【切り裂きジャックの犯人とは?】この過去掘り起こすべからず

不思議な話
この記事は約13分で読めます。

切り裂きジャックは、1888年にイギリスのロンドンで起きた連続猟奇殺人事件の犯人の呼び名である。

海外では「Jack the Rippe(ジャック・ザ・リッパー)」で知られ、世界的に最も有名な未解決事件である。

ここで使われる「ジャック」という呼び名は、特定の人物を指すものではなく、日本で言うところの「名無しの権兵衛」と同じような意味をもつ。

これまで、さまざまなメディアの題材として取り上げられているが、現在でもその正体については幾つもの説が存在する。

切り裂きジャックの犯人

切り裂きジャックがロンドンを恐怖の血に染めたのは1888年8月31日から11月9日までの約2か月間だった。

活動エリアはイーストエンドロンドンとホワイトチャペル付近で被害者は売春婦の5人で、すべて殺害されバラバラに切り裂かれていた。

また、署名入りの犯行予告を新聞社に送りける「劇場型犯罪」の元祖とも言われる。

犯人像については、精神病患者から王室関係者まで、さまざまな説が議論されているが、100年以上たった今でも犯人は不明である。

犯行の特徴

活動期間1888年8月31~11月9日
活動エリアイーストエンドロンドン・ホワイトチャペル付近
ターゲット売春婦
犯行現場公共の場・人目につかない場所
犯行日時週末・月末
被害喉を掻き切られ、特定の臓器が取り出される
凶器手術用メスのような鋭利な刃物

切り裂きジャックの犯行の特徴は上記のとおりだ。

ターゲットは売春婦で犯行現場は公共の場かそれに近い場所、被害者は手術に使用するメスのような鋭利な刃物で喉を切られ、特定の臓器が取り出されていた。

これにより、ジャックは解剖学に精通しているとされ、犯人は医師の可能性が高いと疑われてきた。

しかし、最新の犯人像では肉屋説が有力視されている。

また、切り裂きジャックの事件が起きている最中にも、被害者の女性たちが警戒することもなく犯人を迎え入れていた形跡があることから女性による犯行とする説もあった。

ジャックの犯人像

  • 医師説
  • 肉屋説
  • 女性説
  • ユダヤ人説

上記がこれまでに挙げられた切り裂きジャックの犯人像である。

切り裂きジャックの被疑者

切り裂きジャックの被疑者はこれまで数多く挙げられてきたが、その中でも有力視されているのが以下の7人である。

①弁護士モンタギュー・ジョン・ドルイト

ドルイトは、弁護士と教師をしていた人物。

第1と第2の事件が起きた時には所在不明だった。

事件当初から、切り裂きジャックと風貌が似ていると目撃証言があった人物で最後の事件後、テムズ川に飛び込む自殺している。

操作当局の責任者が残したメモによれば、ドルイトは精神病を患っていたことなどが示唆されていた。

しかし、職業を医師と書くなど、責任者の記述に間違いが多く見られるため、メモの信憑性が疑われている。

②外科医マイケル・オストログ

オストログは海軍で外科医をしていた経歴を持つロシア人だった。

彼は殺人の前科だけでなく、詐欺や窃盗の常習犯でもあった。

また、逮捕後、精神病棟に隔離された経験もある。

③ランベスの毒殺魔トマス・ニール・クリーム

アメリカ人医師クリームは、ストリキニーネという薬物で売春婦を毒殺したことから「ランベスの毒殺魔」と呼ばれていた。

1892年に死刑執行されたが、その際「俺は切り裂きジャック・・・」と言い残したとされる。

しかし、事件当時、彼はアメリカ・イリノイ州の刑務所に収監されていたので、ロンドンでの犯行は不可能であった。

また、「I am jack the・・・(私は切り裂きジャック・・・)」という発言も「I am ejaculating(私は射精している)」の聞き間違いではないかと指摘されている。

④ユダヤ系理髪師アーロン・コスミンスキー

コスミンスキーは、ポーランド出身のユダヤ系理髪師だった。

彼は殺人現場のイーストエンド付近に住んでおり、前科持ちで精神病の入院歴があり、売春婦を憎んでいたという話もある。

目撃者証言で逮捕されたが、切り裂きジャックの筆跡とは一致しないなど証拠不十分のため起訴は取り下げられた。

1919年に強制入院先の病院で死亡している。

⑤木綿職人ジェイムズ・メイブリック

木綿職人だったメイブリックは、事件の数週間前から現場近くにある部屋を借りていたため事件の関与を疑われた。

のちに、彼は自分の妻フローレンスに毒殺され「メイブリック事件」の被害者となる。

浮気が原因で離婚を突きつけられた妻フローレンスはカッとなり、蠅取り紙を水に浸して含まれているヒ素を抽出し、夫を毒殺したとされている。

しかし、長らく犯人だと思われていた彼女は実は夫を殺害してなどなく、冤罪だったのではと言われている。

フローレンスは14年間を監獄で過ごし、釈放後1人で故郷のアメリカへ帰国した。

晩年は、みすぼらしい小屋で猫たちとひっそりと老後を送り、一文無しでこの世を去った。

フローレンスの遺品の中には、ボロボロになった聖書があり、そのページの間には、色あせた1枚の紙切れが挟まっていた。

その紙切れには「ハエ取り紙を美容のために使用する侵漬法」が記されていたという。

⑥ユダヤ人精肉業者ジェイコブ・リーヴィー

リーヴィーは、ユダヤ人の精肉加工業者だった。

  • ユダヤ人であること
  • 肉の解体に慣れている
  • 血のついた格好でも怪しまれない職種

という犯人像に合致することから容疑者として浮上した。

ユダヤ人説の根拠としては、以下の内容が挙げられている。

  • 3件目の殺害現場付近にある国際労働者会館前ではユダヤ教社会主義の会合が開かれていた
  • 4件目の殺害現場付近にある壁には「ユダヤ人は理由もなく責められる手人たちではない」という落書きがされていた

さらに、4件目の殺害現場付近に住んでいた同じくユダヤ人精肉業者の男性が犯人を目撃したとされる。

しかし、ユダヤ人迫害を恐れ、犯人像を詳しく語らなかったという。

男性は「被害者よりも約8㎝くらい身長が高かった」と犯人について語っていた。

この犯人像はリーヴィーの身体的特徴に当てはまるという。

また、リーヴィーは梅毒を患っていた影響で「不道徳な行いをしろ」という幻聴を聴いていたという記録が残っている。

さらに、リーヴィーの妻は「夫はノイローゼになって、一晩中街を徘徊することがあった」と証言している。

5件目の殺人が行われた頃には、リーヴィーの梅毒は末期症状で体の自由はきかず、日常生活すら困難な状況であった。

そのためリーヴィーが「切り裂きジャック」であった場合、解体の仕方が異なる点や犯行現場が屋内であることから、5件目の犯行は模倣犯の手によるものという説が指摘されている。

⑦ドイツ人画家ウォルター・シッカート

シッカートは、ドイツ人画家である。

アメリカの女性推理小説家パトリシア・コーンウェルは、99%の精度を誇るミトコンドリアDNAの一致などからシッカートを「切り裂きジャック」と見ていた。

切り裂きジャックの被害者の遺体写真

切り裂きジャックの5人目の被害者とされる「メアリー・ジェーン・ケリー」の遺体写真。

彼女は皮膚や内臓を含め、ほぼほぼ完全にバラバラに解体されるという最も残忍な殺され方をしていた。

この遺体写真は殺害現場で撮影されたものだが、あまりに損傷が激しいため、画像のリンクは貼るが、記事への掲載は控えたいと思う。

要するに閲覧注意報。

出典:ウィキペディア

切り裂きジャックの子孫のDNAと一致で真犯人が判明?

2014年、被害者の1人キャサリン・エドウッズの遺体のそばで見つかったショールに付着していた体液と被疑者子孫のDNA鑑定により、アーロン・コスミンスキーが犯人であるという説が出された。

しかし、英紙インデペンデントはDNA鑑定の誤りを指摘していた。

その後、2019年にこの件について進展があった。

一度は否定されていたDNA鑑定の結果だったが、「Journal of Forensic Sciences」に掲載された法医学調査報告書によれば、DNA鑑定の結果、アーロン・コスミンスキーを真犯人として特定したと発表した。

しかし、この発表に関しても、一致したのは「ミトコンドリアDNA」だけであり、鑑定方法を疑問視する声があがっている。

切り裂きジャックに関する仮説

その他の「切り裂きジャック」に関する仮説は以下のとおり。

  • 切り裂きジャックの性的嗜好、つまり女性の好みは中年女性
  • 夜間怪しまれず女性に近づけるということで警察官による犯行も疑われた
  • シャーロック・ホームズの著者であるコナン・ドイルは、犯人は「女装した男性」と推理していた
  • 5人目の被害者メアリー・ジェーンは、医学的見地に立てば、最も高度な外科的技術による殺され方をしている
  • 犯人の好みと違う若いメアリー・ジェーンを殺害したのはジャックとは別人
  • 当時のイギリス女王の孫クラレンス公アルバート・ヴィクターも一時期容疑者として疑われていた
  • セントラル・ニューズ新聞社の記者トーマス・ブリングがスクープ記事を書くために犯行声明を捏造し「切り裂きジャック」を作り上げた
  • 1997年出版のブルース・ペイリーの著書「切り裂きジャックの真相」では最後の犠牲者メアリー・ケリーの恋人ジョゼフ・バーネットが犯人だとしている

まとめ

真犯人に迫る証拠が出ても、すぐに否定的な意見や指摘があり、いまだに切り裂きジャックの犯人は不明と思われる。

正直、切り裂きジャックの犯人は皆目見当がつかないのだが、この事件からは「事件当初」からジャックの正体をユダヤ人にしたい者たちと、ジャックの正体がユダヤ人であってはならないとするメディアのせめぎ合いがおきている気がする。

やはり平和的解決として結論を出さない方が都合のいいこともあるのだろう。

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。

コウをフォローする
不思議な話
コウをフォローする
コウの雑記帳