ドッペルゲンガーは病気か?オカルトか?もう一人の自分に出会う不思議な現象

不思議な話
この記事は約12分で読めます。
スポンサーリンク

世の中には、自分にそっくりな人間が3人は存在するという話がある。

そして「自分にソックリな分身に出会ってしまったら死んでまう」というのが「ドッペルゲンガー」という現象なのだ。

この記事では、不思議な現象「ドッペルゲンガー」について考察する。

スポンサーリンク

ドッペルゲンガーとは

ドッペルゲンガーとは、自分の姿を自分が見てしまう現象だ。

この不思議な現象は医学的には「自己像幻視」とも呼ばれている。

ドッペルゲンガー現象

ドッペルゲンガーとは以下のような現象を指す。

  • 自分とソックリの姿をした分身
  • 第二の自我や生霊の類い
  • 同じ人物が同時に複数の場所に現れる
  • 自分以外の第三者が目撃する場合もある
  • 超常現象の1つとしても扱われている

この現象は、古くから

  • 神話
  • 伝説
  • 迷信

などで語られ、肉体から霊魂が分離し実体化したものとされている。

ドッペルゲンガーを見た有名人の実話

不思議なことに、自分のドッペルゲンガーを実際に見たという記録も残されている。

以下の人物たちは実際に自分のドッペルゲンガーを目撃したとされているが、この中から有名な3人のエピソードをご紹介しよう。

  • エイブラハム・リンカーン
  • モーパッサン
  • ゲーテ
  • エカテリーナ二世
  • エリザベス一世
  • エミリー・サジェ
  • 梶井基次郎
  • 芥川龍之介

エイブラハム・リンカーン

第16代アメリカ大統領エイブラハム・リンカーンも自分のドッペルゲンガーを見ている。

リンカーンが、ドッペルゲンガーを見たのは最初の選挙の時期だった。

ソファでくつろいでいたリンカーンがたまたま鏡を覗き込むと、そこには自分ソックリの顔が2つ映っていた。

もう一人の自分は、青白くまるで幽霊のように見え、鏡の中からリンカーンをじっと見つめていたという。

その後もリンカーンは、自分のドッペルゲンガーを見ようと頻繁に鏡を覗いていたが、2度と見ることは無かった。

このドッペルゲンガーは、後のリンカーンの暗殺を伝えにきたのだろうか。

エミリー・サジェ

19世紀のフランス人教師エミリー・サジェは、ドッペルゲンガーの実例として有名な人物だ。

ある時、エミリーが女子高の教室で授業をしていると、本人の脇や後ろで、もう一人のエミリーがその動作をそっくり真似していたのを13人の生徒が目撃したというのだ。

最終的には、同時に40人以上の人たちにドッペルゲンガーを目撃されたエミリーだったが、本人が自分のドッペルゲンガーを見ることはなかった。

そのうち、ドッペルゲンガーに触って本物か確かめる生徒も出てくるなど、生徒の保護者を巻き込む大騒動に発展した。

子どもを転校させる親も出てきたため、ついにエミリーは学校をクビになった。

行く先々で同じ「ドッペルゲンガー現象」に悩まされたエミリーは何と16年間で19回も職場が変わる羽目になったのだ。

芥川龍之介

日本が誇る文豪・芥川龍之介も自分のドッペルゲンガーを見たと言われていて、短編小説「2つの手紙」でドッペルゲンガーについて描いている。

芥川は、集まりの場でドッペルゲンガーを見たことがあるかと聞かれ、「見たことがあります。私のもう一人の自分は「帝劇」と「銀座」に現れました」と答えた。

見間違いではないのかとの問いには、「そうだったら、ホントによかったのですが、見間違いとは言い切れないのです」と答えたという。

ドッペルゲンガーに会ったら

もし、ドッペルゲンガーを見たり、出会ってしまったら「その人物の死期が近い」と言われている。

逆に、「死期が近い人ほどドッペルゲンガーを見ることが多い」ともいえる。

「ドッペルゲンガーの特徴」としては以下のようなモノが挙げられる。

  • ドッペルゲンガーは周囲の人間と会話をしない
  • 本人に関係のある場所に現れる
  • ドアの開け閉めができる
  • いきなり消える
  • ドッペルゲンガーを本人が見ると死ぬ
  • 他人だったとしてドッペルゲンガーを2回みると死ぬ

「実体がある」ということなのだろうか。

ドアの開け閉めができるというのはスゴイ。

ドッペルゲンガーを英語で言うと

  • ドイツ語・・・doppel
  • 英語・・・double
  • 漢字・・・復体

ドッペルゲンガーを英語で言うと「double(ダブル)」

影武者のこともダブルと言ったりする。

ドッペルゲンガーの意味

ドッペルゲンガー(Doppelganger)は、「二重身」という意味で、元々ドイツ語のDoppel(ドッペル)が元になっている言葉だ。

ちなみに、ドッペルゲンガーの言葉の元になったドイツ語のdoppel(ドッペル)には以下のような意味があります。

  • 二重
  • 生き写し
  • コピー

ドッペルゲンガーの対処法

不思議で恐ろしいドッペルゲンガー現象。

もし万が一、もう一人の自分に出会ってしまったら、怖がらずネガティブな態度を取らないことだ。

具体的な対処法は拒絶することではなく、以下のように友好的に接する事だとされている。

  • 笑顔であいさつ
  • 握手とハグ
  • メッセージを受け取る

ドッペルゲンガーにつながる電話番号

073-499-9999

上記が、少し前に流行った「ドッペルゲンガーにつながる電話番号」だと言われている。

だが、実際は電話の音質確認をするための番号で、なぜこの電話番号がドッペルゲンガーの番号として流行ったのかは謎である。

インターネット上にはこのような「絶対にかけてはいけない電話番号」というモノが多く存在していて都市伝説になっている。

ドッペルゲンガーは病気?

ドッペルゲンガーの原因として可能性のある病的症状には次のようなものがある。

  • 自己像幻視
  • 脳の機能障害
  • 統合失調症

医学的には、自分で自分の姿を見てしまう症状を「自己像幻視」というが、ドッペルゲンガーもその一種ではないかと考えられている。

また、脳の側頭葉と頭頂葉の接合部に腫瘍ができた患者も自己像幻視を見ることが多いことや統合失調症が原因の可能性もあるとされる。

ドッペルゲンガーに会う方法

自分の寿命を縮める可能性をはらんでいるため、好き好んでドッペルゲンガーに会いたいと思う人がそんなにいるとも思えない。

しかし、どうしても自分の分身に会ってみたいという奇特な人向けのネットサービスが存在する。

TWIN STRANGERS(ツイン・ストレンジャーズ)は、アカウント登録し、自分の顔写真をアップロードするだけで、世界中のネットユーザーの中から自分に似ている人を探してくれるという無料のウェブサービスである。

会いたくて、会いたくて、震えてしまう方は、ぜひ利用してみてはいかがだろうか?

あとがき

ドッペルゲンガーは遭遇して、しばらくしてから命を落とすということからも、脳腫瘍が見せる幻の可能性が高い。

しかし、フランス人教師のエミリー・サジェのようにドッペルゲンガーの目撃者が多数存在するというケースもあり、一概に病気が原因とも言えないだろう。

会いたくて、やっぱり会いたくない、この不思議で怠惰な現象に脳が震える。

関連商品

コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
不思議な話
スポンサーリンク
コウをフォローする
コウの雑記帳
タイトルとURLをコピーしました