「だまされたフリ作戦」発動でオレオレ詐欺の抑止力となるか?

世間の話題
この記事は約8分で読めます。

2021年5月5日、ゴールデンウイーク最終日。

愛知県名古屋市でなかなか面白い試みについてのニュースがあったのでログ。

愛知県警南署と名古屋市の南区防災協会は「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺犯罪の摘発に貢献した協力者に対し「金1万円」の報奨金を出す通称「だまされたフリ作戦」を発動する。

「だまされたフリ作戦」とはオレオレ詐欺などの不審な電話がかかってきた場合、わざとダマされたフリを装ったあと、警察に通報し現金やキャッシュカードを受け取りにきた「受け子」を摘発するというもの。

要するに、ダマそうとしてくるオレオレ詐欺の輩を逆に罠にハメるというスーパートラップなのだ。

だまされたフリ作戦の内容

対象名古屋市南区に住んでいる方
報償金南区防災協会が準備
期間5月1日~2021年度末
感謝状警察署長による感謝状の贈呈も予定
詳細警察署・交番の案内板のポスターで周知

上記のとおり、協力者は名古屋市南区に住んでいる人が対象で、報償金は南区防犯協会が準備。

また、警察署長による感謝状の贈呈も予定されていて、期間は5月1日から2021年度末までの予定。

詳細は警察署や交番の案内板のポスターで周知するという。

参考:朝日新聞デジタル

特殊詐欺の抑制効果に期待

オレオレ詐欺などが流行り出してから、久しくやられっぱなしで、これまで摘発につながるような対抗策は無かったし、こっちから打って出る「攻撃は最大の防御」的な試みはやってみる価値はあると思う。

ただし、特殊詐欺の手口という奴は時代や流行に沿って変化していくので、この試み自体を逆手に取られて、「だまされたフリ作戦を持ちかける詐欺」が発生しないか心配なところでもある。

しかし、こういう「罠」が仕掛けられているかも知れないという情報が出回るだけで、脳内カオス。

  • 自分は相手をだましているのか?
  • 相手にだまされているのか?

どちらか分からずに疑心暗鬼が生まれ、動くに動けないという抑制効果が期待できるのではないだろうか。

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳