

ロノウェは、ミュージシャンに欠かかせない「音」を司る悪魔。

悪魔ロノウェに魂を売り、契約したミュージシャンは、富と名声が約束されるかわりに、ロノウェと同じ数字である「27歳」になると命を奪われるというのです。

ハリウッドスターやミュージシャンを使って大衆を洗脳する「MKウルトラ」

CIAの大衆洗脳実験「MKウルトラ計画」はまだ続いているのか?
...

27クラブは嘘?

2011年、オーストラリアの大学が「ロックスターはホントに27歳で早死にするのか」という「27クラブ」についての調査をしたところ、この通説は誤りであると発表しました。

つまり、思い込みや気のせいですってことですね。

しかし、その後のイギリスの大学の調査では、一般市民と比較してミュージシャンの死亡率は成功した後に上がるという調査結果も出ています。

どちらにせよ、ミュージシャンの人たちは成功後、その地位や名声を維持し続けるためにストレスやプレッシャーでお酒やドラッグに頼って不摂生なライフスタイルを送ってしまう人が多そうですね。

まとめ

天才は27歳で死に、そして27クラブに入会する。

なんか言葉の響きはカッコいいので、憧れから真似する人もいそうですよね。

でも、入会できるのは天才だけですからね(笑)

冗談は置いておくとして、伝説的なミュージシャンは皆27歳で死んでいるようなイメージが付いているのも事実。

それについては相関関係がなく、気のせいということになっています。

しかし、27クラブのメンバーの死因をさらに深堀りしていくと、そこには不可解な点も多く、陰謀論や都市伝説的な話もチラホラ聞かれます。

「天才は27歳で死ぬ」という現象は、ホントに「気のせい」や「思い込み」なのでしょうか?

関連記事

【アメリカ大統領暗殺の都市伝説】テカムセの呪いとは?
...
【2chの都市伝説リョウメンスクナ】木箱の呪いは今も日本のどこかでひっそりと息づいている
...

関連商品


コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳