経済に関する個人的メモ

日常の話題
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ここ数カ月、経済についてメモした知識について忘れないよう個人的な備忘録として置いておく。

個人的なメモといっても閲覧制限はない。

不特定多数の方のヒマつぶしとして見ていただいても、かまわない。

スポンサーリンク

デフレについて

平成の日本経済が成長しなかった最大の原因はデフレ。

デフレ=物価が下がり続ける=貨幣の価値が上がり続ける状態

  1. 貨幣の価値が上がり続ける状態
    ↓ ↓ ↓
  2. 誰も支出したがらない
    ↓ ↓ ↓
  3. 経済成長しない
経済成長に必要な物=マイルドなインフレ(貨幣の価値が下がり続ける状態)

デフレ対策とは

デフレとは「需要不足・供給過剰」が持続する状態。

デフレ期に必要な処置

  • 大きな政府
  • 財政支出の拡大
  • 減税
  • 金融緩和
  • 産業保護
  • 労働者保護(規制強化・国有化・グローバル化の抑制)

インフレ対策とは

インフレとは「需要過剰・供給不足」が持続する状態。

インフレ期に必要な処置

  • 小さな政府
  • 財政支出の削減
  • 増税
  • 金融引き締め
  • 生産性の向上
  • 競争力の強化(規制緩和・自由化・民営化・グローバル化)

新自由主義と民主社会主義とは

  • 新自由主義=インフレ対策のイデオロギー
  • 民主社会主義=デフレ対策のイデオロギー

新自由主義とは

  • 新自由主義とは「ネオリベラリズム」とも言われる
  • 資本主義下の自由競争、企業利益を重要視する考え方

民主社会主義とは

  • 労働者や社会的弱者への配慮を求め尊厳を守る
  • 個人の自由と人格の発展を守るため政策を実践する
  • 個人の自由を制限する政策はおこなわない
  • 生産性や自己責任を追及しない

平成の日本を襲ったデフレと新自由主義という名のイデオロギー

日本政府の誤った政策

  1. 平成の日本経済=デフレ
    ↓ ↓ ↓
  2. 新自由主義のイデオロギー=妄信
    ↓ ↓ ↓
  3. インフレ対策を実施

日本はデフレだったのに、新自由主義のイデオロギーを信じ続け、日本政府は本来デフレ対策をすべきところを誤ってインフレ対策をやり続けた。

日本政府はデフレ対策ではなく、間違えてインフレ対策をやり続けていた

間違ったインフレ対策

  • 財政支出の削減
  • 消費増税
  • 規制緩和
  • 自由化
  • 民営化
  • グローバル化

銀行と貨幣について

貨幣=負債の特殊な形式(信用貨幣論)

貨幣とは

貨幣は2種類

  • 現金通貨
  • 預金通貨

預金通貨を創造するのは銀行

  • 預金(預金通貨)を創造するのは銀行
  • 預金は銀行が貸し出しをすると創造される
  • 銀行は国民の預金を集めて貸し出すのではない
  • 銀行の貸し出しは銀行の保有する資金量の制約を受けない
  • 貸し出す量は借り手の返済能力の制約を受ける
  • 借り手の資金需要が銀行による貨幣創造(預金)を可能にする

現代貨幣理論(MMT – Modern Monetary Theory)の貨幣理解について

  1. 国家は国民に対して納税義務を課す
  2. 通貨を納税手段とすることを法律で定める
  3. 国民は通貨を支払うことで納税義務を履行できる
  4. 通貨は国家に課せられた納税義務を解消することができるという価値をもつ
  5. 通貨が価値をもつことにより通貨は国民に受け入れられる
  6. 通貨は納税以外の目的(財・サービスの取引・貯蓄など)にも使用されるようになる

マネタリーベースの増大(量的緩和)について

  • マネタリーベースの増大(量的緩和)では貨幣供給量は増えない
  • 貨幣供給量を増やすのは借り手の資金需要である

デフレ期に貨幣供給量を増やすには

  • 財政出動=政府が資金需要を拡大する
  • 財政政策=貨幣供給量をコントロールする金融政策

財政に関する正しい理解(機能的財政論)

  1. 民間の金融資産は国債発行の制約にはならない
  2. 政府には通貨発行権があるので自国通貨建て国債が返済不能になることはあり得ないし歴史上も例がない
  3. 国家財政は企業や家計とは異なる
  4. 財政赤字の大きさは財政危機とは無関係
  5. 財政赤字の大小を判断する基準はインフレ率である
  6. インフレが過剰になれば財政赤字を縮小する必要がある
  7. デフレであるということは財政赤字が少なすぎるということ
  8. 税は財源確保の手段ではない
  9. 税は物価調整や所得再分配などの経済全体を調整するための手段

財政赤字の拡大だけでは金利は上昇しない

 

  • 財政赤字の拡大 ≠ 金利の上昇
  • デフレ脱却=金利の上昇=正常な状態
  • 金利の上昇は日銀の国債購入によって容易に抑制できる

政府の赤字は民間の黒字

  • 国内民間部門の収支+国内政府部門の収支+海外部門の収支=0
  • 国内政府部門の赤字=「国内民間部門+海外部門」の黒字
  • バブル期に政府債務が減ったのは民間債務の過剰の裏返し

財政は健全化してはならない

  • 税収=税率×国民所得
  • 政府は税率を自在に上げられるが国民所得は景気に左右されるので税収は思い通りにはならない
  • 歳出削減や増税はむしろ景気を悪化させるので税収を増やすことに失敗する
  • 財政健全化は無駄であるしデフレ期にはやってはならない

財政政策の目的とは

  • 財政政策の目的=デフレ脱却など=経済の健全化
  • 財政政策の目的≠財政の健全化

グローバル化は国家政策で抑制できる

  • 自由貿易が経済成長をもたらすとは限らない
  • 保護貿易下でも貿易が拡大することもある
  • グローバル化は避けられない歴史の流れではなく国家政策で抑制できる
  • 戦後の日本の輸出の依存度は10~15%である
  • 日本は内需大国であり貿易立国ではない

主流派経済学は進歩せずに退歩した

主流派経済学は過去30年間で進歩せずに退歩した。

主流派経済学者は一般均衡理論という信用貨幣を想定していない非現実的な理論を信じている閉鎖的な集団の一員。

日本の影響力のある経済学者はほぼ全員、ここに記した内容を知らないか正確に理解していない。

日本の経済が成長しなくなったのが、その何よりの証拠である。

日本経済を成長させるにはデフレ脱却

日本の経済を成長させるにはデフレを脱却しかない。

そのための必要なのはインフレ対策ではなく、デフレ対策。

デフレ対策

  • 大きな政府
  • 財政支出の拡大
  • 減税
  • 金融緩和
  • 産業保護
  • 労働者保護(規制強化・国有化・グローバル化の抑制)

日本が財政破綻する3つのシナリオは?

日本を財政破綻させる方法を3つのシナリオから考えてみる
お疲れ様です! コウです。 少なくともネット上では白熱していたと見られる「東京都知事選2020」も終わり、小池都知事の再選が決まりました。 今回の都知事選はこれまでの中でも最多の22人の立候補があり、ネット上では大変盛り上がったの...
コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
日常の話題
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
コウの雑記帳