【Anker soundcoreのレビュー】小型bluetoothスピーカーはコスパが良くて持ち運びに便利!

Anker soundcoreの質感の説明商品レビュー&サービスの紹介
この記事は約4分で読めます。

様々なデバイスの普及にともない、最近では、スマホやiPhone、タブレットなどの小型デバイスで音楽を聴く人が多いと思います。

そこで今回は、そんな小型デバイスとセットで持ち運びができ、リビングやアウトドアなど場所を選ばず、どこでも音楽や動画の音声が楽しめる「Anker soundcore」の使用感をレビューします。

もともと、運送関係の仕事をしていた時に配達で使っている車にカーステレオが無く、運転中にiPhoneで音楽を聴くためにこの「Anker soundcore」を購入しましたが、今も愛用しています。

最新版のsoundcore2も発売されていますが、スペック的には負けてないと思っています。

ご購入を検討されている方は参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

Anker soundcoreとは

モバイルバッテリーや急速充電機などのスマートフォン・タブレットの関連製品の開発や販売を行っている、全世界3000万人が支持するハードウェアメーカーの「Anker(アンカー)」が販売している「小型bluetoothスピーカー」です。

また、この小型bluetoothスピーカー「soundcore(サウンド・コア)」は2016年・2017年の2年連続でAmazonマーケットプレイス「オーディオ機器 ポータブルスピーカー」部門で1位を獲得した人気商品です。

「Anker」を作ったのは元Googleのエンジニア

自分も最近まで知らなかったのですが、この会社「Anker」は、もともとGoogleでエンジニアをしていたスティーブ・ヤンと同じく元Googleの数名の仲間たちで設立されたそうです。

Anker soundcoreのレビュー

「Anker soundcore」のサイズは、「約165(幅) x 45(奥行) x 55(高さ)mm」とコンパクトサイズで重さも約365グラムでだいたい缶ビール一本分です。

手に持った感じも軽すぎず重すぎずで、少々の衝撃ではビクともしない重量感を備えています。

カラーバリエーションは、ブラック、ブルー、レッドの3色です。

「Anker soundcore」本体上部

soundcore本体上部の説明

本体上部には操作ボタンがあります。

左から

  • 電源ボタン
  • 音量(-)
  • 再生
  • 音量(+)
  • bluetoothペアリングボタン

となっています。

デザイン的には、音量ボタン(+、-)が隣同士で並んでいた方が使いやすいかなと思いました。

でも、ほとんどスマホやタブレットとペアリングして使うので音量調整はスマホ、タブレットからします。

ですから、この上部のボタンで使うのは「電源ボタン」と「ペアリングボタン」だけですね。

Anker soundcore本体側面

Anker soundcore本体側面入力端子の説明

そして、本体側面です。

上の穴が「イヤホンジャック」で下が「micro usb」充電ケーブル差込口になっています。

電源オンで起動音と青いランプが点灯

電源を入れると青ランプが点灯する

電源を入れると「ピポパポ」と起動音が鳴り、本体正面の「Anker」のマークの上に青いランプが点灯します。

スマホやタブレットとペアリングする際には、この青いランプが点滅します。

「Anker soundcore」の使用感

Anker soundcore本体の材質

本体表面の質感

音が出る本体正面以外の部分はラバーコーティングされており手触りもよく手から滑り落ちる心配もないと思います。

バッテリー

バッテリーはカタログ表示では24時間となっていますが、バッテリーの持ちが良いのか体感ではもう少し持ちが良いように感じました。

音質

肝心の音質ですが、音が良いとは言えませんが低価格であるのを考慮すればまずまずでコスパの高い製品と言えます。

また、聴いている感じでは高音よりも低音の方がよく響いている印象です。

bluetooth(ワイヤレス)接続について

スマホやタブレットとのペアリングも1度接続すれば次からは自動でつながりますから使いやすいと思います。

また、無線の届く範囲が20メートルなのでスマホ・タブレットとスピーカーの場所が別々の部屋にあっても音声を聴く事が出来ています。

ハンズフリー通話

スマホとスピーカーを接続中に電話がかかってきてもスマホの着信画面でスピーカーを選択し、スピーカーに向かって話しかければハンズフリー通話が出来るので便利です。

「Anker soundcore」のレビューのまとめ

「Anker soundcore」は、小さく持ち運びが便利で自宅だけでなくキャンプやアウトドアでもバッチリ活躍します。

価格も5000円を切っていて、コスパもよく使い勝手が良いので僕も愛用しています。

買って損はない商品なので、おすすめですよ。

 

コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しているので好奇心をエサに生きています。

コウをフォローする
商品レビュー&サービスの紹介
スポンサーリンク
コウをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コウの雑記帳

コメント