もとは神だったのに悪魔になってしまった者たちとは?

不思議な話
この記事は約4分で読めます。

かつては、神として崇められながらも、「ユダヤ教」、「キリスト教」が勢力を広げていく過程で悪魔と見なされるようになっていった者たちがいます。

ユダヤ教や、そこから派生したキリスト教は「ヤハウェ」を唯一絶対神としていた宗教です。

それゆえ、異教の神を決して認めず、それらすべてを邪悪な存在と見なしていました。

次の4人は、かつて異教の神であったと言われる悪魔たちです。

  1. ベルゼブブ
  2. ダゴン
  3. アスタロト
  4. アバドン

もともとは神だった悪魔たち

①ベルゼブブ

Beelzebub

image:wikipedia

ベルゼブブは、サタンやルシファーに次ぐ、強大な力を持つ悪魔として有名です。

彼は、もとは地球海沿岸のカナン地方やフェニキア地方一帯で信仰されていた神でした。

また、旧約聖書「列王記」に登場するペリシテ人の町エクロンで信奉された神「バアル・ゼブル」とも言われます。

異教の神から悪魔にされてしまったベルゼブブは、巨大な蠅の姿をしていて「蠅の王」と呼ばれました。

ですが、ベルゼブブは本来ヘブライ語で

  • 高所の神
  • 天国の王

を意味する「ベルゼブル」という言葉が起源になったとされています。

ユダヤ民族がカナンやフェニキア地方を支配するにつれ、

ベルゼブル(高所の神・天国の王)

ベルゼブブ(糞山の王・蠅の王)

という言葉に改悪されて、排泄物にたかる蠅たちの王と見なされるようになりました。

②ダゴン

神から悪魔になってしまった2人目は「タゴン」。

彼は上半身は「人間」で下半身は「魚」という半魚人のような姿をした悪魔です。

タゴンは、もともとカナン地方南部に住んでいたペリシテ人が信仰していた「漁業」と「農業」の神でした。

タゴンはユダヤ民族の英雄サムソンに神殿を破壊されたことで、神としての力を失ってしまい、悪魔になってしまったのです。

一説では。神殿崩壊後、タゴンは神ヤハウェにより地下世界に閉じ込められたなんて話もあるようです。

③アスタロト

Astaroth

image:wikipedia

ベルゼブブやタゴン以外にも、もとは異教の神であった悪魔は多いと聞きます。

アスタロトもその中の1人。

アスタロトは、別名

  • 地獄の大侯爵
  • 西方を支配するもの

と呼ばれる有力な悪魔の1人と見なされています。

悪魔アスタルトの特徴は以下です。

  • ドラゴンにまたがって移動する
  • 毒蛇を握りしめている
  • 契約した人間に過去と未来の知識を与える
  • 吐く息を吸った者は死ぬ

そんな悪魔アスタルトの正体は、セム族に信仰されていた「豊穣の女神アシュタルテ」だと言われます。

この女神の名は、以下のように登場する神話によって変わります。

  • メソポタミア神話・・・豊穣・愛欲の女神イシュタル
  • ギリシャ神話・・・美の女神アフロディーテ

ところが、そんな美し女神もユダヤ・キリスト教が浸透していくにつれて、醜悪な悪魔となっていきました。

④アバドン

Christianandapollyon

アバドンは、ヘブライ語で

  • 破壊の場
  • 滅ぼす者
  • 奈落の底

という名を持つ悪魔です。

新約聖書「ヨハネの黙示録」にも登場する奈落の王で、以下のような特徴があります。

  • 巨大なイナゴの姿・馬に似た姿をしている
  • 翼をもつ
  • サソリの尾をもつ

最後の審判の日に「天の第五の御使い」が吹くラッパの音ととに出現すると黙示録には記されています。

しかし、アバドンの別名は「アポルオン」とも言い、この名は、ギリシャ神話の太陽神アポロンから来ているという説も存在します。

偉大な太陽神もユダヤ・キリスト教にとっては、単なる異教の神で邪悪な存在なのかも知れませんね。

まとめ

いつの時代も歴史は時の権力者の都合の良いように書き換えられるといいます。

きっと、宗教においても同じことが行われていたのでしょう。

その時に勢力を拡大し力を持った一神教の宗派が異教の神をことごとく悪魔に書き換えていったというのが天使と悪魔の真相な気がします。

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳