【SNSは無法状態?】個人間で精子がやり取りされている

世間の話題
この記事は約8分で読めます。

不妊に悩む夫婦や同性のカップルは多い。

人工授精につかうため、SNSを利用して個人間で精子のやりとりおこなわれているという。

現在、人工授精を規制する法律はない。

専門家からは「何らかの法整備が必要だ」という声も出ている。

「費用なし、秘密厳守で個人情報のやりとりはありません」――。ツイッターには「#精子提供」「#精子ドナー」などのハッシュタグ(検索ワード)が付いたアカウントが300件以上並び、こんな投稿があふれている。ここ数年で急激に増えた。

参考:読売新聞オンライン

まとめ

インターネットは自由であるべきだとつねづね思っている。

しかし、モラルもクソもなく、自由と「何でもあり」をごちゃ混ぜにし続けた結果、不自由なSNSになり果てる未来しか見えないし、もう見え始めている。

時間も限られているゆえ、出産や子を望む人たちの思いは切実なのだろうが、物には限度があるという考え方もあるし、ここら辺のバランスは難しい。

関連商品


コウ

どうも、コウです。
すこぶる天然な妻と二人で暮らしております。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
最近、埋もれた何かを掘り起こすとか、闇に葬られた何かとか、治りかけのカサブタを引っぺがすような記事が書けたらいいなと考えています。
要するに、すべてはエンターテインメントである。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳