ジャパンネット銀行がPayPay銀行へ社名変更

世間の話題
この記事は約2分で読めます。

筆者は、ネットバンクユーザーです。

  • 住信SBI銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

といったネットバンクをこれまで使ってきたのですが、その中の1つである「ジャパンネット銀行」が本日2021年4月5日から、「PayPay銀行」へ社名変更になります。

変更理由に関しては「PayPayブランド推進の一環」としてとのことです。

「PayPay銀行」という名称にしたのはなぜですか。

Zホールディングスのグループ連携を深め、よりお客さまに利便性の高い金融サービスを提供していくにあたり、Zホールディングスの金融系グループ会社の社名を「PayPay」のブランドに統一したものです。

出典:PayPay銀行

個人的には「ジャパンネット銀行」の方がしっくりくるのですが。

社名変更による変更点

社名変更に伴うおもな変更点は以下の3点です。

  1. 主要なページのドメインが「paypay-bank.co.jp」に変更
  2. メールアドレスについては、メールの差出人名が「paypay銀行」に変更
  3. 「残高確認アプリ」も4月5日以降のアップデートで「PayPay銀行アプリ」に更新

4月から名前が企業やサービス

その他に、2021年の4月から名前が変わる企業やサービスには以下のようなものがあります。

春ですね~。

  • 楽天 → 楽天グループ
  • ソニー → ソニーグループ
  • タイムズカーシェア → タイムズカー
  • 出光のガソリンスタンド → apollostation(アポロステーション)

まとめ

数か月前に出ていたニュースもノーチェックで、今日たまたま覗いたSNSで知り、ちょっとビックリしました。

筆者も長らく「ジャパンネット銀行ユーザー」でありましたので、何か社名が変わってしまうのは、1つの時代が終わってしまうようで感慨深いものがあります。

参考

ジャパンネット銀行、「PayPay銀行」への商号変更で4月4日21時から全サービス停止へ
ジャパンネット銀行は、4月5日より「PayPay銀行」へ社名を変更するのにともない、システムメンテナンスのため4月4日21時から4月5日7時まですべてのサービスをストップする。
コウ

どうも、コウです。
宮崎県在住、妻と二人暮らしです。
もともと、パソコン修理のカスタマーエンジニアをしていました。
機械いじりやネット関係、謎が謎を呼ぶ不思議な事や妄想する事が好きなので、そのジャンルの情報発信と日常の中で埋没しがちな素朴な疑問を拾い上げ考察します。
えるたそ~と同じで「私、気になります病」を発症しています。
あふれ出る好奇心の発動は誰にも止められない。

コウをフォローする
世間の話題
コウをフォローする
コウの雑記帳