量子金融システム(QFS)と地ならしを求める人々

不思議な話
この記事は約9分で読めます。

従来の詐欺的な金融システムを廃し、新しい金融システムの導入を目指すのがネサラとゲサラ法。

その根幹を担うものが、「QFS」と言われています。

この「QFS」はネサラやゲサラを論じる時、必ずセットとして話題に出てくるキーワードです。

ゲサラネサラについてはこちらの記事でまとめています。

ネサラとゲサラとは?持たざる者たちが待ちわびる夕暮れ

 

この記事では、ホントかデマかわからない「QFS」について簡単にまとめています。

量子金融システム(QFS)とは?

QFSとは、「Quantum Finance System」の頭文字を取ったもので、量子金融システムという意味です。

これは、人口衛星に搭載されている量子コンピュータを使用した新しい金融システムで、ゲサラやネサラを実施する上で核となるシステムでもあります。

ちなみに、量子コンピュータが衛星に載っている理由としては、乗っ取り防止と熱対策。

ビッドコインなどの仮想通貨のマイニングと同じで、大きな負荷のかかる計算をする端末は、放熱対策も大変です。

熱暴走で停止したり壊れたりしたらマズいし、宇宙空間は温度も「‐270℃」の極低温に保たれているので地球上に置いておくよりは、いろんな意味で安心なのかな。

そして、このシステムが実用化されれば、これまでのようなマネーロンダリング(資金洗浄)は不可能です。

噂では、現在の国際通貨をリセットしながら、量子金融システムを作動させていくのではと言われています。

しかし、今のところ量子コンピュータが実用化されたという確かな情報はありませんし、現時点では限定的な機能しかないとされるため、現在の量子コンピュータで量子金融システムを構築するのは難しいでしょう。

量子金融システム(QFS)はいつ始まるの?

2020年3月頃に、QFSの資金33京円が解放されたという噂がありました。

この件は、水面下で動いているものの、メディアなどでは取り上げられていないだけなのか、いまだその動向はつかめておりません。

ちなみに、京は兆の上の単位ですね。

数の単位をおさらいすると、「1」から「無量大数」まで、こんな風になって居ます。

数の単位
いち
じゅう
ひゃく
せん
まん
おく
ちょう
けい・きょう
がい
じょう
こう
かん
せい
さい
ごく
恒河沙ごうがしゃ
阿僧祇あそうぎ
那由他なゆた
不可思議ふかしぎ
無量大数むりょうたいすう

下の方は、もう何か四文字熟語みたいな仏教用語みたいになってますね。

まあ、とにかく凄まじい。

とにかく、この33京円を現在の地球上の全人口77億人で割ると、1人あたり4000万円以上になるので、「ベーシックインカム」も余裕で導入できそうっちゃできそう。

とは言っても、この考え方は従来の金融システムで考えた場合です。

そもそも、QFS資金を裏付けるモノは各国の持つ資源だと言われています。

まとめ

現代の錬金術は、画面上で数字を右から左へ動かして、さらに数字を増やしていくといった、ある意味、詐欺的なお金の仕組みで、金持ちがさらに金持ちになるためのシステムだと指摘する人もいるようです。

果たして、QFS および、ネサラ・ゲサラ発動でこの世界の「地ならし」は成功するのでしょうかね・・・。

この話がホントなのかデマなのかも含めて、引き続き、おいちゃんは生暖かく見守っていきたいと思います。

まあ、デマだったとしても、こういうSF的な設定をエンタメ視点で見ることは興味深いことでもありますが。

あと、最近のニュースで、政府がデジタルで給料を支払うという「デジタル給与」を検討しているというのも話題になってたりして、何か関連があるのか気になります。

デジタル給与を政府が検討しているとの報道がネットで話題に!

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳