【カシモwimaxのレビュー】カシモワイマックスは初期費用が安い?実際に試してみた!

商品レビュー&サービスの紹介
この記事は約6分で読めます。

最近、引越しをしまして、これを機にポケットwifi(ワイファイ)に乗り換えました。

今まではアパートに住んでいて固定回線を使用していたのですが、引越しの準備やら作業やらでバタバタしていていろいろと面倒だったのと、固定回線だと日程調整やお願いしてから何日かかるかわからないので、届いたらすぐに使える「カシモwimax」を契約しました。

この記事は、僕がカシモWiMAXを実際に使ってみたレビューを書いています。

「カシモwimax(ワイマックス)」の契約を検討されている方は参考にしてみてください。

カシモwimax(カシモワイマックス)を選んだ理由

 カシモwimax
(新端末ギガ放題プラン)
どんな時もwifi
(データ放題プラン)
初月
(端末発送月)
1,380円(旧端末なら初月無料)3,480円の日割り料金
1ヶ月目1,380円3,480円
2ヶ月目~
24ヶ月目
3,580円3,480円
契約事務手数料3,000円3,000円
端末代金無料レンタル代金無料

ポケットwifiの契約を考えたとき、「カシモwimax」と「どんな時もwifi」のどちらにするかでかなり迷いました。

決定打になったのは、やはり料金でした。

「どんなときもwifi」は初月から日割り料金が発生しますが、「カシモwimax」は初月(商品発送月)は1,380円で1ヶ月目も1,380円です。

「ライトプラン」ではなく「ギガ放題プラン」を選択しても月額料金の3480円が発生するのは2ヶ月目からです。

まあ、2か月目からの通信量は「どんな時もwifi」の方が100円安いんですが。

引越しには引越し資金以外にも家電や家具など、いろいろとお金がかかるので初期費用をできるだけ抑えたいと思いました。

また、カシモwimaxは端末代金も無料なので良かったです。

「どんな時もwifi」の端末はレンタル品になるので、サービス解約時には返却しなければいけませんから、これも結構面倒なので「カシモwimax」を選びました。

カシモwimax(ワイマックス)のレビュー

カシモwimaxの箱を開ける

白い箱で届きました。

箱を開けるとこんな感じ。

ビニールでパックされていて輸送中でも箱の中で動かず安心できる梱包ですね。

アマゾンで商品を買ってもこんな感じの梱包でしたよね。

同梱物は「端末の入った箱」「書類が数枚」「電源アダプタ」「USB3.1 Type-Cのケーブル」が入っています。

wimaxの箱の写真

箱にも書いてありますが、カシモwimaxの端末は新端末の「Speed Wi-Fi NEXT W06」です。

wimaxの箱の開けた写真

箱を開けると、「端末本体」「simカード」「説明書」「type-cのusb変換コネクタ」も入っています。

simカードの画像

simカードはすでに取り付けしてしまったので入れ物だけの写真です。

カシモwimaxは、simカードが「au」ですね。

カシモwimaxとiphoneseの比較画像

カシモwimaxの新端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」の大きさは「iPhoneSE」とほぼ同サイズ「約128×64×11.9mm(幅×高さ×厚さ)」になっています。

重さも「125グラム」と先代の機種よりも数グラムですが軽くなっています。

新端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」のカラーは、「ブラック」「ホワイト」の2種類ありますが、汚れの目立たないブラックにしました。

カシモwimax端末の裏表画像

カシモwimax新端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」の表と裏の画像です。

裏側の表面が思ったよりもツルツルでしっかり持ってないと落としそうになります。

まあ、2回ほど落としたんですけどね。(笑)

カシモwimaxのケーブル挿入口

端末の下側面充電ケーブル差込口simカード挿入スロットがあります。

カシモwimaxの充電ケーブルとACアダプタ画像

充電ケーブルとACアダプタですが、こちらは別売りで、カシモwimax新端末には含まれていません。

料金は以下のようになっています。

  • 充電ケーブル・・・1,200円(税抜)
  • ACアダプタ・・・1,800円(税抜)

充電ケーブル(USB-Type-C)の長さは1メートルで余裕あり。

ですが、ご自宅にお使いのUSB-Type-Cのケーブルをお持ちでしたら購入しなくてもよいと思います。

カシモwimaxのケーブルとコネクターの画像

充電ケーブル(USB-TypeC)とUSB充電アダプタです。

充電ケーブルは、USBのType-Cで上下の向きが無くどちらの向きでもさせるタイプです。

カシモwimax端末と充電ケーブルの接続画像

充電ケーブルを挿すとこんな感じになります。

センターど真ん中ですね。

カシモwimax端末画面紹介

端末の設定画面は2画面あります。

端末画面を指で右にスワイプすると1画面目が表示されます。

1画面目から、今度は左にスワイプすると2画面目の設定画面が現れます。

以下が設定項目です。

 

1画面目の表示

  • 情報
  • Wi-Fi接続設定
  • 通信モード設定
  • 通信モード自動切替

2画面目の表示

  • 省電力設定
  • パフォーマンス設定
  • 通信量カウンター
  • 設定
1画面目の「情報」の項目をタップすると、SSIDの情報などが見れます。
また、スマホを利用する時は「QRコード」を利用して簡単にwifiに接続することもできますよ!

カシモwimaxは遅いのか?自宅での通信速度を測ってみたよ

カシモwimaxのスピードテスト測定画像

試しに自宅でカシモwimaxの回線速度を測ってみます。

ちなみに、使用デバイスは愛用のiPhoneSEで「Speed Test」というiPhoneアプリを利用して測定しました。

見ての通りですが、測定時刻は夕方16時下りが「20.4Mbps」上りが「10.3Mbps」でした。

wimaxの理論値では下りは、「最大1.2Gbps」と謳っていますが、あくまで理論値ですし、通信をしているネット環境にも左右されますのでこのスピードがそのまま出ることは少ないと思います。

僕は宮崎県の山の方に住んでいますが、カシモwimaxのwifi電波はしっかり届いています。

また、毎日ご飯時などに「youtube動画」や「Amazon Prime ビデオ」などを視聴していますが、

普通に見れていて、動画が止まったりなどもありませんので安心しています。

ちまたで言われているような回線速度が遅いというのは今のところは感じません。

カシモwimaxは快適に使えます

今回は「カシモwimax」を実際に使ってみてのレビューをお伝えしました。

ポケットwifiは使ってみるとやはり便利ですね。

自宅での使用に限らず、外に持ち出しても喫茶店や図書館、車内など好きなところでネットにつなげるので、いちいちwifiが使える店舗などを探さなくてもOKです。

また、一応通信可能エリア内ではありますが、少しへんぴな所に住んでいるので端末が届いても、ネットにつながらなかったらどうしようと思いましたが、そんな心配も無用でした。(笑)

回線スピードも爆速ではないにしろにストレスなく快適に使えているので満足しています。

wimaxの契約を検討しているけど、どこにするか迷っている方は、このカシモWiMAX
を検討されてみても良いと思います。



コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
商品レビュー&サービスの紹介
コウをフォローする
コウの雑記帳

コメント