【戦争プロパガンダ10の法則】印象操作はありふれた日常にも潜んでいる

日常の話題
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

古代から現代まで戦争には殺人や強盗、放火、略奪、暴行などは当たり前におこなわれており、残虐行為は確かに存在する。

戦争のプロパガンダでは敵の方が自分たちよりも、より残虐だと強調される。自分たちの行為はひとまず棚に上げ、敵の攻撃だけを異常な犯罪行為として、血も涙もない悪党だと印象操作がおこなわれるのである。

また、印象操作の仕掛けが見られるのは何も戦争の中だけでなはなく、われわれの社会生活の中にも潜んでいる。

この記事では、これまでの戦争で敵国の残虐性をアピールするために、どのようなプロパガンダがおこなわれてきたのか、アンヌ・モレリ著『戦争プロパガンダ10の法則5章』から、いくつかご紹介する。

スポンサーリンク

ペスト菌とコレラ菌を井戸にバラまいた

第一次世界大戦時、ドイツは蜂起したベルギーやフランスの義勇軍が残虐行為におよんでいると非難し、彼らを悪魔に仕立て上げる過激なプロパガンダをおこなった。

軍のコントロール下にあった「ドイツ人記者クラブ」は、次のような噂話をそのまま記事にしていた。

  • ベルギー人の司祭が祭壇の裏に隠している機関銃でドイツ人を銃殺する
  • 指輪をはめたドイツ人の指を切り落として首飾りにしている
  • ドイツ人に対して毒入りのコーヒーをふるまう

さらに、フランス人医師と2人の将校がフランスとドイツの国境の町メッツで「井戸にペスト菌とコレラ菌をバラまいた」と報じる新聞の記事もあった。

当時、このおぞましい話を聞いたドイツ兵たちはすべてのベルギー人とフランス人を極度のサディストだと思ったにちがいない。

手を切断された子供たち

第一次世界大戦時、連合国側のもっとも上手くいったプロパガンダに「手を切断された子供たち」の話がある。

1914年から1915年にかけてドイツ兵がベルギー人の子供の「手を切断する」残虐行為をおこなったというエピソードだ。この「手を切断する」という言葉は世界各地に広がり、連合国が「野蛮人に対して裁きを下すための戦いだ」という動機となり国民感情に影響を与えた。

当初、この噂は政府のプロパガンダとは無関係だったが、ドイツ兵の残忍さを印象づけることに利用された。アメリカにとっても、ベルギー難民と「手を切断された子供たち」の報道は、欧州戦争に介入するための世論誘導に一役買った結果となった。

ベルギーの政治家たちは、イタリア各地で「手を切られた子供たち」の話を繰り返すことで、イタリア国民に連合国側に加わり参戦することを訴えた。当時のイタリア財務大臣でのちに首相になったフランチェスコ・ニッティは回想録の中で「手を切断された子供たち」について次のように語っている。

「ドイツ兵に手を切断されたかわいそうなベルギー人の子供がいるという。終戦後、フランスのプロパガンダに心を動かされたアメリカ人富豪が手を切られた子供と会って話がしたいと、密使をベルギーに派遣した。ところが、誰一人として実際の被害者を見つけることができなかった。当時首相をつとめていた私もロイド・ジョージも名前や場所が特定されていたいくつかのケースについて、この報道の信憑性を確かめるべく詳細を調査してみたが、いずれのケースも作り話であることが判明した」

ナイラ証言

湾岸戦争での有名なプロパガンダ事件に「ナイラ証言」というのがある。

これは、アメリカがクウェート侵攻に介入する際、国民の支持を得るために広告会社「ヒル・アンド・ノウルトン」を利用しておこなったプロパガンダだ。

命からがらクウェートから逃げてきたナイラは、「保育器を盗もうとしたイラク兵が中にいた未熟児を放り出し多くの幼児が虐殺された」と涙ながらに語った。だが、そんな彼女の正体は当時のクウェート駐米大使サウド・ナシール・アル・サバの娘だった。

のちに、彼女が広告会社ヒル&ノウルトン社の副社長ローリー・フィッツペガドから直接演技指導を受け、嘘の証言をおこなったことが判明している。

パパブッシュ(第41代アメリカ大統領ジョージ・H・W・ブッシュ)は、国会や国連の演説の場でこの「赤ん坊殺し」のエピソードを繰り返し引用することで湾岸戦争を肯定する世論づくりに利用した。

目の前で妹を殺されたアルバニア人の少女

The position of Kosovo within Serbia

コソボの位置 image:wikipedia

1998年から1999年にかけて、バルカン半島南部のコソボを舞台にユーゴスラビア軍、セルビア人、アルバニア人、NATOなどの諸勢力が激突した「コソボ紛争」においても、カナダのテレビ局がプロパガンダに引っかかっていた。

CBCカナダ放送協会のジャーナリスト、ナンシー・ダラムは、いくつかのテレビ番組で「目の前で妹を殺されたアルバニア人の少女ラジモンダ」の映像を流し、エピソードを紹介した。

だが、その後の調査でラジモンダの家族は全員存命で、コソボ解放軍のメンバーだったラジモンダがまったくの作り話をしていたことが判明した。

プロパガンダに引っかかり、ショックを受けたナンシー・ダラムは番組でフェイクニュースを流してしまったことを視聴者に詫びようとしたが、少女の映像を流したテレビ局は「訂正とお詫び」の放送することを頑なに拒んでいたという。

言葉の置き換えによる印象操作

自国の陣営相手の陣営
空爆空襲
領土の解放占拠
民族の移動民族浄化
墓地大量虐殺・死体置き場
情報プロパガンダ

ことに戦争に関する言葉のイメージは大きな影響力を持つため、言葉の置き換えによる印象操作が当たり前のようにおこなわれている。

たとえ戦場で同じ行動をとったとしても、「自国の陣営」「相手の陣営」では互いに都合の良いように言葉が置き換えられる。

NATOがコソボ紛争に介入すると、西側メディアは「空襲」の代わりに「空爆」という言葉を使うようになった。その理由は多くの人が「空襲」という言葉に残虐なイメージを持っているからだ。

そこには別の言葉に置き換えることで、敵国の残虐性を強調するだけでなく、自国の世論の戦争に対するマイナスイメージを払拭する狙いがあるのだ。

参考:アンヌ・モレリ著「戦争プロパガンダ10の法則」

あとがき

戦争以外でも、このような言葉の置き換えによって印象操作をおこなっている例がある。都合の良いように国民が勝手に勘違いしてくれるので政府としては狙いどおりである。

  • 謎の注射 → ワクチン
  • 副作用 → 副反応
  • 陽性者 → 感染者
  • 付加価値税 → 消費税

戦争以外の例と言ったが、現在ミサイルの代わりに注射器を使った攻撃を受けているとするなら、これは形を変えた戦争なのかもしれない。

関連商品

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
日常の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました