NHKが映らないテレビは「受信契約の義務ナシ」と東京地裁の判決

世間の話題
この記事は約6分で読めます。

お疲れ様です!

コウです。

 

皆さんはNHKに受信料を支払っていますか?

NHKは見てないけれど、家にテレビがあるから仕方なく受信料を支払っているという方もいらっしゃると思います。

そんな方々に朗報です!

2020年6月26日、東京地裁から「NHKが映らないテレビは契約義務がない」という至極当たり前の判決が出ました。

やれやれだぜ、やっと仕事する気になったのか裁判所。

スポンサーリンク

NHK受信料裁判の判決

NHK Broadcasting Center 2016

  • NHKが映らないテレビは受信契約をしなくてもよいのか

という点で争われてきたこの訴訟判決。

東京地裁は6月26日、「契約義務が無いことの確認」を求めた原告の訴えを認めました。

裁判を担当した小川理津子裁判長は「どのような意図であれ、受信できない以上、契約義務はない」と述べました。

原告は自宅にNHKが映らないテレビを設置

これまで原告はNHKの受信料の支払いに批判的な意見を持っていたそうです。

2018年10月に筑波大学の准教授が開発したNHKだけが映らないようにするフィルター(通称イラネチケー)が取りけられたテレビを購入し自宅に設置していました。

ちなみに、このNHKだけを拒否するフィルター・イラネチケーは「NHKをぶっ壊す!」のスローガンで国政政党まで上り詰めた「NHKから国民を守る党」の党首・立花隆志氏も開発に関わっている製品である。

僕もユーチューブでこのイラネチケー騒動の動画をいくつか見た事があります。

NHKの主張は認められず

NHK logo

NHKは、フィルターや電波の増幅器を使って実験をし、原告のテレビは簡単にNHKを受信できる状態に復元できると主張していました。

しかし、「新たに増幅器を購入しなければ受信できないテレビはNHKを受信できる設備とは言えない」という判決が出ました。

いずれはスクランブルか?

NHK Logo 2

これまで、N国党などがNHKから国民を守る活動を展開してきました。

この電波拒否フィルターである「イラネチケー」もその一つ。

この議論がもう一歩進んで、見たい人だけが受信料を支払って視聴するというスクランブル放送化が決まると良いですね。

まとめ

僕は5年前にテレビ捨ててからテレビを見なくなりましたが、何1つ不自由な事はありません。

それどころか、能動的に情報を取りに行けるインターネットの方が有益だと考えます。

情報を垂れ流し、人の頭を劣化させる洗脳の箱、テレビ。

私達には、「テレビを捨てる」、「テレビを見ない」という選択肢も残されています。

関連商品はこちらです

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
世間の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コウの雑記帳

コメント