ウィキペディアに寄付してみた。

日常の話題
この記事は約2分で読めます。

先月、ウィキペディアに寄付してみた。

ウィキペディア運営は、読者の98%に見て見ぬ振りをされて寂しい思いをしているようである。

まあ、ウィキは広告とか貼ってないからな。

日頃から、ウィキペディアにはいろいろと世話になっていることもあり、少額ではあるが寄付してみた。

つ「300円」の寄付。

思うように寄付が集まらなくて、広告満載の新生ウィキペディアも見たいような見たくないような微妙な気分だ。

最後に月額500円からの寄付のサブスクをオススメされたけど、こちらはトラップ発動の匂いを感じて、丁重にお断りした。

ちなみに、今年でウィキペディアは創立20周年なのだそうだ。

ウィキペディアからの領収書兼お礼のメールが届いた

ウィキペディアからの寄付のお礼メール

ウィキペディアに寄付をしたら、領収書兼お礼のメールが届いた。

少額でもお祝いされたら、悪い気はしない。

われわれの愛すべき百科事典に栄光あれ。

寄付しない日本人

「寄付 日本人」で検索すると、「寄付も投資もしない日本人は残念」とか皮肉られてる記事がたくさん出てきて、少しブルーな気分になりかけたが、後学のために軽く調べてみた。

日本人はアメリカ人に比べて、寄付をしないという。

少し古いが、2015年の日本人とアメリカ人の1人当たりの年間寄付額を比較したあるデーターでは、以下のようになっていた。

  • 日本人:約2500円
  • アメリカ人:13万5000円

世界寄付指数では日本は64位

また、2019年に英国のチャリティ団体が発表した「世界寄付指数」なるものを見てみると、寄付をしたことのある人の割合は以下のようになっている。

  • 日本人で寄付をしたことがある人の割合:23%
  • 寄付の国別世界ランキング:64位

ちなみに、日本よりも貧しいとされる国の寄付したことのある人の割合は以下のようになっている。

  • スリランカ:50%
  • ミヤンマー:81%
  • インドネシア:69%

参考:東洋経済オンラインプレジデントオンライン

あとがき

公共経済学というやつでは、世界的に見ても「日本人は公共心」がないと公表されているという。

つまり、経済とはお互い持ちつ持たれつなモノだから、寄付も投資もしないということは社会貢献しようとする意識が低いと評価されるそうだ。

とはいっても、寄付などは競い合ってするものでもないから、ランク付けされてもなあと思う。

ましてや、今の時期はコロナだなんだで、経済が大打撃でいろいろとみんな大変だから寄付も投資もしずらい世の中なのだろう。

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。

コウをフォローする
日常の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳